「アストン・マーティンV12ザガート」本邦初公開

2012.06.11 自動車ニュース

アストン・マーティン、限定車「V12ザガート」を都内で披露

アストンマーティン・アジアパシフィックは2012年6月10日、限定車の「V12ザガート」を都内でプレス関係者およびカスタマーにお披露目した。

「V12ザガート」は、1960年代初めに生産された「DB4GTザガート」の生誕50周年を記念して企画された高性能モデル。その名のとおり、アストン・マーティンとイタリアのカロッツェリアであるザガートとのコラボレーションによるものだ。

V12ザガートは、まずそのコンセプトカーが2011年5月、イタリア北部コモ湖畔で開催されたクラシックカーのコンテスト「コンコルソ・ヴィラ・デステ」に登場した。その年の6月にはレース仕様車がニュルブルクリンク24時間レースに参戦し、2012年のジュネーブショーには市販モデルが姿を見せた。そして今回、日本で初めて公開された。

ベース車両は「V12ヴァンテージ」。517psの最高出力と58.1kgmの最大トルクを発生するオールアロイの6リッター48バルブV12エンジンや、6段マニュアルトランスミッション、前後ダブルウィッシュボーンのサスペンション、カーボンセラミック・ブレーキシステムといったV12ヴァンテージの基本コンポーネンツはそのままに、エクステリアとインテリアにザガート流のモディファイが施されている。

大きく口を開けたグリル、ボディーサイドの大きなエアアウトレット、マッシブなリアフェンダー、ダブルバブル形状のルーフ、リアウイング、赤いステッチに彩られたバケットシートなどが、レーシーかつアグレッシブなムードを醸し出す。エレガントなスタイルのV12ヴァンテージに比べると、ずっと野性的である。職人のハンドワークによって仕立てられるボディーは、限定車「ONE-77」で培われた軽量化が図られ、ボンネット、ルーフ、ドアはアルミニウム製、前後のフェンダー、トランクリッドにはカーボンコポジット素材が使用される。

このV12ザガートは、全世界で150台の限定。限られたカスタマーのために用意されたスーパーなアストンである。今年秋からデリバリーが始まる予定で、日本での価格はまだ発表されていない。

(文=阪和明/写真=アストンマーティン・アジアパシフィック)

アストン・マーティンV12ザガート
アストン・マーティンV12ザガート 拡大

「アストン・マーティンV12ザガート」本邦初公開の画像 拡大

「アストン・マーティンV12ザガート」本邦初公開の画像 拡大

「アストン・マーティンV12ザガート」本邦初公開の画像 拡大

関連キーワード:
V12ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
  • 第57回「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」 2014.7.11 水野和敏的視点 R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす当企画。今回の主役は「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」。コンパクトなボディーに573psの“強心臓”を隠したダイナマイトブリットを、ミスターGT-Rはどう評価する?
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
ホームへ戻る