スポーツカー「トミーカイラ」、EVで復活

2010.12.14 自動車ニュース

スポーツカー「トミーカイラ」、EVで復活

伝説になりつつある(!?)ニッポンのスポーツカー「Tommykaira(トミーカイラ)」が復活する! それも電気自動車(EV)として。

新生「トミーカイラ」を手がけるのは、京都大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーに属するベンチャー企業のひとつ、グリーンロードモータース株式会社だ。同社は、環境対応自動車の開発・販売を手がける企業。生産施設をもたないいわゆるファブレス企業で、プロジェクトごとに協力会社を募って、企画を推進する。

「トミーカイラZZ」は、トミタ夢工場の富田義一氏とレーシングエンジニアの解良喜久雄氏が開発したオリジナルスポーツカー。1995年に発表され、2年後に販売が開始された。アルミ製バスタブモノコックにFRPボディを載せたオープン2シーターで、「日産プリメーラ」由来の2リッター直列4気筒をキャブレター化(!)して、ミドに横置きしていた。英国で生産され、「ロータス・エリーゼ」の好敵手として話題になった。
2001年には、丸目2灯のトミーカイラに続き、異型ヘッドランプを用いた「ZZ II」が登場。「日産スカイライン」の2.6リッター直6ツインターボを搭載する予定だったが、こちらはついに市販されることはなかった。

グリーンロードモータースは、前者に電気モーターとリチウムイオンバッテリーを搭載し、150km/hの最高速度と100kmの航続可能距離を実現するEV「トミーカイラZZ-EV(ジージーイーブイ)」とし、2010年12月6日から予約受付をオフィシャルサイトにて開始
また12月9日には、「トミーカイラZZ II」のEV仕様も開発、生産することを発表した。「トミーカイラZZ II」は、新たな企業連合体「京都電気自動車開発ワーキンググループ」によって、開発、生産、そして販売が進められる予定だ。

(文=青木禎之)

10年以上の時を経て、電気自動車として復活した「トミーカイラZZ-EV」。
10年以上の時を経て、電気自動車として復活した「トミーカイラZZ-EV」。 拡大
開発風景。EV化されたことで「ガソリン車とは比べものにならない発進加速と、一気に効く回生ブレーキの操作感を得て、より魅力的に生まれ変わった」(プレスリリース)という。リチウムイオンバッテリーを搭載。回生ブレーキを備え、航続可能距離は約100km。車重はわずか640kgだ。最高速度は150km/h。予定販売価格は680万円とされる。
開発風景。EV化されたことで「ガソリン車とは比べものにならない発進加速と、一気に効く回生ブレーキの操作感を得て、より魅力的に生まれ変わった」(プレスリリース)という。リチウムイオンバッテリーを搭載。回生ブレーキを備え、航続可能距離は約100km。車重はわずか640kgだ。最高速度は150km/h。予定販売価格は680万円とされる。 拡大
こちらは、異形ヘッドランプをもつ「トミーカイラZZ II」。
こちらは、異形ヘッドランプをもつ「トミーカイラZZ II」。 拡大
車両開発にあたる、グリーンロードモータースの代表取締役社長 小間裕康氏(写真左端)とスタッフの面々。今後は、「トミーカイラZZ II」(写真)についてもEV仕様が誕生する予定だ。
車両開発にあたる、グリーンロードモータースの代表取締役社長 小間裕康氏(写真左端)とスタッフの面々。今後は、「トミーカイラZZ II」(写真)についてもEV仕様が誕生する予定だ。 拡大

関連キーワード:
トミーカイラZZ, GLM, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • 「レクサスRC/RC F」の一部改良モデル登場  2020.9.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年9月17日、レクサスブランドのクーペ「RC」および「RC F」を一部改良して発売した。今回は走行性能向上に加えて、予防安全装備やインフォテインメントシステムの強化を図っている。
  • マクラーレンが最高速度403km/hのハイパーカー「スピードテール」を日本初披露 2020.9.14 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社は2020年9月14日、東京・西麻布においてハイパーカー「マクラーレン・スピードテール」を初披露した。同モデルはマクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を実現するというスーパーカーである。
ホームへ戻る