第25回:復活と再生のビートル
世界中で愛された国民車

2018.06.07 自動車ヒストリー 累計生産台数は2152万9464台。“ビートル”の愛称とともに世界中で愛されたフォルクスワーゲンの名車「タイプ1」は、いかにして生まれたのか? その数奇な“生い立ち”と、およそ60年にわたる稀有(けう)な歴史を紹介する。

国民車構想から生まれたKdF

第2次大戦でドイツの国土は荒廃し、産業は壊滅的な打撃を受けていた。自動車ももちろん例外ではない。連合軍の空爆は、工場をがれきの山に変えた。絶望的な状況の中から、奇跡のようにドイツの自動車産業はよみがえる。戦争が終結した1945年、5月の無条件降伏から年末までに、1785台の自動車が製造されたのである。

戦前、ナチスドイツは国民にレジャーを提供する組織「KdF」を作り、民族統合の機運を高めようとした。「Kraft durch Freude」の略称で、“喜びを通じて力を”という意味を持ち、日本語では歓喜力行団と訳される。

このKdFは、ヒトラーが1933年に発表した国民車構想に深く関与した。大衆に広くクルマを普及させる構想で、ヒトラーは優等民族であるドイツ人は誰もが豊かな暮らしを享受すべきであり、自動車を所有しなければならないと説いた。国民の歓心を買うための、人気取りとしての意味合いが強い政策だった。具体的な活動を担ったのがKdFである。1938年に国民車は「KdF-Wagen」(歓喜力行団の自動車)と名付けられ、ニーダーザクセン州には、生産の基盤を整えるべくStadt des KdF-Wagens(歓喜力行団の自動車市)が作られた。現在はヴォルフスブルクと改称され、フォルクスワーゲングループの本拠地となっている都市である。KdFは自動車購入のための積立貯蓄制度を設け、“自動車に乗りたいなら、毎週5マルク貯蓄しよう”と人々に呼びかけた。5マルクを払い込むとスタンプ帳に証紙が貼られ、満額の990マルクに達するとクルマを受け取ることができるという触れ込みだった。

しかし、KdFを受け取った人はひとりもいない。そもそも、生産すらされていなかった。工場で造られたのは「キューベルワーゲン」や「シュビムワーゲン」などの軍用車だけであり、30万人以上が登録して積み立てた自動車購入のための資金は、すべて戦争遂行のために流用された。

ドイツの敗戦で、初めて国民車構想が日の目を見ることになった。進駐していたイギリス軍のアイヴァン・ハースト少佐が焼け残っていた自動車生産設備を見つけ、残っていた金型で小型乗用車生産を再開させたのである。

“ビートル”の愛称で親しまれた「フォルクスワーゲン・タイプ1」。戦前に開発されたモデルだが、乗用車として本格的にデリバリーされたのは第2次大戦が終わってからだった。
“ビートル”の愛称で親しまれた「フォルクスワーゲン・タイプ1」。戦前に開発されたモデルだが、乗用車として本格的にデリバリーされたのは第2次大戦が終わってからだった。拡大
今日、フォルクスワーゲンが本拠地を構えるヴォルフスブルクは、戦前に「KdF」の量産を行うべく作られた計画都市だった。
今日、フォルクスワーゲンが本拠地を構えるヴォルフスブルクは、戦前に「KdF」の量産を行うべく作られた計画都市だった。拡大
ナチスは国民車普及のために国民から積立金を募ったが、実際に生産されたのは軍用車だった。写真は四輪駆動の水陸両用車「シュビムワーゲン」。
ナチスは国民車普及のために国民から積立金を募ったが、実際に生産されたのは軍用車だった。写真は四輪駆動の水陸両用車「シュビムワーゲン」。拡大
ドイツの国民車はナチスによってではなく、英国進駐軍の手によって、広く世に送り出された。
ドイツの国民車はナチスによってではなく、英国進駐軍の手によって、広く世に送り出された。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル2.0 Rライン マイスター(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.15 試乗記 フォルクスワーゲンのスペシャルティーモデル「ザ・ビートル」の販売終了とともに、「タイプI」に始まった80年にもおよぶ「ビートル」の歴史が幕を閉じる。最後の特別仕様車「2.0 Rライン マイスター」に乗り“20世紀のアイコン”たる存在をあらためて考えた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • メルセデスAMG A35 4MATICエディション1(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.25 試乗記 メルセデスAMGの新たなエントリーモデルとして「A35 4MATIC」が登場した。同じ2リッター直4ターボエンジンを積む最強モデル「AMG A45 S 4MATIC+」の421PSに対して、こちらは306PSとやや控えめな出力。峠道を模したクローズドコースでその実力を確かめた。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る