クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第255回:【Movie】大矢アキオと走れ! 太陽の道

2012.07.27 マッキナ あらモーダ!

第255回:【Movie】大矢アキオと走れ! 太陽の道

憧れだった「太陽の道」

アウトストラーダ・デル・ソーレ(太陽の道)−−その昔、日本の自動車雑誌の海外試乗記を読んでいると、その響きも手伝って、夢の高速道路のように思えたものだ。

おさらいをしておくと、太陽の道は北部ミラノから南部ナポリまでイタリア半島を南北に縦断する総延長約760kmの幹線高速道路である。今回の動画は、そのうちミラノからフィレンツェまで約295km、休憩も入れておよそ4時間を走ったものである。

しかし、イタリアに住んでみると、太陽の道への憧れは次第に砕かれていった。まず、普段からわざわざ「アウトストラーダ・デル・ソーレ」と長い名前で呼んでいるイタリア人はいなかった。「アウトソーレ」と縮めて呼ぶ場合はあるが、それも新聞記事などが中心で、あまり一般的ではない。
ほとんどの人は正式名称であるアウトストラーダ1号線を示す「A1」と呼んでいる。イタリア語だと「アーウーノ」という。それを聞くたび思わず故・大平正芳元首相の現役時代によく用いられた物まね「あーうー」を思い出してしまう。

それはともかく、A1は設備が古い。ガードレールはさび、頭上をまたぐ橋のコンクリートも劣化しているものが多い。中央分離帯も、単純にコンクリートブロックで区切られた区間がほとんどだ。

ボローニャ−フィレンツェ間にあるアペニン山脈区間は、A1の中で一番の難所にもかかわらず片側2車線で、平日は大型トラックが走行車線を数珠つなぎで走っている。カーブの曲率は、高速道路にしてはきつすぎる。

それでいて、イタリア版ETCである「テレパス」や、ナンバープレートを自動で読み取り、区間ごとの旅行時間を計測して速度違反を取り締まる「チューター」と呼ばれるシステムは、欧州各国に先かげて導入された。「チューター」は安全走行に寄与していると考えれば納得がいくが、それにしてもお金を取ることだけには気合いが入っている。

「太陽の道」という甘い響きを感じる唯一の憩いシーンは、夏、所々に乱れ咲く無数のヒマワリたちだけである。

「太陽の道」レッジョ・エミリア付近。
「太陽の道」レッジョ・エミリア付近。 拡大
可変表示板の下には、旅行時間計測による自動速度取り締まりシステム「チューター」のナンバー読み取り機も設置されている。
可変表示板の下には、旅行時間計測による自動速度取り締まりシステム「チューター」のナンバー読み取り機も設置されている。 拡大
パルマにて。有名なパスタメーカー「バリッラ」の本社工場の脇を通る。
パルマにて。有名なパスタメーカー「バリッラ」の本社工場の脇を通る。 拡大

世界最長の戦後史博物館!?

だが調べてみると、古いのも仕方がないことがわかってくる。A1が全線開通したのは1964年。昭和39年である。イタリアが奇跡の戦後経済成長を謳歌(おうか)していたころだ。専門家によれば、完成時の交通量は、その時点で計画時の予想を大きく上回っていたという。

計画時からすると半世紀以上が経過しているのが今日のA1だ。2代目「フィアット500」が国民車だった頃の道を、いまだ使っていると考えれば、いかに無理があるかわかってくるだろう。
幸いにして、ここ10年でミラノ−ボローニャ間は3車線化の工事が終了した。ここはひとつ、アペニン区間の拡幅工事が1日も早く完了することを願うばかりだ。

と、文句を書き連ねたが、物流輸送の大半をトラックに頼るイタリアで、このA1がなければ、今夜のわが家の晩飯材料にも事欠くことは事実だ。とくに行きつけの格安スーパーのトラックが走っているのを目撃するたび、この高速道路に足を向けて寝られないことを実感するのである。

また沿道には戦後イタリアが最も輝いていた時代をしのばせる施設がちりばめられているのも面白い。
例えば北部平原に伸び伸びと建てられた工場群だ。パルマ郊外の有名なパスタメーカー「バリッラ」の本社工場は、建物の白い壁が延々と続く。以前、同社の歴史部門担当者がボクに誇らしげに語ってくれたところによると「製品の高い品質と衛生管理をイメージさせるための白」なのだという。

過去に本欄で何度となく紹介した、走るクルマを見下ろしながら食べられる陸橋式サービスエリア食堂は、モータリゼーションの仲間入りを果たしたばかりの家族にとって、最高のエンターテインメントだったに違いない。
また、フィレンツェの平野に道路開通と同時期に建てられたモダンな教会は、高速道路とともに地域が発展した時代を物語る。

太陽の道はイタリアの大動脈であると同時に、数百kmにわたる世界最長の戦後史博物館だ。そしていつか、ローマに向かった古代の街道、巡礼者がたどった中世の街道に並ぶイタリア交通史になるぞ、とボクは信じている。

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

大矢アキオと走れ! 太陽の道(その1)

大矢アキオと走れ! 太陽の道(その2)

(文と写真・動画=大矢アキオ Akio Lorenzo OYA)

この先にあるスタンド4カ所のガソリン価格と軽油価格を示した表示板。ただし一瞬にして読むのは、かなりきつい(写真は2008年8月撮影)。
この先にあるスタンド4カ所のガソリン価格と軽油価格を示した表示板。ただし一瞬にして読むのは、かなりきつい(写真は2008年8月撮影)。 拡大
「A1」は料金所によって、イタリア版ETC「テレパス」や「カード用自動支払機」「収受員」の配列が違うのでヒヤヒヤする。
「A1」は料金所によって、イタリア版ETC「テレパス」や「カード用自動支払機」「収受員」の配列が違うのでヒヤヒヤする。 拡大
イタリア版新幹線「フレッチャロッサ(赤い矢)」「フレッチャアルジェント(銀の矢)」と並走することも。
イタリア版新幹線「フレッチャロッサ(赤い矢)」「フレッチャアルジェント(銀の矢)」と並走することも。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。