「ニュービートル」生産終了、最後の特別仕様車発売

2010.03.02 自動車ニュース

「ニュービートル」生産終了、最後の特別仕様車発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ニュービートル」に特別仕様車「ニュービートル プライム エディション」を設定し、2010年3月2日に発売した。

誰がみてもそれとわかる個性的なデザインの「ニュービートル」。1999年9月の日本デビュー以来、シリーズで国内累計約8万2000台を販売したという人気モデルが2010年をもって生産終了となる。

今回発売された特別仕様車「ニュービートル プライム エディション」は、エントリーグレード「EZ」をベースに、内外装を充実させたモデル。

エクステリアには、16インチアルミホイールやダークティンテッドガラスを装備。インテリアには、レザーのステアリングホイールやハンドブレーキグリップ、シフトノブを採用する。さらに、シートヒーターやパークディスタンスコントロールなどの快適装備も備わる。

価格は、ベース車よりわずか4万円アップの249.0万円。ニュービートルは、今回の「プライム エディション」と上級モデルの「LZ」との2グレード構成となり、「EZ」はラインナップから落とされた。

(webCG ワタナベ)

「ニュービートル プライム エディション」
「ニュービートル プライム エディション」 拡大

関連キーワード:
ビートル, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ビートル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル2.0 Rライン マイスター(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.15 試乗記 フォルクスワーゲンのスペシャルティーモデル「ザ・ビートル」の販売終了とともに、「タイプI」に始まった80年にもおよぶ「ビートル」の歴史が幕を閉じる。最後の特別仕様車「2.0 Rライン マイスター」に乗り“20世紀のアイコン”たる存在をあらためて考えた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の発表会場から 2016.9.21 画像・写真 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月21日、デザインや安全装備、インフォテインメントシステムをリファインした「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」を発売した。全8色のザ・ビートルが並んだ発表会の様子を、写真とともにリポートする。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
ホームへ戻る