クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第170回:「日産ノート」メディア対抗エコチャレンジに挑戦

2013.02.05 エディターから一言

第170回:「日産ノート」メディア対抗エコチャレンジに挑戦

自動車関連19メディアが参加

学期末に渡される通信簿には、必ずといっていいほど「ちゃんと先生の話を聞きましょう」と書かれていた。遠足の集合場所や始業式の日取りを間違えるなど、幼少の頃の私には説明の重要なポイントを聞き逃してしまうというクセがあった。
しかしそれは、不真面目だからというのではなく、単純に要点を聞き漏らしてしまうだけなのである。実際、始業式は予定よりも1日早く勘違いしてしまい、冬休みを丸一日損したのだから、怠けていたわけではない。

そんな思い出話は置いといて、今日は「日産ノート」を駆ってのメディア対抗「エコチャレンジ」に参加するために日産の本社へとやって来ている。
横浜の日産本社から、ノートに搭載されるエンジンを製造している名古屋の愛知機械工業熱田工場までをノートで往復し、その燃費を競うというこの企画、自動車雑誌やウェブサイトなどの自動車関連19メディアが参加して開催されるメディア対抗戦である。
われわれ『webCG』からは、ワタクシ工藤と高橋信宏カメラマンが参戦することとなった。

まずは日産本社の一室でルール説明と、省燃費運転のコツを聞く。
ここで、例の悪いクセが出てしまった。先生の、いやルール説明をしてくれた日産ギャラリーのコンパニオン「ミス・フェアレディ」の話をちゃんと聞かなかったのである。
このルール認識不足が後半、『webCG』チームに重くのし掛かるのであった。

(僕が把握した)ルールは9時20分にスタートし、15時までに愛知機械工業熱田工場に到着。そこまでのデータを中間発表し、その後名古屋中心部のホテルへ移動し宿泊。翌朝は9時にスタートし、15時までに再び横浜の日産本社へと戻ってくる。その間の燃費データを競うというものだ。ちなみに燃費データはノートのメーター内に表示されるコンピューターの数値で判断する。そして、到着時間に遅れた場合、1分当たり0.1km/リッター分の燃費値をマイナスするペナルティーが科される。

本社玄関前で記念撮影をし、いよいよ出発である。
工藤・高橋はバツグンのチームワークで準備を整え、出発予定時刻よりも早くスタートさせることができた。
その時間を利用して、まずは横浜市内で撮影だ。
もちろんそのための移動も燃費データとして評価の対象となる。

撮影の合間にあらためて車内を確認すると、ありがたいことにサンドイッチの昼食が用意されていた。昼食のために停車して、燃費値が下がらないようにという配慮だろう。
車両撮影も済ませ、いよいよ本格的にエコランスタート、といったタイミングで、われわれはまずこれを食べた。
サンドイッチの状態のまま車内に置いておくよりも、早い段階で体内に摂取し、すばやく代謝して熱エネルギーに変換した方が、重量的な観点から燃費向上に貢献するのではないか、などという理由ではなく、ドライバー・カメラマンとも空腹だったからである。
さて腹ごなしも済んで、ここからが本番だ。

「ミス・フェアレディ」によるルール説明。美声に聞きほれてしまい内容が頭に入らなかった。
「ミス・フェアレディ」によるルール説明。美声に聞きほれてしまい内容が頭に入らなかった。 拡大
本社前にて参加者記念撮影の後、出発する。
本社前にて参加者記念撮影の後、出発する。 拡大
「ミス・フェアレディ」が燃費値をリセット。ここからスタートだ。
「ミス・フェアレディ」が燃費値をリセット。ここからスタートだ。 拡大
走行中のショットを収めるために、時間と燃料を使ってしまった。
走行中のショットを収めるために、時間と燃料を使ってしまった。 拡大
第170回:「日産ノート」メディア対抗エコチャレンジに挑戦の画像 拡大
ちなみに、エコチャレンジ中の写真からベストショットを「ミス・フェアレディ」が選ぶ、フォトコンテストも行われた。われわれも工夫を凝らして撮影したが、残念ながら選外。
ちなみに、エコチャレンジ中の写真からベストショットを「ミス・フェアレディ」が選ぶ、フォトコンテストも行われた。われわれも工夫を凝らして撮影したが、残念ながら選外。 拡大
第170回:「日産ノート」メディア対抗エコチャレンジに挑戦の画像 拡大

人の話はちゃんと聞こう

アクセルペダルの開度を一定に保ち、できるだけ加減速しないように走行する。急激にアクセルペダルを踏み込むのは御法度だ。ノートのECOモードには「スムース発進アシスト」機能が備わっており、アクセルペダルに対するスロットルの反応を自動的に緩やかにしてくれるのだが、念には念を入れてジワリと踏み込んでゆく。
前車との車間距離を十分にとり、さらにその先の交通状況を見きわめることも、無駄な加減速、つまり無駄な燃料の消費を抑えることにつながるのだ。

首都高速を抜け横浜新道、東名高速をノートはひた走る。いちばん左の車線をのんびりと、時速80km程度で巡航する。このようなペースで走っていると、メーター内の瞬間燃費計は30km/リッターを表示する。下り坂でアクセルを離していても30km/リッターの表示なので、それ以上の数値でも、表示は30km/リッター止まりなのだろう。
この数字よりできるだけ落とさないような走りが、省燃費走行の鍵になるようだ。

ノートは御殿場を過ぎ、新東名高速道路へと入る。ここまでの燃費値は22km/リッターを表示している。
出発直後、横浜市内で撮影するために数km走行した時点では10km/リッター台だったので、大幅に伸びてはいるが、市街地走行の影響でおそらく他の参加者よりは悪い数値になっているだろう。

1日目の燃費値は25.5km/リッター。
1日目の燃費値は25.5km/リッター。 拡大
愛知機械工業熱田工場の皆さんに出迎えられてチェックポイント到着。
愛知機械工業熱田工場の皆さんに出迎えられてチェックポイント到着。 拡大
「ノート」低燃費化の立役者、「HR12DDR」の組立ラインを見学。
「ノート」低燃費化の立役者、「HR12DDR」の組立ラインを見学。 拡大

しかし、ここから先が燃費の稼ぎ時だ。80km/h程度で走る大型トラックの後について、スリップストリームで空気抵抗を減らす作戦に出た。
もちろん、あんまり車間距離を詰めすぎると危険なので、適度に離れるのだが、それでもなんとなくアクセルが軽くなるような気がする。
到着締め切りの15時に到着することを考えながら速度の調整をしつつ、東名高速、伊勢湾岸道を経由して、名古屋高速へと入る。

1日目のチェックポイント、愛知機械工業熱田工場に到着したのは15時数分前だった。
ここで運営スタッフから燃費計のチェックを受ける。この数値が1日目の中間成績となるのだ。
メーターに表示されていた燃費値は25.5km/リッター。ノートの燃費値はJC08モードで24.0km/リッター(われわれが乗っている「X DIG-S」の数値)なので、それは上回っている。

熱田工場では、ノートに搭載されるスーパーチャージャー付き直噴1.2リッター直3エンジン「HR12DDR」の生産ラインを見学した。
その後、燃費順位の中間発表。この時点でのトップは『ENGINE』チームで、燃費値はなんと29.9km/リッター。しかも、燃費計の数値は30.0km/リッターで、到着締め切り時刻を1分オーバーしてしまい、その分差し引かれての29.9km/リッターだというのだ。
この時点で、優勝の夢ははるか遠くにかすんでしまった。

そしてもうひとつ、夢が遠くなる現実を突きつけられてしまったのだ。
到着締め切り時刻が15時ではなく、スタートしてから5時間30分後だというルールを知ったのである。てっきり、15時に到着すればそれでいいと思っていた。「早くスタートしたからのんびりでいいや」というのは間違いだったのだ。
やはり先生とミス・フェアレディの話はちゃんと聞くべきだ。


第170回:「日産ノート」メディア対抗エコチャレンジに挑戦の画像 拡大
名古屋駅前にて記念撮影。もちろんこの際の時間と燃費もスコアに含まれる。
名古屋駅前にて記念撮影。もちろんこの際の時間と燃費もスコアに含まれる。 拡大

しかも、出発時刻をきちんと把握していなかったので、われわれがどれくらいの時間で名古屋までたどり着いたのかわからない。
順位の中間発表も、上位3チームとブービーチームに限られていたため、『webCG』チームのペナルティー加算後の燃費値がどれくらいなのか知ることはできない。
暗澹(あんたん)たる気持ちでホテルに戻り、暗澹たる気持ちで夕飯の名古屋名物手羽先を食べたのであった。

2日目の朝、名古屋を出発。
2日目の朝、名古屋を出発。 拡大

第170回:「日産ノート」メディア対抗エコチャレンジに挑戦の画像 拡大
サービスエリアにて休憩。ブルーの「ノート」は偶然一緒になった『CAR GRAPHIC』チーム。調子はどうですか? の問いに「ぼちぼちです」と答えていたが、総合2位にランクインしていた。
サービスエリアにて休憩。ブルーの「ノート」は偶然一緒になった『CAR GRAPHIC』チーム。調子はどうですか? の問いに「ぼちぼちです」と答えていたが、総合2位にランクインしていた。 拡大

25.7km/リッターでゴール

さて、翌朝。2日目のスタートだ。
われわれ『webCG』チームの昨日のスコアがどれくらいだったのかわからないまま、横浜の日産本社を目指す。
昨日とは逆のルートをたどって横浜を目指すのだが、帰路は休憩をできるだけ減らし、本気モードで低燃費を狙った。

ノートのECOモードでは、CVTに備わる傾斜計で道路の状態を判断し、登り坂になった時も車速維持がしやすい設定になっているのだが、CVTの変速比とエンジン音を聞きながら、右足のスロットルペダルを微妙に開閉していると、とても足が疲れる。
けれども、真剣に右足に意識を集中していると、エンジンの回転に対するクルマの挙動が足の裏にじんわりと伝わってくる感じがするのだ。
これは新しい発見だった。CVTのクルマはMT車に比べてそういう感覚に鈍感だと思っていたが、CVTでも微妙な感覚は楽しめるのか。

途中運転を高橋カメラマンと交代しつつ、ノートは横浜新道へ。この時点で燃費計は26.2km/リッターを示していた。
そしていよいよ横浜みなとみらいに入り、ゴールとなった。
ゴール直前の市街地走行で燃費計の表示は26.1km/リッターになり、ゴール時の経過時間は11時間4分。11時間でゴールする必要があったのでペナルティーは4分、つまり燃費計の数値マイナス0.4km/リッターで、最終スコアは25.7km/リッター。最終順位は全19チーム中16位であった。
ちなみに総合1位は『ホリデーオート』の30.3km/リッター(!)、2位は『CAR GRAPHIC』の29.8km/リッター、3位は『XaCAR』の29.7km/リッターという結果となった。

ゴールテープをくぐってエコチャレンジ終了。
ゴールテープをくぐってエコチャレンジ終了。 拡大
燃費計の数値は26.1km/リッターを表示。
燃費計の数値は26.1km/リッターを表示。 拡大
惜しくも(大差で)表彰台は逃したが、低燃費走行はとても楽しかった。
惜しくも(大差で)表彰台は逃したが、低燃費走行はとても楽しかった。 拡大

上位入賞とはいかなかったが、それでも26.1km/リッターという数値はなかなかではないか。往復約700kmのうち、高速道路がほとんどを占めてはいるが、若干の市街地走行も含めての数値である。
真剣に心を配って走れば、ガソリンの消費はここまで抑えられるのだ。しかも、できるだけ燃料を使わないように走るのは、クルマと対話しているようで、けっこう楽しい。
燃費を意識して走ることの大切さと、人の話を聞くことの重要さをあらためて知った、今回の挑戦であった。

(文=工藤考浩/写真=高橋信宏)

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。