クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第4回:カユいところに手が届く?
「キャデラックCTS」の“気遣い機能”をご紹介

2017.03.10 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR>
「キャデラックCTSセダン」で、今回は東京・武蔵野から神奈川・横浜へ出掛けます。
「キャデラックCTSセダン」で、今回は東京・武蔵野から神奈川・横浜へ出掛けます。拡大

アダプティブクルーズコントロールなんてもう当たり前!? キャデラックのご多分に漏れず、便利機能が満載の「CTSセダン」。先進的なだけではない、各種装備の使い勝手を、東京-横浜間のドライブを通じてリポートする。

1982年に「業界初のOEM専用設計・工場装着サウンドシステム」(BOSEのオフィシャルウェブサイトより)を開発したというBOSE。キャデラックやビュイック、オールズモビルといったGM車に搭載されたのだとか。
1982年に「業界初のOEM専用設計・工場装着サウンドシステム」(BOSEのオフィシャルウェブサイトより)を開発したというBOSE。キャデラックやビュイック、オールズモビルといったGM車に搭載されたのだとか。拡大
オーディオの音質やタイムアライメント機能の調整画面。記者は孤独を愛する男なので、タイムアライメントは常にドライバー中心である。
オーディオの音質やタイムアライメント機能の調整画面。記者は孤独を愛する男なので、タイムアライメントは常にドライバー中心である。拡大
「キャデラックCTS」には、インフォテインメントシステム「CUE」とモニターをシェアする形でナビゲーションシステムが搭載されている。
「キャデラックCTS」には、インフォテインメントシステム「CUE」とモニターをシェアする形でナビゲーションシステムが搭載されている。拡大
日本で販売されている「CTSセダン」はすべて4WD車。悪天候のもとではとにかく頼りになる。
日本で販売されている「CTSセダン」はすべて4WD車。悪天候のもとではとにかく頼りになる。拡大
道中、スピッツの草野マサムネは「君の青い車で~」と歌っていたが、あいにくテスト車のボディーカラーは白! 次の機会があれば「レイニーブルー」が入った徳永英明のアルバムを持参しようと思う。「あなたの白い車さがしかけて~」
道中、スピッツの草野マサムネは「君の青い車で~」と歌っていたが、あいにくテスト車のボディーカラーは白! 次の機会があれば「レイニーブルー」が入った徳永英明のアルバムを持参しようと思う。「あなたの白い車さがしかけて~」拡大

あえて「Apple CarPlay」に頼らない

キャデラックのプレミアムセダン「CTS」のリポートも今回で4回目。せっかくなのでちょいと遠出して、高速道路でのインプレッションを……などと考えていたのだが、前回においてwebCG 関が、「街乗りインプレッション」と銘打ちながら思いっきり高速インプレを披露しているではないか。どうしてくれよう。

仕方ない&せっかくなので、今回は休日のドライブがてら、このクルマの個人的お気に入り装備を紹介させていただく。目的地は「CTSが似合う場所」ということで、神奈川・横浜のみなとみらいに決定。東京・武蔵野のわが家からなら、1時間ちょっとの小旅行である。近所とはいえ休日渋滞にはまるのはいやなので、朝6時に武蔵野を出ることとする。

早速クルマに乗り込むと、まずは例によってオーディオを調整。CTSには13個のスピーカーからなるBOSEのサウンドシステムが装備されており、偉大なる山口 隆のシャウトや、平成の吟遊詩人・草野マサムネの繊細ボイスに心ゆくまで浸ることができる。もちろん健全なる30代独身男子の記者のこと、タイムアライメントは潔く運転席にフォーカスである。

続いて「ホーム」ボタンを長押ししてナビ機能を呼び出し、目的地を登録する。CTSのインフォテインメントシステムは「Apple CarPlay」に対応しており、アップルに魂を売った藤沢編集部員などは「スマホのナビ機能を車載モニターで操る」という荒業を繰り返している。しかし、いかんせんGPS頼りのスマホナビでは、トンネルに入ったとたんにジ・エンド。実用原理主義の記者は、今日も車載ナビを頼るのであった。

ちなみにCTSのナビゲーションシステムが算出したこの日の道順は、井の頭通り→環八→第三京浜という王道中の王道ルート。まあ渋滞が始まる時間でもないので、これで無問題なのでしょう。

もろもろの準備を終えたら、近所迷惑にならぬようそろりそろりと駐車場を出発。寒暁のお出掛けとなると、降雪はなくとも路面状態が気になるところ。4WD+スタッドレスタイヤというCTSの盤石っぷりが心強い。

車線の狭い井の頭通りを走っていると、不意にぶぶぶっとシートの座面が震えた。「セーフティアラートドライバーシート」というやつで、各種予防安全装備と連動し、シートの振動でドライバーに警告を発する機能である。このとき、CTS君は「車線から右にはみ出そうですよ」と言いたかったようで、座面の右側がぶぶぶっとなっていた。

→New CTSセダンの詳しい情報はこちら

キャデラックならではの“気遣い機能”の数々

地味だけれど、これ、個人的にけっこう気の利いた装備ではないかと思う。シートの振動する方向によって何が危ないのか、何の警報なのかが直感的に察知できるし、何よりデカい電子音を発しまくる警報システムだと、ドライバー以外の乗員まで不安にさせてしまうからだ。どうです皆さん。アメリカ車にだって、繊細な気遣いができるんですよ。

もうひとつうれしいのが、前のクルマを自動で追っかけてくれるアダプティブクルーズコントロール。停止と発進を繰り返す渋滞の中でも使えるスグレモノで、行きの第三京浜はもちろん、帰りの首都高1号線でも重宝した……のだが、これについては昨今の高級車なら付いていて当たり前なので説明は割愛。天下のキャデラックが、そういう装備で後れをとるはずがないでしょう。

それより紹介したいもうひとつの“気遣い機能”が、携帯端末の非接触充電システムである。今日ではUSBを使った有線での充電機能がすっかり普及しているが、ぶっちゃけ、充電ケーブルって家に忘れたりロケ先で紛失したりするんですよ。その点、これならケーブルなしでも充電できる。これは素晴らしい! ……のだが、実はワタクシ、この機能の恩恵に浴したことが一度もない。お察しの通り、わがへっぽこスマホがこの機能に対応していないのだ。

それどころか、なんと「Android Auto」(グーグル版Apple CarPlayみたいなもんです)にさえ非対応である。記者が先進のコネクティビティーからひとり距離を置いているのには、そんな事情もあるのだ。

こうした連携機能ってクルマ、スマホ、ソフトウエアの3つがそろって初めて機能するもの。そして記者は、皆さんは意外と思うかもしれないけど、そのなかではクルマの進化(と言うか対応)が一番速いと感じている。なにせキャデラックはApple CarPlayだけでなく、ロクにアプリもなかった時代からAndroid Autoにも対応していた。一方で、置き去りにされた感があるのがスマホ側のハードウエア。古い機種……といっても、ワタクシのスマホ、発売からまだ2年ちょっとなんですけどね……への対応とか、もう少し気を遣ってくれませんかねえ? 

まったく、グーグルさんにはキャデラックCTSの気遣い、心遣いを見習ってほしいものである。

(文と写真=webCG ほった)

→New CTSセダンの詳しい情報はこちら

「CTSセダン」には自動緊急ブレーキやレーンチェンジアラート、後退時安全確認警告機能など、安全装備や運転支援システムが満載されている。
「CTSセダン」には自動緊急ブレーキやレーンチェンジアラート、後退時安全確認警告機能など、安全装備や運転支援システムが満載されている。拡大
「CTS」の非接触充電システムは、センタークラスター下部の収納スペースに備わる。ちなみに、市販のワイヤレス充電器カバーを装着すれば、お手持ちのスマホを非接触充電システムに対応させることも可能だ。
「CTS」の非接触充電システムは、センタークラスター下部の収納スペースに備わる。ちなみに、市販のワイヤレス充電器カバーを装着すれば、お手持ちのスマホを非接触充電システムに対応させることも可能だ。拡大
「Android Auto」のソフトをダウンロードしようとした記者のスマホに表示された、残酷な告知。グーグルさん、慈悲はないのですか?
「Android Auto」のソフトをダウンロードしようとした記者のスマホに表示された、残酷な告知。グーグルさん、慈悲はないのですか?拡大
「MARINE & WALK YOKOHAMA」の赤レンガをバックに記念撮影。うーん。何度見ても記者には似合わぬ、おしゃれな商業施設である。
「MARINE & WALK YOKOHAMA」の赤レンガをバックに記念撮影。うーん。何度見ても記者には似合わぬ、おしゃれな商業施設である。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

キャデラック CTSセダン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。