【東京モーターショー2005】「ポルシェ・ケイマンS」お目見え スピーチは企業の話題が主

2005.10.20 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】「ポルシェ・ケイマンS」お目見え スピーチは企業の話題が主

今回の東京モーターショーにおいてポルシェは7台のクルマ(ケイマンS、4台の911、ボクスター、カイエンターボ)を展示した。そのうち本邦初登場2台の911カレラ4(クーペ&Sカブリオレ)およびケイマンSである。目玉は当然、ケイマンSだ。

■話題も内容も力強い

プレスブリーフィングでスピーチを行ったハンス・リーデル副社長(販売&マーケティング担当)は、各車の紹介の前に先日のポルシェによるVW株20%取得を話題にあげ、これが「VWに対する敵対的買収を狙う投資家にたいするポルシェの回答」と述べた。VWからの部品の供給は、ポルシェの総売上の30%近くにもおよび、VWグループの独立性の維持はポルシェにとっても見過ごせない大問題なのだ。

展示車で注目のモデルは先月のフランクフルトショーでお披露目されたケイマンS。フランクフルトで展示されたシルバーメタリックに代わり、今回はコバルトブルーでの登場だ。ミドシップされるエンジンは最高出力295psを発生し、最高速は275km/hにも達するという。これだけの動力性能を持ちながら、リアのトランクスペースにはゴルフバッグが2個収納可能とリーデル氏があえて説明したのは、日本市場を意識したせいだろうか。それとも、スポーツカーとはいえ、実用性は世界的な自動車販売に必須のファクターということか。

最後に、2009年導入予定のフロントエンジン4ドアクーペ“パナメーラ”について語られ幕を閉じた。展示車両は販売モデルばかりだが、その内容や話題は、好調ポルシェを反映した力強いものだった。

(NAVI 森本)

 
【東京モーターショー2005】「ポルシェ・ケイマンS」お目見え スピーチは企業の話題が主の画像


 
【東京モーターショー2005】「ポルシェ・ケイマンS」お目見え スピーチは企業の話題が主の画像

ハンス・リーデル副社長
 

	ハンス・リーデル副社長
	 


 
【東京モーターショー2005】「ポルシェ・ケイマンS」お目見え スピーチは企業の話題が主の画像

関連キーワード:
ケイマン, 911, ボクスター, カイエン, ポルシェ, 東京モーターショー2005, イベント, 自動車ニュース

ポルシェ ケイマン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • 「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場 2020.2.12 自動車ニュース 英アストンマーティンは2020年2月12日(現地時間)、「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」を発表し、予約注文受け付けを開始した。
  • 「日産セレナ」に車中泊用収納ベッドを備えた「マルチベッド」が登場 2020.2.10 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年2月10日、ミニバン「日産セレナ」に車中泊仕様の「マルチベッド」を設定し、販売を開始した。あわせて「NV200バネット」の車中泊仕様「マルチベッドワゴン」を一部改良し、同年1月31日に発売したと発表した。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
ホームへ戻る