「ハリアー」の後継モデルがデビュー【LAショー08】

2008.11.14 自動車ニュース

【LAショー08】「ハリアー」の後継モデルがデビュー

トヨタ自動車は、新型「レクサスRX」を、2008年11月19日、ロサンゼルスショー会場で発表する。

「レクサスRX」(日本名:ハリアー)シリーズは、高級サルーン並みの上質感や見晴らしの良いSUV的な運転感覚、それに個性的なスタイリングや質感の高さなどがウケて人気を博したクルマ。さらに2006年には、V8なみのパワーと小型車並みの燃費を両立したとするハイブリッドモデルが追加され、その人気を確固たるものとした。

ロサンゼルスショーに出展されるのは、そのRXシリーズのフルモデルチェンジ版。2009年に北米で発売予定のV6ガソリン仕様「RX350」と、上級版のハイブリッド仕様「RX450h」の2タイプがお披露目される。新型は、高級感、快適性、技術、安全性、燃費性能などあらゆる面で従来モデルを凌駕するというから期待は高まる。

また、同ショーでは、2008年のパリサロンでお披露目された「IS」のコンバーチブル「IS250C」と「IS350C」が出展されるほか、LSのガソリン・4WD仕様「LS460 AWD」と「LS460L AWD」も姿を見せる模様。

高級車市場を直撃する厳しい経済状況が続くなか、レクサスは人気モデルRXの全面改良や既存モデルのラインナップ拡充など、あらゆる手段を講じて厳しい時代を乗り切る構えだ。

(webCG 曽宮)

レクサスのワールドプレミアは「RX」シリーズだ(写真は現行モデル)
レクサスのワールドプレミアは「RX」シリーズだ(写真は現行モデル) 拡大
ISのコンバーチブル「IS250C」
ISのコンバーチブル「IS250C」 拡大
「LS460」の4WDが北米デビューを飾る
「LS460」の4WDが北米デビューを飾る 拡大

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, レクサス, ロサンゼルスモーターショー2009, イベント, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る