クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

コレはゼッタイ!

  • 2011.12.5 コレはゼッタイ!

    スバルBRZ:あえてコチラを推す理由は……

    「トヨタ86」と「スバルBRZ」、兄弟車であるこの2台をじっくり見るなら、どちらのブースに行けばいいだろうか? いや実は、スバルではないかと思う理由が、これだけあるのだ。 

  • 2011.12.5 コレはゼッタイ!

    レンジローバー・イヴォーク:この値段でホントにいいの!?

    いよいよ上陸した「レンジローバー・イヴォーク」。3ドアと5ドアの同時デビューで、価格は450万円からと発表された。この価格は適正? それとも安すぎる? 実際に見て考えてみてほしい! 

  • 2011.12.5 コレはゼッタイ!

    プジョー3008ハイブリッド4:技術的興味のイチオシ!

    ハイブリッド車も今や種類が豊富になり、構造的にもさまざまな方式が見られるようになってきた。「プジョー3008ハイブリッド4」は量産初のディーゼルハイブリッドとして注目が集まる。

  • 2011.12.5 コレはゼッタイ!

    K.O 7 SPIDER:乗って面白そうなクルマのイチオシ!

    次世代車がひしめく今回の東京ショーにも、運転する面白さを追求したクルマの姿があった。「ラディカルSR3 SL」と迷った結果、「K.O 7 SPIDER」に軍配を上げた理由は?

  • 2011.12.5 コレはゼッタイ!

    トヨタFCV-R:スタイリングもイチオシ!

    燃料電池車としてのメカニズムもさることながら、「FCV-R」はそのスタイリングもなかなかの力作だ。これを次世代のトヨタデザインの基調にしてほしいところだ。

  • 2011.12.5 コレはゼッタイ!

    スズキ・レジーナ:この目ヂカラにやられた!

    まずはこの顔つき。ちょっとつり目で、じーっと見つめられて、今回のイチオシカーに決めてしまった。それと800ccという「中途半端な」排気量も興味深い。近い将来、日本の排気量区分が見直される前兆か?

  • 2011.12.5 コレはゼッタイ!

    トヨタ・プリウスPHV:ディカプリオにも買ってほしい

    今回の東京ショーの主役は、まちがいなく低環境負荷の次世代車である。その中でも、このクルマの存在感や説得力は飛び抜けていた。「プリウスPHV」の量販開始は、「クルマの根本価値」にかかわる大事件と言っていい。

  • 2011.12.5 コレはゼッタイ!

    フォルクスワーゲン・ザ・ビートル:低くワイドに伝統継承

    成功したクルマのモデルチェンジは難しい。ましてや、ビートルのような偉大なクルマのリデザインとなると、困難を極めるだろう。しかし「ザ・ビートル」で、フォルクスワーゲンはうまくやってのけたと思う。上陸が待ち遠しい。

  • 2011.12.3 コレはゼッタイ!

    日産スマートハウス&リーフ:クルマはやがて建築の一部になる?

    今はまだ、EVは電気をもらうだけの存在だ。しかし近々、逆に住宅に電気をあげることができるようになるらしい。そうなると、「住宅用電池を買ったらクルマ機能が付いてきた」なんて言われる時代が来るかもしれない!?

  • 2011.12.3 コレはゼッタイ!

    ダイハツFC商CASE:これぞ“ゆるキャラ”ナンバーワン!

    かつて東京モーターショーでは“ゆるキャラ”カーがごく普通に生息していた。しかし今や絶滅危惧種に。浮かれたコンセプトカーがあってこそ、トーキョーショーだと思うのだけど……。

  • 2011.12.3 コレはゼッタイ!

    フォルクスワーゲンNILS:リタイアしたら乗りたいEV!

    主要な展示ホールからちょっと離れたところに、「スマートモビリティシティ2011」のブースはある。近未来のクルマ社会を提示するこの展示の中に、このイチオシカーはたたずんでいた!

  • 2011.12.2 コレはゼッタイ!

    ホンダEV-STER:こんな時代だからこそEVで正解

    「ビート」の再来か? と噂されていたスモールスポーツコンセプトがついにベールを脱いだ。名前は「EV-STER(イーブイ スター)」。やはり、こういう時代だから、そのままビートを復刻しても芸がない。だから、電気自動車なのだ。

  • 2011.12.2 コレはゼッタイ!

    アウディA1スポーツバック:ファミリーカーに十分なりうる

    振り返れば、「アウディA1」の原型となるコンセプトカー「アウディ・メトロプロジェクト」は東京ショーで公開された。だから、5ドアの「A1スポーツバック」がここ東京でデビューするのは自然な成り行きだ。

  • 2011.12.2 コレはゼッタイ!

    プロミネンス コミューティング デバイス(PCD):コミューターは自分で造るもの?

    今後、自動車メーカーが本格的に参入してきそうなシティーコミューターの分野。「PCD」は、この分野におけるエンスーなアプローチの元祖になるかもしれない!?

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。