さらに速く野生的に 限定車「トヨタGRカローラ モリゾウエディション」がデビュー【Movie】

2022.06.01 自動車ニュース
トヨタGRカローラ モリゾウエディション
トヨタGRカローラ モリゾウエディション拡大

TOYOTA GAZOO Racingは2022年6月1日、高性能ハッチバック「GRカローラRZ」の限定車「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開した。同モデルの発売時期は、同年の冬ごろが予定されている。

 
さらに速く野生的に 限定車「トヨタGRカローラ モリゾウエディション」がデビュー【Movie】の画像拡大
 
さらに速く野生的に 限定車「トヨタGRカローラ モリゾウエディション」がデビュー【Movie】の画像拡大
 
さらに速く野生的に 限定車「トヨタGRカローラ モリゾウエディション」がデビュー【Movie】の画像拡大
 
さらに速く野生的に 限定車「トヨタGRカローラ モリゾウエディション」がデビュー【Movie】の画像拡大
 
さらに速く野生的に 限定車「トヨタGRカローラ モリゾウエディション」がデビュー【Movie】の画像拡大
 
さらに速く野生的に 限定車「トヨタGRカローラ モリゾウエディション」がデビュー【Movie】の画像拡大
 
さらに速く野生的に 限定車「トヨタGRカローラ モリゾウエディション」がデビュー【Movie】の画像拡大

GRカローラ モリゾウエディションは、GRカローラRZをベースに、徹底した軽量化とエンジンのパフォーマンスアップ、トランスミッションのギア比最適化などで動力性能を向上させるとともに、足まわりを専用仕立てとすることでコーナリング性能も高めた限定車。モリゾウとはトヨタのマスタードライバーでもある豊田章男社長のドライバーネームで、豊田社長が強くこだわる「ユーザーを魅了する野性味」を追求したモデルとされる。

GRカローラRZに対しては、1.6リッター直3ターボエンジンの最大トルクが370N・mから400N・mへと増大。特に中回転域のトルクをアップさせることで加速性能を高めた。6段MTは1~3速の3段をクロスギアレシオ化し、気持ちいいギアのつながりを追求したという。

ボディーについては、構造用接着剤の塗布領域をGRカローラRZ比で3.3m延長(「カローラ スポーツ」比では6m延長)し、補強ブレースも追加することで剛性アップを果たした。サスペンション形式はGRカローラRZと共通ながら、倒立式モノチューブのショックアブソーバーを採用。10mm幅広いサイズ(245/40R18)の「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」を組み合わせるなど、足まわりにおいてもGRカローラRZとの差異化が図られている。

運転席および助手席は、ホールド性に優れる専用のセミバケットシートに変更。一方で後席を撤去し、約30kgの軽量化を実現している。後席への乗車がないことから、リアドアの窓ガラスは固定式(閉まったまま)とされている。

そのほかインテリアでは、鋳物ブラック塗装を施したドアトリムオーナメントやインストゥルメントパネル、ウルトラスエード表皮のステアリングホイールなども特徴。スポーティーでありながら上質感を醸し出す空間に仕上がったとアピールされる。

ボディーカラーには専用色「マットスティール」が設定されており、同モデルならではのこだわりの証しとして、ウインドシールドガラスには「モリゾウサイン」が施される。

限定台数や価格、予約抽選方法については、後日発表される見込み。

(webCG)

◆「GRカローラRZ」と「GRカローラ モリゾウエディション」のフォトギャラリーはこちら

世界初公開! トヨタGRカローラRZ/GRカローラ モリゾウエディション説明会

関連キーワード:
カローラ スポーツ, GRカローラ, トヨタ, 自動車ニュース