クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第232回:パリ16区で「東京モノレール」と出会う

2012.02.17 マッキナ あらモーダ!

第232回:パリ16区で「東京モノレール」と出会う

パリに引き止められた?

今月は月のほぼ半分をパリで過ごした。いや、過ごすことになった、というのが正解である。そもそも旅のスタートから波乱に満ちていた。イタリアを出発しようとした日にいきなりの雪に見舞われたのだ。
まずは家からバスターミナルまでたどり着くのにえらく難儀し、バスを1本乗り逃してしまった。そのおかげで、予約していた飛行機に乗れないというドミノ倒しが起こった。
幸いなことに航空会社から、ボクの乗るはずだった便が雪で欠航し、自動的に別便に振り替えたという旨のお知らせメールが入ってひと安心。だがその日のパリ到着は、かなり遅くなってしまった。

ハプニングは帰り便にも及んだ。今度はパリの空港でストが計画されたのだ。影響が及ばない便もあるとはいうものの、空港まで行って「やっぱり飛びませんでした」では困る。まして今回は、日頃よく使う、街に近いオルリー空港ではなく、ちょっと離れたシャルル・ドゴール空港である。往復運賃も時間もばかにならない。仕方がないので、それまで滞在していた15区の貸しアパルトマンに数日延泊することにした。

「パリがあなたを待っています」というのは、クイズ番組『アタック25』の名フレーズであるが、今回ばかりは「パリがあなたを引き止めています」となった。

フジミ模型製モノレールの外箱。輸出を視野に入れた英文併記である。
フジミ模型製モノレールの外箱。輸出を視野に入れた英文併記である。 拡大

砲弾を持って現れた子供 

さて、できた時間を何に充てるか? ということで思いついたのは、パリ在住の知人ディディエの家を訪問することだった。
彼は銀行の電算部門勤務だが、プライベートでは大のシトロエンファンである。以前本サイトの動画編の「シトロエン『トラクシオン・アヴァン』の運転教えます!」に愛車を引っ張り出して協力してくれたこともあった。

彼の家は16区。セーヌ川をはさんで、僕が滞在しているアパルトマンの反対側である。ましてや週末で道もすいている。したがって、何度かパリに来てようやく借り方を覚えたシェアリング自転車「ヴェリブ」で行こうと思った。しかし外に出ると、欧州を襲った寒波でスキー場のごとく寒い。急きょ地下鉄にした。

ディディエの家に着くと、ボクがコートを脱ぐか脱がないかのうちに、子供たちがいろいろな物を見せに持ってきた。ここの家の子供は、父親に似て古いものを集めるのが好きである。
まず長男で中学生3年生のクレモン(14歳)が、砲弾を両手に抱えてやってきた。第一次大戦のものという。そうかと思うと末っ子のブノワは、1970年代の大西洋客船の荷物用タグや、船内レストランのメニューを次々と見せてくれた。そのたびディディエの奥さんのナタリーが作っておいてくれた食事を始めるタイミングが後回しになる。

驚いたことに彼らは、パリおよび郊外で毎月何番めの週末に骨董(こっとう)市が開かれるかを、そらで言える。ナタリーは、「お父さんをまねてるんでしょうね」と、取りあえずは彼らの趣味を静観している。
なお、そうしたアンティークを購入するときの基準は「安くて良いもの」らしい。「スーパーマーケットか、君たちは!」と突っ込みを入れたくなったが、「ブランド物や高価な物を買えば幸せ」といった短絡的思考に陥らないトレーニングを子供時代からしておくのは良いことだろう。将来古いクルマライフを楽しむときも、きっと役立つに違いない。

第一次大戦の砲弾を持つ長男クレモン君と、母親のナタリーさん、三男のブノワ君。
第一次大戦の砲弾を持つ長男クレモン君と、母親のナタリーさん、三男のブノワ君。 拡大
現在ブノワ君は往年の大西洋航路客船グッズを収集中。
現在ブノワ君は往年の大西洋航路客船グッズを収集中。 拡大

思いもよらぬ骨董品!?

そんな“ショー”がひととおり終わり、ナタリーの作ったアントレのマッシュルーム入りパテが出てこようとしたときだ。ディディエが「そういえば、クレモンがもうひとつ面白いものを見つけてきてね」と切り出した。
そのクレモンがまもなく抱えてきた箱を見て、ボクは一瞬気を失いそうになった。なんとも時代がかったイラストに「モノレール」とカタカナで記されているではないか。浜松町−羽田空港を結ぶ東京モノレールを模したと思われるモーター駆動のプラモデルである。ナタリーには悪いが、またまた食事をちょっと待ってもらうことにした。

中を見せてもらうと、ほぼ組み立てられた車両が入っていた。彼らによると、発見したとき、すでにこの状態だったという。箱にHOゲーヂモデル(ゲージではないところが泣かせる)と書いてあるものの、硬派な鉄道模型のイメージからは遠く、ほのぼのとした出来だ。
組み立て説明図のほかに、フジミ模型の商品案内も入っている。広げて見ると戦前の「グロッサー・メルセデス」をはじめとする自動車のほか、艦船、モーターボート、戦車、果ては金閣寺、銀閣寺まで載っている。

さらに面白いことに、ベルリッツスクール・パリ校のレターヘッドのはいった書類も入っていた。日付は1965年11月26日だ。モノレールは岸恵子さんの時代にパリに来ていたことになる。ディディエは「輸入業者が説明図の翻訳を依頼したときの見積書のようだな」と推察する。
説明書こそ日本語オンリーだが、パッケージは英文併記である。あらゆる業界が輸出をして外貨を獲得せんとしていた時代の、日本の勢いが伝わってくる。

とりあえず途中まで組み立てられていた車両。
とりあえず途中まで組み立てられていた車両。 拡大
組立図。日本製品の簡潔・明快な解説イラストは、この頃から始まっていることに感激する。
組立図。日本製品の簡潔・明快な解説イラストは、この頃から始まっていることに感激する。 拡大
ベルリッツ・スクールの翻訳見積もりも入っていた。
ベルリッツ・スクールの翻訳見積もりも入っていた。 拡大

パリの空の下、さまようこと47年

東京モノレールに関していえば、いまでこそお土産をぶら下げた出張おじさんの足だが、ボクの幼少期は大変モダンな交通機関だった。特に東京郊外に住んでいたボクにとって夢の乗り物だった。羽田が首都圏唯一の国際空港で、海外旅行など一生に一度行ければいいや、と思っていた時代背景がその思いを後押しした。当時のボクは小学館『交通の図鑑』に載っていたモノレール解説図を、飽くことなく眺めていたものだ。

その後中学生になって行動の自由が拡大されると、かなり早いうちに同級生と東京モノレールを見に行った。そして最前列に陣取り、運転士目線の映像を8ミリカメラで撮ったものだ。ちなみに、白いビニール製ヘッドレストカバーに「Tradepia」という日商岩井の広告が入っていたのを、なぜかよく覚えている。

フジミ模型製モノレールに話を戻そう。5分割されたレールをつなげてもらうと、それなりに長くなった。
「スピードが出過ぎる場合は、レールの両端を本などで高くしてください」といった注意書きはご愛嬌(あいきょう)だ。
クレモンによるとモノレールは2011年秋、あるのみの市で見つけたものだという。
「高かっただろ?」というボクの質問に、クレモンはさらりと「5ユーロだった」と答えた。あの夢の乗り物が500円ちょっとで売られていたのか。そう思うとちょっぴり悲しくなった。

それでも47年前パリに漂着した挙げ句、のみの市に佇(たたず)んでいたボクの思い出を救ってくれたクレモンに、心の中で感謝したボクであった。

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

味のあるモーターのパッケージデザイン。ちなみに接着剤も未使用のままだった。
味のあるモーターのパッケージデザイン。ちなみに接着剤も未使用のままだった。
拡大
添付されていた当時の商品一覧。「グロッサー・メルセデス」は昭和天皇御料車を模していた。
添付されていた当時の商品一覧。「グロッサー・メルセデス」は昭和天皇御料車を模していた。
拡大
左からディディエ、次男のトマ君、長男のクレモン君、奥さまのナタリーさん、三男のブノワ君。
左からディディエ、次男のトマ君、長男のクレモン君、奥さまのナタリーさん、三男のブノワ君。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。