アウディ伝統の5気筒エンジンを「TT」に【ジュネーブショー09】

2009.02.25 自動車ニュース

【ジュネーブショー09】アウディ伝統の5気筒エンジンを「TT」に

アウディAGは、コンパクトスポーツのアウディ「TTクーペ/ロードスター」を飛びきりスポーティに仕立て上げた「TT RSクーペ/ロードスター」を、2009年3月3日から開催されるジュネーブショーで発表する。

■「S」モデルの上を行く「RS」モデル

「TT」のスポーツモデルといえば、2008年に発表され、日本にも同年秋に導入された「TTS」の名前が思い浮かぶ。これは、“Sモデル”と呼ばれるアウディのスポーツモデルで、各シリーズの最上級グレードに位置づけられているもの。アウディにはそのSモデルのさらに上を行く至高のスポーツバージョン、すなわち“RSモデル”が存在し、この「TT RS」はその最新版ということになる。

ワールドプレミアとなるジュネーブショーを前に、アウディはTT RSの写真数点とモデル概要を発表。デザインは、メッシュタイプのシングルフレームグリルや、固定式のリアウイング、メタリック塗装が施されたフロントロワーブレード、オーバルタイプのエギゾーストパイプなどを採用したのが特徴で、TTやTTSとはまた違った雰囲気を醸し出している。

一方、注目のパワーユニットは、新開発の2.5リッター5気筒直噴ガソリンターボ(2.5 TFSI)が搭載される。この「2.5 TFSI」は300ps以上の最高出力を誇り、0-100km/h加速を約5秒でこなすという。いうまでもなく、駆動方式はフルタイム4WDの“クワトロ”だ。
しかし、詳細なスペックなどはベールに包まれている。エンジンは直列5気筒ではなく、狭角V6から1気筒削ったV5であると予想されるが、これについてもジュネーブショーまでお預けということだ。

かつてアウディのスポーツモデルといえば、2.2リッター直列5気筒ターボを積むのが伝統だった。この15年ほどは5気筒エンジンが途絶えていただけに、伝統の復活が待たれていたというわけだ。
一説によれば、1980年にデビューし、アウディ躍進の原動力になった「アウディ・クワトロ」の開発を当時担当したフェルディナンド・ピエヒ(現在はフォルクスワーゲンAG監査役会会長)が5気筒エンジンに強い思い入れがあり、先代「フォルクスワーゲン・パサート」や「フォルクスワーゲン・ボーラ」にV5エンジンが搭載されていたのもその影響といわれている。

そんなこだわりのモデルだけに、ジュネーブショーでの発表がいまから楽しみだ。なお、現時点では日本への導入は未定ということだが、このところ積極的にスポーツモデルの充実を図るアウディジャパンだけに、こちらも期待したい。

(文=生方聡)

 
アウディ伝統の5気筒エンジンを「TT」に【ジュネーブショー09】の画像 拡大
 
アウディ伝統の5気筒エンジンを「TT」に【ジュネーブショー09】の画像 拡大
「TT RSクーペ」
「TT RSクーペ」 拡大
「TT RSロードスター」
「TT RSロードスター」 拡大
 
アウディ伝統の5気筒エンジンを「TT」に【ジュネーブショー09】の画像 拡大

関連キーワード:
TT RSクーペ, TT RSロードスター, アウディ, ジュネーブモーターショー2009, イベント, 自動車ニュース

アウディ TT RSクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)/220dグランクーペ(FF/8AT)【海外試乗記】 2020.2.27 試乗記 2020年春に日本の道を走り始めるBMWのニューモデル「2シリーズ グランクーペ」。コンパクトな4ドアクーペの走りには、どんな特徴があるのか? 駆動方式やパワーユニットの異なる2モデルにポルトガルで試乗した。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
ホームへ戻る