プジョー、新世代コンパクト「208」を出展【ジュネーブショー2012】

2012.02.24 自動車ニュース

【ジュネーブショー2012】プジョー、新世代コンパクト「208」を出展

仏プジョーは、ジュネーブモーターショー(プレスデイ:3月6日〜7日、一般公開:3月8日〜18日)に、「207」の後継モデル「208」を出展すると発表した。

新型「208」シリーズには、通例どおり、3ドアと5ドアの2タイプのハッチバックモデルが設定される。室内空間を拡大しながら、車重が前モデル「207」よりも110kg軽くなる(1.4リッターディーゼル車での新旧比較)のが大きな特徴だ。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3962×1739×1460mm(本国仕様)で、207(4045×1750×1470mm:日本仕様)と比べ、全体的に小さくなる。またオーバーハングも短縮され、207との比較でフロントは6mm、リアは10mm短くなる。ホイールベースは207と変わらない。

一方、後席の膝まわりの空間は50mm拡大しており、トランクルーム容量についても5名乗車時で311リッター(2名乗車時では1152リッター)と、207の270リッターよりも拡大している。

エンジンラインナップは、ガソリンとディーゼルが5タイプずつ。ガソリンエンジンは、1リッター(68ps)と1.2リッター(82ps)の2種類の3気筒NAユニットと、1.4リッター(95ps)と1.6リッター(120ps)の2種類の4気筒NAユニット、それに1.6リッター4気筒ターボ(156ps)が設定される。

またジュネーブショーでは、208をベースとする2台のコンセプトカー「XYコンセプト」と「GTiコンセプト」も出展される予定となっている。

(webCG 曽宮)

「プジョー208」(3ドア)
「プジョー208」(3ドア) 拡大
プジョー、新世代コンパクト「208」を出展【ジュネーブショー2012】の画像 拡大
「プジョー208」(5ドア)
「プジョー208」(5ドア) 拡大
「プジョー208 XYコンセプト」
「プジョー208 XYコンセプト」 拡大
「プジョー208 GTiコンセプト」
「プジョー208 GTiコンセプト」 拡大

関連キーワード:
208, プジョー, ジュネーブモーターショー2012, イベント, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308 2021.3.18 画像・写真 プジョーの基幹車種であるハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が、2021年3月18日にデビューした。新エンブレムが装着されたエクステリアや直線的なデザインのインテリアを、写真で紹介する。
  • プラグインハイブリッドもラインナップ 新型「プジョー308」がデビュー 2021.3.18 自動車ニュース ステランティスは2021年3月18日、プジョーブランドの基幹車種「308」の新型を発表した。7年半ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目には、ガソリン車やディーゼル車に加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
ホームへ戻る