【LAショー2018】アウディ、第3のフルEV「e-tron GTコンセプト」を発表』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ スポーツG“Z”(FF/6MT)【試乗記】 2018.11.22 試乗記 「トヨタ・カローラ スポーツ」の1.2リッターターボモデルに、新開発のレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」搭載車が登場。その出来栄えを確かめつつ、今日に至るカローラの歴史に思いをはせた。
  • 【LAショー2018】アウディ、第3のフルEV「e-tron GTコンセプト」を発表 2018.11.29 自動車ニュース 独アウディは2018年11月28日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスモーターショーで量産を前提とした電気自動車(EV)「e-tron(イートロン)」シリーズの第3弾となる、4ドアクーペの「e-tron GTコンセプト」を世界初公開した。
  • アウディe-tron 2018.9.18 画像・写真 アウディが電気自動車(EV)「e-tron」を世界初公開。2つのモーターで4輪を駆動するSUVタイプのEVで、生産はベルギー・ブリュッセルに位置するカーボンニュートラルを実現した工場で行われるという。価格はドイツで7万9900ユーロから。
  • トヨタ・スープラ プロトタイプ(FR/8AT)【レビュー】 2018.12.7 試乗記 来月(2019年1月)に迫った正式発表を前に、トヨタが新型「スープラ」のプロトタイプ試乗会を開催した。そこで語られた新型のキャラクターとは? 実際のドライブフィールは? webCG編集部員が、速報でお届けする。
  • ヤマハ・ナイケン(MR/6MT)【レビュー】 2018.12.1 試乗記 “3輪”でありながら、バンクしながらのスムーズな旋回を実現した「ヤマハ・ナイケン」。バイクならではのスポーティーな走りと、他の二輪車とは一線を画すスタビリティーの両立はどのような技術でかなえられたのか? 独特なライディングフィールとともに報告する。
ホームへ戻る