【会場リポート】GM、日本マーケットは特別な市場

発表したばかりの新型「CTS」、「ハマーH3」の右ハンドル仕様など市販車のみの展示となったGMブース。プレスブリーフィングでは、今後日本市場へ投入するモデルを紹介した。

■「ハマーH3」2008年モデルから販売

今回のGMブースは市販車ばかりのあっさりしたブース構成。最大の話題であり、ウリである新型「キャディラックCTS」がプレスデイの2日前に日本デビューを果たしたばかりという事情もあるにはあるが、これまでのように燃料電池車に代表される遠い将来の技術を展示するよりも、ショーに来場した一般ユーザーに訴求する魅力的なモデルを見せる方向に方針を変更したからだ。

GMアジアパシフィックはその名のとおり広い地域を管掌するが、なかでも日本のマーケットは特別だとその責任者はいう。

「われわれGMは現在世界中で“プロダクトルネッサンス”を進めています。これはセグメントやブランドにとらわれることなく、クォリティが高くセンスがよいクルマづくりを目指すものです。
日本はその意味でアメリカやヨーロッパとも異なり、非常にシビアにそれが要求される市場です。ですから、2008年モデル以降、われわれはそうした日本の需要にマッチしたモデル、それも最新のモデルを次々投入することにしました。ここに揃ったのがその典型であり、最初の例です。
ご承知のように「CTS」は最新のテクノロジーを投入した気鋭のセダンですし、「シボレー・コルベット」はマイナーチェンジでますます魅力を増し、「サーブ9-3」は外板をほとんど作り替えたスタイルがよりサーブらしさを醸し出しています。
この会場がワールドプレミアとなる「ハマーH3」の右ハンドル仕様はこれまでの三井物産に代わってわれわれ自身がインポーターを務めることになり、実現したものです」

(別冊単行本編集室 道田)

「キャデラックCTS」
「キャデラックCTS」 拡大
「ハマーH3」
「ハマーH3」 拡大
「サーブ9-3」
「サーブ9-3」 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から 2018.4.26 画像・写真 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から、キャデラックの最新モデル「XT5クロスオーバー」と、日本に5台しかない希少な特別限定車「ATS-Vベクターブルースペシャル」の姿を写真で紹介する。
  • キャデラックCTSセダン プレミアム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.4.11 試乗記 キャデラックのラインナップの中核を担うミドルクラスモデル「CTSセダン」が、年次改良によって2016年モデルに進化した。従来型からの変化の度合いと、CTSが生来持ち合わせているワールドクラスの実力をリポートする。
  • 「レクサスIS」はなぜフルモデルチェンジしなかったのか? 2020.6.24 デイリーコラム 2020年6月16日に「レクサスIS」のマイナーチェンジモデルがお披露目された。すでにトヨタ/レクサスに新世代のFRシャシーが存在するなか、デビューから7年を経たISがフルモデルチェンジしなかったのはなぜなのだろうか。
ホームへ戻る