クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第253回:【Movie】ダチアと左官屋さんが運んできた「新しいヨーロッパ」

2012.07.13 マッキナ あらモーダ!

第253回:【Movie】ダチアと左官屋さんが運んできた「新しいヨーロッパ」

わが家の上の左官屋さん

11年前、シエナ旧市街のアパルタメントに引っ越したときのことだ。上階にはルーマニア人の左官屋さん兄弟が住んでいた。故郷に家族を残し、イタリア人の親方のもとで出稼ぎとして働いていた。
ルーマニア語は東欧では珍しく、イタリア語と同じロマン諸語である。コミュニケーションが比較的容易なため、多くのルーマニア人がイタリアの建設現場に働き口を求めてやって来るのだ。

あるとき、ボクがイタリアにおける外国人事情ということで彼らを取材しようとしたら、「まだ滞在許可証の申請中だから」と及び腰な返事が返ってきた。ちなみにその頃、彼らはイタリア人から「エクストラコム二ターリ(EU域外人)」と呼ばれていた。彼らの家では、年に数回祭りを開くらしく、エキゾチックな民族音楽が聞こえてきたものだ。しかししばらくして、彼らはわが家の上階から姿を消した。

ボクがレンタカーで借りることになった「ダチア・サンデロ ステップウェイ」。
ボクがレンタカーで借りることになった「ダチア・サンデロ ステップウェイ」。 拡大
「ダチア・サンデロ ステップウェイ」のボディーサイズは、全長4024mm、全幅1753mm、全高1750mm。
「ダチア・サンデロ ステップウェイ」のボディーサイズは、全長4024mm、全幅1753mm、全高1750mm。 拡大

突然ローコストカー

話は変わって、2012年5月中旬のことだ。ショパンの恋人だったことで有名な作家ジョルジュ・サンドが暮らしたフランス中部アンドル県を旅するべく、ボクはパリのオルリー空港でレンタカーを借りることにした。

普段は最低価格のレンタカーを借りるボクだが、このときは若干長距離、かつ荷物がかさむこともあり、最低からもうひとつ上のグレードを選んで予約しておいた。当日用意されていたクルマはダチアの「サンデロ ステップウェイ」であった。ご存じの読者も多いと思うが、ダチアとはルノーのローコストブランドである。今や世界各地の工場で作られているが、もともとの本拠地はルーマニアだ。

「サンデロ」はひと足先に投入された「ローガン」同様、フランスのルノー・テクニカルセンターで開発が行われ、2007年に登場したモデルである。プラットフォームは「ルノー・クリオ」(日本名:ルーテシア)やローガンなどと同じ「B0」といわれるもので、ルーマニア、ブラジル、ロシアなどの工場で生産されている。今回借りることになった「ステップウェイ」はブラジルで2008年に発表されたサンデロの派生車種だ。ノーマル仕様と同じFF車でありながら、SUVルックをまとっている。

1.5dCiディーゼルエンジンは基本的に「ルノー・トゥインゴ」や「クリオ」などに搭載されているものと同じ。メーカー発表の市街地・郊外混合燃費は20km/リッターである。
1.5dCiディーゼルエンジンは基本的に「ルノー・トゥインゴ」や「クリオ」などに搭載されているものと同じ。メーカー発表の市街地・郊外混合燃費は20km/リッターである。 拡大
「ダチア・サンデロ ステップウェイ」のダッシュボード。質素ではあるが、先に投入された「ローガン」よりも細部の加工に手が込んでいる。
「ダチア・サンデロ ステップウェイ」のダッシュボード。質素ではあるが、先に投入された「ローガン」よりも細部の加工に手が込んでいる。 拡大

立派になったが……

最低グレードでも「フォルクスワーゲン・ポロ」が当たるときもあるだけに、実を言うと「おいおい、レンタカー会社独自のグレード分けとはいえ、ひとつ上でダチアかよ」というのが、キーを渡されたときの正直な気持ちだった。

唯一の慰めは、燃費のよいディーゼル仕様の1.5dCi(88hp)であったことだった。ともかく、キリスト昇天祭の祝日に合わせてプチ休暇に向かうフランス人ドライバーたちにもまれながら、まずはオルレアン方面に向かって南下する。するとどうだ。ボディーの剛性感はドイツ系コンパクトプレミアムには及ばぬものの、例えば10年前のルノー・クリオより明らかに優れているではないか。制限速度130km/hのオートルート巡航も無理なくこなし、そのトルクにより、追い越し加速も他車に互して十分安全に行える。

それでいて、一般的に高いディーゼル仕様にもかかわらず、価格は1万2000ユーロちょっとだ。パワーウィンドウやリモコンキーといったものも標準である。わずか十数年前の格安イタリア車に、ラジオはおろか助手席側ドアミラーさえ付いていなかったのと雲泥の差だ。
先進国の産業空洞化という負の事実は百も承知だが、新興工業国の安い労働力のたまものである。ダチアが2011年に欧州で26万台以上も登録された背景が、おのずとわかってくる。日本の自動車雑誌ばかり読んでいては見えてこない事実だ。

唯一の心配は、サンデロの前身、ローガンよりかなり立派になったことである。捨て身ともいえるムダな経費切り詰めを標榜(ひょうぼう)して開業したディスカウントストアが、年とともに初心を忘れ、より見栄えよく、収益率の高い既存店舗に変身してしまうことはよくあることだ。
ダチアをコントロールするルノーには、かつて戦後大衆車史に残る「4(キャトル)」を生んだメーカーであることを忘れないでいてほしい。

ローコストカーとはいえ、リモコンキーはもちろん、オーディオの手元コントローラーまで付いている。
ローコストカーとはいえ、リモコンキーはもちろん、オーディオの手元コントローラーまで付いている。 拡大
欧州のルノーディーラーは、ダチアの看板も同様に掲げている。これはボクが住むイタリア・シエナのもの。
欧州のルノーディーラーは、ダチアの看板も同様に掲げている。これはボクが住むイタリア・シエナのもの。 拡大
カタログに表示された荷室容量は320リッターから1200リッター。形状も適切で、中型スーツケースなら、後席を倒さずとも2個縦積みで収容できる。
カタログに表示された荷室容量は320リッターから1200リッター。形状も適切で、中型スーツケースなら、後席を倒さずとも2個縦積みで収容できる。 拡大

人もクルマも新時代

 

 

冒頭のルーマニア人左官屋さんに話を戻そう。少し前、兄弟の兄貴に街でばったり再会した。聞けば、彼らはイタリア人親方のもとから独立していた。家族もルーマニアから呼び寄せ、今やみんなで郊外の広い家に住んでいるのだという。何より彼らの国は今や欧州連合のメンバー(2007年加盟)だ。兄貴の顔には、滞在許可証申請中だったときのおびえはなく、もはやイタリア人と同じEU圏国民になった自信にあふれていた。

 

人もクルマも過去の“ヨーロッパ感”では語れない時代。立派になったダチアと、兄貴の笑顔が重なった。

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

「ダチア・サンデロ ステップウェイ」に試乗(前編)

「ダチア・サンデロ ステップウェイ」に試乗(後編)

(撮影と編集=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

アンドル県にあるジョルジュ・サンドが過ごした家の前で。右にあるのは、彼女の恋人だったショパンの像。
アンドル県にあるジョルジュ・サンドが過ごした家の前で。右にあるのは、彼女の恋人だったショパンの像。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。