「ホンダ・アコード」の通信機能が充実

2012.04.05 自動車ニュース

「ホンダ・アコード」の通信機能が充実

本田技研工業は、「アコード」「アコードツアラー」の仕様を一部変更。あわせて新グレードも追加し、2012年4月5日に発売した。

今回、「アコード」および「アコードツアラー」のラインナップに、通信費無料で各種情報サービスを利用できる「リンクアップフリー」に対応した「20TL インターナビパッケージ」が新たに追加された。

価格は、「アコード 20TL インターナビパッケージ」が294万5000円で、「アコードツアラー 20TL インターナビパッケージ」が319万5000円。

また、既存のグレードである「タイプS」「タイプS アドバンスパッケージ」には、価格据え置きのまま、上記リンクアップフリーとHondaインターナビ、プログレッシブコマンダー、ETC車載器が与えられた。

(webCG 関)

「ホンダ・アコード 20TL インターナビパッケージ」
「ホンダ・アコード 20TL インターナビパッケージ」 拡大
 
「ホンダ・アコード」の通信機能が充実の画像 拡大
「アコードツアラー 20TL インターナビパッケージ」
「アコードツアラー 20TL インターナビパッケージ」 拡大

関連キーワード:
アコード, アコードツアラー, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ アコード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • 月販たったの300台! それでも新型「アコード」を日本で売るワケ 2020.2.21 デイリーコラム スタイリッシュに生まれ変わったホンダのセダン「アコード」。しかし、国内の取り扱いグレードは1種類だけで、月あたりの販売計画はたったの300台。それでビジネスとして成り立つのか? 開発責任者に話を聞いた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る