クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第157回:実車の走りをバーチャルに再現!? これがトヨタ流「新たなクルマの楽しみ方」

2012.09.10 エディターから一言

第157回:実車の走りをバーチャルに再現!?これがトヨタ流「新たなクルマの楽しみ方」

「実際にドライブしたクルマの動きを、テレビゲームやスマートフォンの画面上で再現する」――そんな新システムが完成したという。
一体どんなものなのか? 富士スピードウェイで試してみた。

実車とゲームをデータでリンク

最初は何を取材しに行くのかさっぱり分からなかった。「『トヨタ86(ハチロク)』と『グランツーリスモ』を連携させるシステムが体験できるそうです」と『webCG』の編集スタッフに言われても、一方はリアル、もう一方はバーチャル。それがどうすれば連携できるのかと、もうすぐ50代に突入する僕はチンプンカンプンだったのだ。

でも現場に行って関係者の話を聞いたら、ちょっと理解できた。
現在の自動車は「86」に限らず、高度にコンピューター制御されている。トヨタが「VSC」と呼ぶ横滑り防止装置などは、縦横Gやアクセルペダル開度、ステアリングの回転角度など、あらゆる情報をセンサーでモニタリングし、「CAN(Controller Area Network)」と呼ばれるシステムで統括して、作動をコントロールしている。

だからこのCANにGPSを介して得られる位置データを組み合わせれば、サーキットなどでの走行データが採取できる。それをUSBメモリを介して家庭用ゲーム機「プレイステーション」に取り込んだり、Bluetoothを使ってスマートフォンに送れるようにしたプラットフォームが、トヨタとデンソーが共同開発した今回の主役、「CAN-Gateway ECU」だ。

トヨタとデンソーではこのプラットフォームを、まず2013年春から、86でレースを行う関係者にモニター提供し、同年末に正式発売を予定しているという。似たようなプロダクトが、アフターマーケットに存在しなかったわけじゃないけれど、メーカー自らが開発した例は初めてではないだろうか。

 
第157回:実車の走りをバーチャルに再現!? これがトヨタ流「新たなクルマの楽しみ方」の画像 拡大
体験会場で「CAN-Gateway ECU」について説明する、「トヨタ86」のチーフエンジニア 多田哲哉氏。実車の走行データを身近な端末上で再現することにより、リアルとバーチャルを交えたモータースポーツや運転上達のための練習ができるなど、クルマの楽しみ方が広がるという。
体験会場で「CAN-Gateway ECU」について説明する、「トヨタ86」のチーフエンジニア 多田哲哉氏。実車の走行データを身近な端末上で再現することにより、リアルとバーチャルを交えたモータースポーツや運転上達のための練習ができるなど、クルマの楽しみ方が広がるという。 拡大
「写真奥に見える『86』のエンジン回転数を、スマートフォン上に表示する」デモの様子。ゆくゆくは水温などのデータまで採取・蓄積できるようにし、「ドライビング・アプリ」として活用することも検討されている。
「写真奥に見える『86』のエンジン回転数を、スマートフォン上に表示する」デモの様子。ゆくゆくは水温などのデータまで採取・蓄積できるようにし、「ドライビング・アプリ」として活用することも検討されている。 拡大
これが、今回開発された“システム”。写真下方に見える箱状のものが「CAN-Gateway ECU」で、四方に伸びているのは、GPSアンテナやUSBインターフェイス、システムの起動スイッチなど。
これが、今回開発された“システム”。写真下方に見える箱状のものが「CAN-Gateway ECU」で、四方に伸びているのは、GPSアンテナやUSBインターフェイス、システムの起動スイッチなど。 拡大

意外な開発の裏舞台

この日は富士スピードウェイのコースで86を走らせたあと、走行データをグランツーリスモでチェックするというメニューが組まれていた。意外だったのはその前のプレゼンテーションで説明を担当したのが、リアルな86のチーフエンジニアを務める多田哲哉氏だったことだ。

多田氏によれば、86では「iPhone」のように、ハードウエアそのものだけでなく、アプリでも楽しめるような環境を用意したかったとのこと。そのためにはどうすれば良いか考えているうちに、CANのデータを使うという発想が生まれたという。リアル部門のチーフがバーチャルも担当していることを含めて、いい意味でトヨタらしからぬ柔軟な発想にちょっと驚かされた。

富士スピードウェイを走るのはひさしぶり。しかもクルマはテールハッピーなことで知られる86ということでちょっと緊張したけれど、結論から先に言えば、高速コースでも安全に、そして存分に楽しめる魅力的なスポーツカーだった。
でもこの日の主役は86ではない。いい汗かきつつピットに戻ると、メカニックがグローブボックスを開け、USBメモリを差し込み、ボタンを押してデータの吸い出しを始めた。作業は1分ぐらいで完了。早速そのUSBメモリをプレイステーションに差し込んでチェックする。こちらの吸い出しも速かった。映像そのものを記憶させているわけじゃないから、容量はそんなに大きくなさそうだ。

 
第157回:実車の走りをバーチャルに再現!? これがトヨタ流「新たなクルマの楽しみ方」の画像 拡大
体験会の舞台となった富士スピードウェイで「トヨタ86」を走らせる筆者。この走りが、テレビゲームの画面上にそのまま再現できるって!?
体験会の舞台となった富士スピードウェイで「トヨタ86」を走らせる筆者。この走りが、テレビゲームの画面上にそのまま再現できるって!? 拡大
走行データをUSBメモリに回収しているところ。データの取り出し口は、商品になる段階ではグローブボックスに設けられる予定。
走行データをUSBメモリに回収しているところ。データの取り出し口は、商品になる段階ではグローブボックスに設けられる予定。 拡大

ソフトで広がるクルマの楽しみ

映像はコースカメラ、車体後方からの俯瞰(ふかん)、コックピットからの前方視界など数種類を、コントローラーで自由に選択できる。ほんの数分前までリアルに走っていたシーンが、バーチャルで再現されるのだ。「初音ミクに初めて出会ったとき」並みの感動!? しかも、自分の運転はどうなのかが手に取るように分かるから勉強にもなる。

そもそもこれをすべてリアルでやってのけようとしたら、大変なことになる。コース上や車内に何台もビデオカメラを設置し、計測機器やソフトウエアをいくつも買い集めなければならない。それが、86とプレイステーションさえ用意すればできるのだ。

しかも将来的には、データを介してレーシングドライバーと走りを比べたり、世界のどこかにいるユーザーと“対戦”したりもできるとのこと。スロットル開度やギアボジションなどさまざまなデータを表示できるから、エコランのために役立たせることも可能だろう。

このプラットフォーム、現在の対象車種は86だけだが、他のトヨタ車も同様のCANを用いているから、ECUの装着さえできれば、どんなモデルでも今回体験したような楽しみ方ができるという。これがあれば、デジタル世代にもクルマを操る喜びを伝えられるかもしれない。知れば知るほど将来に期待を抱かせてくれる技術だった。

(文=森口将之/写真=高橋信宏)


実走行シーンと再現映像の比較動画
走行データを元にしたバーチャル映像では、実際の運転がどれくらいリアルに再現されるのか? 開発中のデモ用動画でご覧ください。

先ほどの走りを、『グランツーリスモ』上で再現してみる。説明にあたるのは、同ソフトを手がけるポリフォニー・デジタルのスタッフ。
先ほどの走りを、『グランツーリスモ』上で再現してみる。説明にあたるのは、同ソフトを手がけるポリフォニー・デジタルのスタッフ。 拡大
「トヨタ86」のセンターコンソール(写真)上で、シフトレバーの奥に見える青い小さなボタンが、「CAN-Gateway ECU」のオン/オフスイッチ。これを押すことで、車体のドリフトアングルも含めたさまざまなデータが採取されるのだ。
「トヨタ86」のセンターコンソール(写真)上で、シフトレバーの奥に見える青い小さなボタンが、「CAN-Gateway ECU」のオン/オフスイッチ。これを押すことで、車体のドリフトアングルも含めたさまざまなデータが採取されるのだ。 拡大
 
第157回:実車の走りをバーチャルに再現!? これがトヨタ流「新たなクルマの楽しみ方」の画像 拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。