第762回:【Movie】メンズモード見本市で“センターをとってしまった”あのクルマ

2022.06.23 マッキナ あらモーダ!

取り持ったのは「海の縁」

ヨーロッパ最大級の紳士モード見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」が2022年6月14日から17日にイタリア・フィレンツェで開催された。102回を迎えた今回は、2023年の春夏商品が約700ブランドによって展開され、バイヤーをはじめとする来場者は約1万6000人を記録した。

イタリアの高級アパレル業界には、大切な市場であったロシアの先行き不透明感や、原材料価格の高騰といった不安定要素が影を落とす。また、期間中は連日30度を超える猛暑。筆者が訪れた日も36度の最高気温を記録した。中庭に集うピッティ名物ともいえるファッションインフルエンサーたちは、バッチリと装いをきめていることもあり、日陰を選んではまるで日時計のごとくこまめに移動していた。

しかし、イタリアの新型コロナウイルス関連規制がほぼ撤廃されて初の回ということで、関係者たちのテンションは決して低くなかった。閉場時間後も、市街のバールやトラットリアの屋外テーブルに場所を変えて、多くのファッショニスタたちが食前酒を楽しんでいた。

ところで、今回の会場にはマセラティの姿があった。なぜ自動車ブランドが? というと、米国のアパレルブランド、ノースセールとのコラボレーションのためだ。

対応してくれたノースセールのマーケティングディレクター、マウリツィオ氏によると、企画の端緒は両社が以前から南仏サントロペのヨットクラブのパートナー企業を務めていたことだという。そして「ノースセールの商品はセーリングウエア、マセラティのシンボルは海神ネプチューンの鉾(ほこ)。両ブランドともオーシャン(大洋)と深い関係があるのです」と解説する。加えてマウリツィオ氏は、「一部の高級車系ブランドのアパレルとは異なり、私たちはオフィシャルマーチャンダイジング商品ではありません。長期にわたるパートナーシップを維持してゆきます」と語った。

ブースの玄関に置かれた「マセラティMC20チェロ」の注目度がすさまじい。ピッティの会場にクルマが展示されるのは、決して初めてのことではない。旅にロマンをはせたある出展者が往年のイタリア製小型車「アウトビアンキ・ビアンキーナ」を何台も並べたり、ランボルギーニがオフィシャルマーチャンダイジング商品のプロモーションとして車両展示を行ったりしたことがあった。しかし、今回のMC20チェロは車両に近づけることもあり、かつてないほどの注目を浴びていた。

筆者が考えるに、その理由の第1は「新しいこと」。ピッティを訪れる人は、クルマよりもファッションに関心を抱き、服にお金をかける人が少なくない。だが、新型コロナ規制の影響で、彼らが新しいモノに飢えていたことは確かだ。

第2の鍵は、MC20チェロがコンパクトであることだろう。全長4669mm、全高1224mmというサイズは、限りなく体にフィットするイタリアの服と共通するセンスがあると読んだ。

今回の動画では、そのMC20チェロの人気の光景とともに、出展したクルマに関連するアパレルブランドと、関わる人の思いをお伝えする。

【MC20チェロも登場したピッティ・イマージネ・ウオモ】

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=Akio Lorenzo OYA、大矢麻里<Mari OYA>/動画=Akio Lorenzo OYA/編集=藤沢 勝)

紳士モード見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」の会場に現れた「マセラティMC20チェロ」。2022年6月、フィレンツェで。
紳士モード見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」の会場に現れた「マセラティMC20チェロ」。2022年6月、フィレンツェで。拡大
「マセラティ×ノースセール」のコレクション。
「マセラティ×ノースセール」のコレクション。拡大
その関係は「海」から始まった。2023年春夏商品として発売される。
その関係は「海」から始まった。2023年春夏商品として発売される。拡大
スニーカーブランドのフェスーラは「フィアット500e」とのコラボレーションモデルをリリース。ファウンダーのアンドレア・ヴェッキオーラ氏。
スニーカーブランドのフェスーラは「フィアット500e」とのコラボレーションモデルをリリース。ファウンダーのアンドレア・ヴェッキオーラ氏。拡大
ミラノにあるFH-ガルフ・ストアのマッシモ・ロニグロ氏。
ミラノにあるFH-ガルフ・ストアのマッシモ・ロニグロ氏。拡大
オリジナル・レースは往年の名車のサイドビューをモチーフとした商品を展開する。2023年春夏にはビーチ用トランクスも。
オリジナル・レースは往年の名車のサイドビューをモチーフとした商品を展開する。2023年春夏にはビーチ用トランクスも。拡大
左からファッションインフルエンサーのユーゴ氏と筆者。そして彼の仲間たち。
左からファッションインフルエンサーのユーゴ氏と筆者。そして彼の仲間たち。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。