新型「メルセデス・ベンツSLK55 AMG」販売開始

2012.05.09 自動車ニュース

新型「メルセデス・ベンツSLK55 AMG」販売開始

メルセデス・ベンツ日本は、ハイパフォーマンスな2シーターオープン「SLK55 AMG」の新型を日本市場に導入。2012年5月9日に発売した。

メルセデス・ベンツの「SLK55 AMG」は、「SLK」シリーズのトップモデルとなる、ハイパフォーマンス・オープンカー。

その象徴となる強心臓には、新開発の5.5リッターV8直噴エンジン「M152」ユニットが採用され、先代の「SLK55 AMG」(360ps、52.0kgm)を大幅に上回る、422psと55.1kgmを発生する。
0-100km/hの加速タイムは4.6秒で、最高速度はリミッターの作動する250km/h。一方で、気筒休止システムやECOスタートストップ機能も搭載し、先代モデル比70%アップとなる11.2km/リッター(JC08モード)の燃費を実現した。

組み合わされるトランスミッションは、3種類の走行モードが選べる「AMGスピードシフト 7Gトロニックプラス」。シフトダウン時は自動でブリッピングを行い、高負荷時におけるシフトアップでは、点火および燃料噴射を制御して変速にかかる時間を短縮する。

そのほか、「ダイレクトステアリングシステム」に「トルクベクトリングブレーキ」、走行環境により排気音を調節する「AMGスポーツエグゾーストシステム」など、“走りのメカニズム”は満載。
さらにオプションで、専用の「AMGスポーツサスペンション」や「リミテッド・スリップ・デフ」「AMGパフォーマンスステアリング」などがセットになった「AMGハンドリングパッケージ」も用意される。

また内外装についても、ハイパフォーマンスモデルにふさわしく、専用のグリルやエアロパーツ、高級なナッパレザーのスポーツシート、IWCデザインの専用アナログ時計などが与えられる。

価格は1090万円。ハンドル位置は左のみ用意される。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツSLK55 AMG」(写真は欧州仕様車)
「メルセデス・ベンツSLK55 AMG」(写真は欧州仕様車) 拡大
新開発の「M152」ユニット。ふたつのターボを備える「M157」ユニットをベースに、ターボを除き、新設計のシリンダーヘッドが組み合わされた自然吸気エンジンだ。
新開発の「M152」ユニット。ふたつのターボを備える「M157」ユニットをベースに、ターボを除き、新設計のシリンダーヘッドが組み合わされた自然吸気エンジンだ。 拡大

新型「メルセデス・ベンツSLK55 AMG」販売開始の画像 拡大
インテリアの様子。
インテリアの様子。 拡大
メルセデス・ベンツも「圧倒的な走行性能とトップレベルの適合性を両立したハイパフォーマンスロードスター」と胸を張る新型「SLK55 AMG」。日本国内でのデリバリー開始は、2012年6月が予定されている。
メルセデス・ベンツも「圧倒的な走行性能とトップレベルの適合性を両立したハイパフォーマンスロードスター」と胸を張る新型「SLK55 AMG」。日本国内でのデリバリー開始は、2012年6月が予定されている。 拡大

関連キーワード:
SLKクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ SLKクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • 「AMG SL65」の装備を取り入れた特別仕様車「メルセデス・ベンツSL400グランドエディション」登場 2019.10.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年10月30日、メルセデス・ベンツのオープンスポーツモデル「SL」に特別仕様車「SL400グランドエディション」を設定し、同日、予約受注を開始した。「AMG SL65」用の装備や「SL400」に通常設定されていない装備が採用されている。
  • メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を発表 新時代のユーザーインターフェイスを提案 2020.9.3 自動車ニュース 独ダイムラーが7代目となる新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表。新しいコンセプトが取り入れられたユーザーインターフェイスが特徴で、立体映像やVR技術を用いた情報表示、ジェスチャーによる各種機能の操作など、多数の新機軸が取り入れられている。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
ホームへ戻る