クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第165回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?

2012.11.13 エディターから一言

第165回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?

世界耐久選手権(WEC)第7戦「富士6時間耐久レース」(2012年10月12日〜14日、富士スピードウェイ)では見事、トヨタの「TS030ハイブリッド」が2台の「アウディR18 e-tron クワトロ」を抑えて優勝をさらったが、そのすぐ下ではプライベーター参戦ながら4位と7位を獲得したチームがあった。「ローラB12/60」のシャシーにトヨタエンジンを搭載したレベリオン・レーシングである。レベリオンとはどんなチームなのか。同チーム、そしてエースドライバーを務めるニコラ・プロストにインタビューした。

2011年シーズンから「ローラ・トヨタ」で参戦

世界耐久選手権(WEC)は、その名のとおり、世界中のサーキットを転戦するイベントであり、年間8戦の中にはセブリングやスパ・フランコルシャン、「偉大なる草レース」と言われるルマン24時間耐久レースが組み込まれている。そしてこの日本で「WEC JAPAN」が開催されたのは、実に24年ぶりのことなのであった。

レースはルマン常勝メイクスであるアウディが「R18 e-tron クワトロ」を2台走らせ、これをトヨタが「TS030ハイブリッド」で迎え撃つ、LMP1ワークス頂上決戦が最大の見どころ。ご承知のとおり、トヨタが見事優勝をさらったが、そのすぐ下ではプライベーター参戦ながら4位と7位を獲得したチームがあった。「ローラB12/60」のシャシーにトヨタエンジンを搭載したレベリオン・レーシングである。今回は、そのチームとドライバーにインタビューすることができた。

インタビューに答えてくれたのは、レベリオン・レーシングのコミュニケーション・ディレクターであるステファン・ジェルヴェ氏。ここからは一問一答形式でご紹介しよう。

――レベリオン・レーシングはいつからレースを始めたのですか?

レベリオンとしては2010年からです。しかしチームとしては、1995年から活動していました。2004年のルマンシリーズではポルシェでクラス優勝し、2008年からLMP2へ。2010年にトヨタがLMP1車両へのエンジン提供を検討していたとき、シャシーコンストラクターであるローラがわれわれをトヨタに紹介してくれました。そこから今の体制が続いています。

――F1やDTM、FIA-GTなどさまざまなカテゴリーがある中で、なぜ耐久レースを選んだのですか?

一番の理由はコストです。F1に比べてコストがかからず、レベルの高いレースができる。世界でも注目されているレースがWECだと思います。
F1からのテクノロジーの移植も多いですよ。また、われわれのチームにもF1で活躍したエンジニアがいます。マクラーレンでアイルトン・セナのエンジニアを担当していたジェームス・ロビンソンや、ジョン・ジェントリーがそうです。彼らのおかげで、この5年間チームは急速に成長することができました。
そしてチーム全員が「レースに参加している」という気持ちになれることが、耐久レースの何よりの魅力です。

WEC富士6時間レースでは、プロスト/ジャニ組が駆るレベリオン・レーシング12号車が、LMP1クラスの総合4位に輝いた。
WEC富士6時間レースでは、プロスト/ジャニ組が駆るレベリオン・レーシング12号車が、LMP1クラスの総合4位に輝いた。 拡大

第165回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?の画像 拡大
チームのコミュニケーション・ディレクターを務めるステファン・ジェルヴェ氏。
チームのコミュニケーション・ディレクターを務めるステファン・ジェルヴェ氏。 拡大
レベリオン・レーシングとは、アレクサンダー・ペシ氏が運営するスイスのレーシングチーム。ペシ氏はケーブルコネクターのメーカーである「LEMO」の社長を務める人物でもあり、若い頃からモータースポーツに熱心だったという。またその土地柄か時計にも造詣が深く、2007年には自らのブランドを立ち上げてしまった程のマニア。「レベリオン」こそがそのブランド名であり、WEC JAPANではLMP1マシンの側面に「反乱」という漢字をあしらっていた。
レベリオン・レーシングとは、アレクサンダー・ペシ氏が運営するスイスのレーシングチーム。ペシ氏はケーブルコネクターのメーカーである「LEMO」の社長を務める人物でもあり、若い頃からモータースポーツに熱心だったという。またその土地柄か時計にも造詣が深く、2007年には自らのブランドを立ち上げてしまった程のマニア。「レベリオン」こそがそのブランド名であり、WEC JAPANではLMP1マシンの側面に「反乱」という漢字をあしらっていた。 拡大

LMP1クラスで最高のプライベーターを目指す

――マシンにロータスの文字がありますが、どうしてですか?

ロータスはビジネスパートナーです。彼らは世界中で知名度を上げたいと考えています。またロータスがトヨタのエンジンを使っていることも関係していますね。
テクニカルな提携は今のところありませんが、将来的には彼らもルマンをやりたいと考えているようです。

――LMP1クラスには、トヨタとアウディという2大ワークスがいます。その中で、毎回どのような作戦を立てて勝利を狙っていますか?

レベリオン・レーシングのポジショニングは、LMP1における最高のプライベーターであることです。だからアウディやトヨタと争うつもりはありません。仮に闘ったとしても、ディーゼルハイブリッドやガソリンハイブリッドマシンのパワーには、ガソリンカーではかなわないでしょう(笑)。

――WECはF1や日本のSUPER GTとは違って、非常に穏やかな雰囲気があります。あななたちはトップチームですが、どうしてそんなにフレンドリーなのですか? (例えばパドック裏には、貴重なドライカーボン製のレーシングカウルが無造作に立てかけられていたりするのだ)

それはまず、日本のレースファンたちのマナーがとてもよい、ということがあるでしょう(笑)。
それと、耐久レースは時間に余裕があるので、メディアに対しても本当のことをきちんと話せるんです。これがF1だったら、20分程度で30人のインタビュアーを相手にしなくてはなりません。
ニュルブルクリンク、スパ、ルマンなど、耐久レースはヨーロッパで始まりました。私たちはこの長い時間を、どうやって楽しんだらいいのかわかっています。耐久レースのスピリットとは、「出場するみんな、そして見に来ているみんなと一緒に楽しむこと」なんですよ。

最後の質問にもあるように、インタビューはとても和やかなムードの下で行われた。
これまでの経験から、トップチームにインタビューできるといっても四角四面な内容ばかりで、大したことは聞けないだろうと思っていた。しかしその予想はいい意味で裏切られた。
普通だったら「ノン」とひとことで終わってしまうような質問に対しても、少し考えたあとにゆっくりと、丁寧に答えてくれたのだ。
彼らはチームをPRすることに熱心でありながら礼儀正しく、気さくだった。来年はこちらがもっとWECを勉強して、その面白さを引き出さなくてはいけない。


第165回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?の画像 拡大

第165回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?の画像 拡大

第165回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?の画像 拡大
レベリオン・レーシングはLMP1クラスで4位(12号車:プロスト/ジャニ組)と7位(13号車:ベリッキ/プリマ組)を獲得した。
レベリオン・レーシングはLMP1クラスで4位(12号車:プロスト/ジャニ組)と7位(13号車:ベリッキ/プリマ組)を獲得した。 拡大
ニコラ・ジャン・プロスト
(Nicolas Jean Prost)
2003年フォーミュラキャンパスシリーズに参戦。続く2004年にフランス・フォーミュラルノーシリーズ、2006年にスペインF3シリーズに参戦し、2007年にスペインF3で総合3位を獲得。また、2007年にはチームオレカより「サリーンS7R」でルマン24時間レースに参戦し、総合10位に輝いた。2010年からレベリオン・レーシングよりルマン・シリーズに参戦。1981年フランス・サン・シャモン出身。31歳。
ニコラ・ジャン・プロスト
(Nicolas Jean Prost)
2003年フォーミュラキャンパスシリーズに参戦。続く2004年にフランス・フォーミュラルノーシリーズ、2006年にスペインF3シリーズに参戦し、2007年にスペインF3で総合3位を獲得。また、2007年にはチームオレカより「サリーンS7R」でルマン24時間レースに参戦し、総合10位に輝いた。2010年からレベリオン・レーシングよりルマン・シリーズに参戦。1981年フランス・サン・シャモン出身。31歳。 拡大

第165回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?の画像 拡大

第165回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?の画像 拡大

ニコラ・プロストにインタビュー

そんなレベリオン・レーシングの12号車には注目すべきドライバーが乗っていた。エースドライバーを務めるニコラ・プロスト。偉大なるアラン・プロストの息子だ。

――なぜあなたはドライバーとしてこのシリーズを選んだのですか?

フォーミュラ1以外ではこのLMP1が一番速く、一番システムが整ったシリーズなので、F1かこのLMP1に乗りたかったんです。ルマン24時間耐久レースに出られることも理由のひとつですね。

――あなたにとってレベリオンはどんなチームですか?

すごく居心地のいいチームです。今年で4年目で、初めはそんなに強いチームではありませんでしたが、どんどん力をつけてきました。

――富士スピードウェイを走るのは初めてですか?

はい。施設がとてもきれいなサーキットですね。それと観客が多い。とても大切なことですよね。コースはセクター3が大変。LMP1は大きいから、セクター1からセクター2まではいいのですが、セクター3が大変です。

――このマシンをドライブするのは難しい?

結構難しいと思います。ダウンフォースが少ないですから。また富士スピードウェイはそれほど大きくないサーキットですし、各クラスの台数も多いので、シリーズ戦の中で今日が一番難しいでしょうね。

――ところで、そもそもレーサーになろうと思ったきっかけは何ですか?

大学を卒業してから、父に「レースに挑戦したい」と相談したんです。最初はフォーミュラ・ルノーでした。そのカテゴリーで僕は成功し、レースが大好きになってしまったんです。それから今まで、ずっとレースを続けています。モーターレーシングは僕の人生そのもの。僕の生きる糧であり、いつだってレースのことを考えています。

――お父さんにドライビングを教えてもらえるんですか?(笑)

少しだけ(笑)。当時と今とではクルマが全然違いますから。アドバイスをもらうことはありますが、クルマを運転するときは結局自分ひとりですから、自力で頑張っていますよ。

――お父さんの名前はプレッシャーになりませんか?

レースを始めたときは常にプレッシャーがありました。でも今は大丈夫です。レベリオン・レーシングはマシンもチームも世界で一番のチームです。そこでドライブできていることが、僕の実力を証明していると思っています。

――どうやったら速く走れるようになりますか?

一番大切なのは、毎日走ること。一生懸命仕事をして、それをデータとして理解することです。常に自分の走りを分析して、それを生かしてゆく。僕がいつもやっていることはそれですね。

――日本のファンに何かメッセージをいただけますか?

みなさんの優しさに感謝します。また、みなさんが素晴しいモータースポーツファンであることに感謝します。

ヘルメットごしに見えるその目もと、眉毛は恐ろしいほど父プロストに似ていたニコラ。小さな声で控えめに話すしぐさもそっくりだったが、二世の方がどちらかというとまじめで、優しい感じがした。ちなみに父は、ニコラのレースを「怖くて見に行けない」と言っているそうだ。

(インタビューとまとめ=山田弘樹/写真=田村弥)

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。