ホンダ、いよいよ「S2000」を発売

1999.04.16 自動車ニュース

ホンダ、いよいよ「S2000」を発売(4/16)

ホンダは、FRのオープンスポーツカー「S2000」を発売した。250psの2リッターDOHCエンジンを搭載し、排ガスもクリーンなのが特徴だ。

4月15日に発売となった「ホンダS2000」は、同社としては「S800」以来の本格FRスポーツカーだ。ボディはオープン2シーターで、約6秒で開閉する電動ソフトトップを備えている。インテリアではプッシュボタン式エンジンスターターを採用し、レーシーな雰囲気を高めている。エアコンには、腰下全体を暖める「オープンモード」を設定し、オープン走行時の快適性を高めたという。

エンジンは新開発の2リッター直DOHC4バルブVTEC。従来のVTECを進化させると共に、高回転化とフリクションの低減や、充填効率を向上させて高出力化を図った。この結果、最高出力は自然吸気ながらリッター125psに相当する250ps/8300rpm、最大トルクは22.2kgm/7500rpmを得ている。

トランスミッションは新開発の6速MT。クロスレシオに設定されており、超軽量フライホイールや、高剛性ドライブシャフトの採用により、「加速レスポンスを向上させ、一体感のある加速感も実現」したという。トランスミッションケースに十分な剛性を確保した上で、ケースにシフトニットに直結した「ダイレクトチェンジ機構」も採用。シフトタッチのダイレクト感を高めたとしている。

排ガス対策も画期的だ。触媒の急速な温度上昇を実現するためのマルチポート排気2次エアシステムや、メタルハニカム触媒の採用などによって、技術的に困難とされてきた、コールドスタート時からの効率的な排ガスのクリーン化を実現している。これらの技術によって「S2000」は2000年(平成12年)排ガス規制最初の適合車として認可されたのみならず、CO、HC、NOxともに同規制値を約50パーセント下回っているという。燃費は10・15モード走行で12.0km/リッターとなっている。

ボディ構造はモノコックだが「ハイXボーンフレーム」と呼ばれるフレームを与えることで、クローズドボディ同等以上の剛性と衝突安全性を実現したとしている。これはボディ中央部に位置するフロアトンネルをメインフレームの一部として活用し、これに前後のサイドメンバーを、同じ高さでX字型につないだものだ。この結果、前面フルラップ衝突55km/h、前面オフセット衝突64km/h、側面衝突50km/h、後面衝突50km/hでの安全性を確保したという。歩行者の障害軽減のため、ボンネットヒンジやワイパーピボットに衝撃軽減対策を施すなどの措置も行われている。

サスペンションは前後とも「インホイール型」とよばれるダブルウィッシュボーンを採用。横力に対応するアーム構造とした上で、コンパクト化と低重心化のために、アームの大半がホイール内に入るレイアウトを採用している。サスペンション全体を、ボディにリジッド結合したサブフレームにマウントするなどして、レスポンスと限界を向上させている。ダンパーはフローティングピストンタイプのシングルチューブ分離加圧式を採用。50対50の重量配分とあいまって、ロールレスポンスや路面の追従性、4輪の接地性、限界性能とスタビリティを高めているという。

ボディカラーは「シルバーストーンメタリック」「ベルリナブラック」「ニューフォーミュラレッド」「モンテカルロブルーパール」「インディイエローパール」「グランプリホワイト」の6色。内装は黒のファブリックが標準で、オプションで赤または黒の革内装も用意されている。気になる価格は338.0万円と発表された。

青山のホンダ東京本社で行われた発表会見で、吉野浩行社長は「S2000の魅力は、回せば回すほど良くなるエンジン、ボディのしっかり感、圧倒的なレスポンスの高さの3つに集約されます」とコメント。その完成度に自信のほどをうかがわせた。

海外のメディアからも絶賛され、一部からは「NSXよりもスポーティ」との声も聞かれるS2000。予約も殺到しているそうです。(Web CG スヤマ)

 
ホンダ、いよいよ「S2000」を発売の画像

関連キーワード:
S2000, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ S2000 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ホンダS2000」の発売20周年を記念した純正アクセサリー発売 2020.2.20 自動車ニュース ホンダアクセスは2020年2月20日、2019年に発売から20周年を迎えた「ホンダS2000」用の純正アクセサリーの予約注文受付を開始した。2020年6月26日に発売する。
  • ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】 2008.10.3 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)/NSX-R(MR/6MT)
    ……432万6000円/1255万4850円

    スポーツの秋、ドライブの秋。なのにお寒いニッポンのスポーツカー市場。“走りのクルマ”に未来はないのか!? ホンダの2台を駆って、その魅力を探った。 
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
  • インディアン・スカウト100thアニバーサリーエディションを試す 2020.3.31 乗って知る“アメリカンレジェンド”インディアンの今<AD> バイク製造に乗り出したのは1901年と、アメリカでも“最古”の歴史を誇るオートバイメーカー、インディアン。あまたの伝説に彩られたこのブランドは、どのような魅力を秘めているのか? ラインナップの一翼を担う「スカウト」の100周年記念モデルで確かめた。
ホームへ戻る