クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第257回:クルマも「ミラーレス時代」に突入せよ!

2012.08.10 マッキナ あらモーダ!

第257回:クルマも「ミラーレス時代」に突入せよ!

ミラーひとつにも思い出たくさん

クルマを運転しているとき、「十年一日のごとく変わらないなぁ」と思う自動車パーツのひとつに、ドアミラーがある。それを改良したり生産したりしている方々に対しては少々失礼であるものの、ワイパーとともに原理的には自動車の草創期からまったく変わっていない。

それでもミラーには、さまざまな思い出がある。
ボクが自動車教習所に通い始めた1984年には、すでにフェンダーミラーだけでなく、ドアミラーも道路運送車両法によって認可されていた。
だが認可から1年しか経過していなかったこともあり、教習車だったトヨタの初代「クレスタ」はフェンダーミラーのままであった。
当時のボクはフェンダーミラーを、自動車雑誌『CAR GRAPHIC』などを読んでダサいと信じ込み、同時に新聞記事から輸入車を不利にする悪名高き非関税障壁の代表例と決めつけていた。
だが免許取得後、家にあったドアミラー車に乗ってみると、運転中の視線移動がフェンダーミラーより大きく、慣れるのに時間がかかった。いや、怖かった。

加えて「フェンダーミラーのほうが、ウサギの耳のようでカワイイ!」というクラスメイト女子の発言を聞くにおよび、本気でフェンダーミラーを後付けしようかと考えたくらいだ。

一方、就職して初めて自分の給料で買ったクルマ、1991年型「フィアット・ウーノ」のドアミラーは縦横比が当時のF1マシン風で、そのスタイリッシュさから電動角度調整がないことも気にならなかった。
個人的には、当時アメリカ車のミラーに記され始めた「投影物が近くにいることがあります」という断り書きも、製造物責任の訴訟問題に揺れた時代の産物とはいえ、どこかカッコよく映ったものだ。

それだけ外国車のミラーに陶酔していたにもかかわらず、現在、東京でフェンダーミラーの付いた「トヨタ・クラウンコンフォート」を見ると、欧州で見られないエキゾチック感から妙にシビれているという、自己矛盾がある。

「日産ジューク」欧州仕様車のドアミラー。
「日産ジューク」欧州仕様車のドアミラー。 拡大
1983年「フィアット・ウーノ」。
1983年「フィアット・ウーノ」。
拡大
東京都内にて。フェンダーミラーが付いた「トヨタ・クラウンコンフォート」(写真右)。
東京都内にて。フェンダーミラーが付いた「トヨタ・クラウンコンフォート」(写真右)。 拡大

大矢アキオ、公式謝罪

その日本車のミラーといえば、過去にさまざまな試みがあったものだ。
1980年に登場した初代「日産レパード」は、フェンダーミラーにワイパーを備えていた。その後トヨタ車に登場する超音波による雨滴除去システムからすると実に原始的でほほ笑ましい。同時に「路上に駐車しておいても、折られたり持っていかれたりといった、いたずらされる心配が少ない日本だからこそ実現できた装備である」と、少し前にフロントワイパーを2本とも盗まれてしまって泣いたイタリア在住のボクは思うのである。

同じ日産系で1989年にオーテックジャパンが発売した「ザガートステルビオ」には、フロントフードと一体化した奇抜なミラーが採用されていた。

しかしながら最大のヒットは1984年の「日産ローレル」に世界初として装着された電動格納式ドアミラーであろう。あれは、あっぱれだった。渡辺貞夫演奏によるBGMとともにテレビCMでそれが紹介されたとき、自称・自動車エンスージアストの人々は「くだらない子どもじみた装備」として冷笑したものだ。ボクもそうだった。

しかし今や名だたる欧州車にも採用されている。ボクが今イタリアで乗っているクルマにも付いている。狭い道での路上駐車の際にうっかりミラーを畳んでおくのを忘れ、荒っぽく横を通過するドライバーに折られる心配がなく、本当に楽ちんだ。

登場当時、高校生の分際で自動車ジャーナリスト気分になり生意気を言っていた自分を恥じる。電動格納式ミラー開発にあたった日産および関連企業の人に対し、ここに正式に謝罪表明したい。

1980年「日産レパード」(F30型)。
1980年「日産レパード」(F30型)。 拡大
「日産レパード」(F30型)のダッシュボード。フェンダーミラーのワイパーに注目。
「日産レパード」(F30型)のダッシュボード。フェンダーミラーのワイパーに注目。 拡大
電動格納式ミラーを備えた「日産ローレル」(C32型)。
電動格納式ミラーを備えた「日産ローレル」(C32型)。 拡大
「日産ローレル」(C32型)のインパネ。ダッシュボード右端にミラーの操作スイッチが見える。
「日産ローレル」(C32型)のインパネ。ダッシュボード右端にミラーの操作スイッチが見える。 拡大
「メルセデス・ベンツCクラスクーペ」のドアミラー。
「メルセデス・ベンツCクラスクーペ」のドアミラー。 拡大
ドイツ・シュトゥットガルトにある「メルセデス・ベンツ ミュージアム」。
ドイツ・シュトゥットガルトにある「メルセデス・ベンツ ミュージアム」。 拡大
2011年「ベルトーネ・ジャガーB99」のサイドビューカメラ。
2011年「ベルトーネ・ジャガーB99」のサイドビューカメラ。 拡大

まずはスペアミラーから

デザイン面からみて近年秀逸なのは、メルセデス・ベンツのドアミラーだと思う。内蔵されたターンシグナルランプのカットは、シュトゥットガルトにある同社のミュージアムを連想させる。今からでも遅くないから、トヨタは愛知県長久手市の博物館を模したミラーをデザインしてほしいものである。

しかしながら空力を研究するエンジニアからすれば、突き出したミラーは疲労困憊(こんぱい)して研究開発センターから家に帰ったとき騒いでいるわが子以上に、厄介な存在に違いない。

そこで登場するのが、コンセプトカーにみられるようになって久しい小型カメラを使ったサイドビューのモニターだろう。あれなら左右の出っ張りを最小限に抑えられる。

アウディが年内欧州発売予定の「R8 eトロン」にルームミラーの代わりとして、ついに7.7インチAMOLED(アクティブマトリックス式有機EL)モニター採用を明らかにしただけに、「ついでにドアミラーも」という思いが募る。

イタリアのとあるカロッツェリアのスタッフに聞いたところ、幸いこの国ではコンセプトカーなら適用される保安基準はゆるいので、今日でもリアビューカメラ&モニターだけの装着で公道走行が可能と証言してくれた。
今や軽自動車にも車両直後を映し出すリアビューカメラ&モニターがカーナビとセットで装着できる時代である。コスト的にはまったく問題ないはずだ。

ただし現実は厳しい。多くの国の保安基準で、サイドビューカメラ&モニターは今もって量産車に採用するのは不可能な状態という。それは故障を考えてのことであるのは容易に想像できる。

そこでボクが提案したいのは、まずは暫定措置としてスペアタイヤならぬスペアミラーを載せていればOK、というふうに基準緩和を促すことである。万一モニター映像が映らなくなった場合、Aピラー付近に彫っておいた溝に臨時の鏡をするっと差し込めるようにしておく。
将来、カメラ&モニターの信頼性が証明された暁には、スペアタイヤがパンク修理キットに差し替えられているように、鏡自体の必要性が薄くなってゆくだろう。そうすれば、しめたものだ。

「ベルトーネ・ジャガーB99」のダッシュボード。左右両端にモニターが備えられている。
「ベルトーネ・ジャガーB99」のダッシュボード。左右両端にモニターが備えられている。 拡大
2012年「イタルデザイン・ジウジアーロ ブリヴィド」のダッシュボード。ステアリングコラム両端にサイドビューモニターが装着されている。視線移動が「B99」より少ないだろう。
2012年「イタルデザイン・ジウジアーロ ブリヴィド」のダッシュボード。ステアリングコラム両端にサイドビューモニターが装着されている。視線移動が「B99」より少ないだろう。 拡大
「ブリヴィド」のコクピットに収まり、サイドビューモニターの量産車装着を願う筆者近影。
「ブリヴィド」のコクピットに収まり、サイドビューモニターの量産車装着を願う筆者近影。 拡大

サイドビューモニターが普及すれば「交差点では隣の車がミラーこすったと怒鳴っているから……」という山口百恵「プレイバックpart2」の歌詞は永遠に過去のものとなるだろう。

それで思い出したが、わが家の女房は数年前パリで自転車に乗っているときに通りがかりの「ジャガーSタイプ」のミラーとぶつかり、走り去る相手に向かって日本語のようなフランス語のようなわけわからん言葉で恫喝(どうかつ)していた。路上を平和にするためにも、自動車のミラーレス化を一日も早く実現してもらいたい。

(文=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA/写真=Akio Lorenzo OYA、FIAT、日産自動車、Mercedes-Benz、Italdesign-Giugiaro>

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。