2シーターヤングアストン「V8ヴァンテージ」お披露目【ジュネーブショー05】

2005.03.04 自動車ニュース

【ジュネーブショー05】2シーターヤングアストン「V8ヴァンテージ」お披露目

2005年3月1日、100周年を迎えた第75回ジュネーブ国際自動車ショーが、プレスデイで開幕した。
アストンマーチンでは、「V8ヴァンテージ」のプロダクションモデルがお披露目された。『webCG』青木禎之のリポート。 

ポルシェ911に真っ向勝負を挑むアストンマーチン、「V8ヴァンテージ」のプロダクションモデルが、正式にお披露目された。昨2003年のデトロイトショーでコンセプトが披露された「ナインイレブン・イーター」は、ヨーロッパでは晩夏、北米その他の地域では、今年中に販売が開始される。

2シーターのヤングアストンは、380psのアウトプットを誇る4.3リッターのオールアルミV8をフロントミドに搭載、グラツィアーノ製の6段MTは、デフの前に置かれる。トランスアクスルレイアウトの恩恵で、前後重量配分は、非常に良好な49:51を実現したという。

オールアルミの8気筒は、吸気側可変バルブタイミング機構を備えた32バルブ“ドライサンプ”ユニットで、1570kgのボディを、0-100km/h=5.0秒の勢いで押し出す。
アルミニウムの構造材に、スティール、アルミ、マグネシウムと、各種素材を用いたボディのサイズは、全長×全幅×全高=4383×1866×1255mm。ホイールベースは、兄貴分DB9より140mm短い2600mmとなる。

(webCG青木禎之)

2シーターヤングアストン「V8ヴァンテージ」お披露目【ジュネーブショー05】の画像



2シーターヤングアストン「V8ヴァンテージ」お披露目【ジュネーブショー05】の画像



2シーターヤングアストン「V8ヴァンテージ」お披露目【ジュネーブショー05】の画像

関連キーワード:
V8ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン V8ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • 「マセラティ・グラントゥーリズモ」の最終モデル「ゼダ」発表 次期モデルは同ブランド初のピュアEVに 2019.11.12 自動車ニュース 伊マセラティは2019年11月11日(現地時間)、「グラントゥーリズモ」および「グランカブリオ」のモデナ工場での生産終了をアナウンスするとともに、最終生産を祝して誕生した「グラントゥーリズモ ゼダ」を公開した。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
ホームへ戻る