トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ躍進の起爆剤となるか 新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」の“強み”に迫る 2020.5.13 デイリーコラム トヨタが満を持して発表した「ヤリスクロス」。成長を続ける欧州コンパクトSUV市場を狙ったニューモデルの、ライバルにはないアドバンテージとは? 実施が差し迫るCO2規制の現状とともに、トヨタのグローバル戦略における、このクルマの重要性を解説する。
  • ケータハムが「スーパーセブン1600」を発売 クラシックな装いが特徴のニューモデル 2020.6.5 自動車ニュース ケータハムがニューモデル「スーパーセブン1600」を発売。1.6リッターモデルの「270S」をベースに内外装をクラシックに仕立てたモデルで、クラムシェルフェンダーや8スポークのアルミホイール、ウッドのステアリングホイールなどを装備している。
  • 第177回:フェラーリの事故今昔物語 2020.5.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第177回は「フェラーリの事故今昔物語」。購入したばかりの「348GTS」の車両保険をめぐり、ある疑問が湧き起こる。事故リスクが想定外に低く算定されていたのはナゼ? 過去と現在を比べ、その背景について考察する。
  • 第176回:フェラーリ車両保険物語 2020.5.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第176回は「フェラーリ車両保険物語」。スーパーカー購入の最大の壁は、高額かつ審査の厳しい自動車保険。最低限の補償内容からフルサポートへと大出世を遂げた筆者の、血と涙の節約エピソードを紹介。
  • 第175回:不要不急の妄想 2020.5.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第175回は「不要不急の妄想」。新型車「トヨタ・ヤリスクロス」のデザインに衝撃を受けた筆者。格段にカッコよく見えるのはなぜ? ベースとなる「ヤリス」との比較を交えながら、その違いを分析する。
ホームへ戻る