日産の新しい軽、第2弾は「デイズ ルークス」

2013.03.27 自動車ニュース
「日産デイズ ルークス」のデザインスケッチ。
「日産デイズ ルークス」のデザインスケッチ。 拡大

日産の新しい軽スーパーハイトワゴン、車名は「デイズ ルークス」

日産自動車は2013年3月25日、三菱自動車との協業によって企画・開発を進めている軽自動車の第2弾モデルの車名を「日産DAYZ ROOX(デイズ ルークス)」とすると発表した。2014年初頭の発売を予定している。

第1弾モデルの「日産デイズ」。2013年6月発売予定。
第1弾モデルの「日産デイズ」。2013年6月発売予定。 拡大

■「日産セレナ」のノウハウをフィードバック

今回スケッチが公開されたスーパーハイトワゴン「日産DAYZ ROOX(デイズ ルークス)」は、日産と三菱の協業による新型軽自動車の第2弾モデルとなる。現行「日産ルークス」の後継車として2014年初頭に発売される予定だ。

日産は、三菱との日本市場における軽自動車事業に関わる合弁会社、NMKVで商品企画・開発を行っており、まずはハイトワゴン「日産DAYZ(デイズ)」を協業第1弾として2013年6月に発売する。

協業という形で軽自動車を開発するにあたり、日産は商品企画・開発・デザインの段階から携わっている。そのため、自社のブランドアイデンティティーをエクステリアデザインへより明確に反映させたり、ミニバンのヒット作「日産セレナ」で培ったノウハウをデイズ ルークスに採り入れたりできるなど、より自社の強みを反映したクルマ作りが可能になるという。

具体的には、デイズ ルークスでは、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車に求められる快適で広い室内空間、乗り降りのしやすさ、優れた燃費などの実現がテーマとなっており、開発は順調に進められているとのことだ。

今後、日産は商品企画やデザインに自社のDNAを反映したNMKV製の軽自動車を「日産DAYZ(デイズ)シリーズ」として販売していく予定。

(webCG)

関連キーワード:
デイズ, デイズ ルークス, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更 予防安全装備の機能を強化 2020.8.20 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更。予防安全・運転支援システムの設定を拡大するとともに、センサーにミリ波レーダーを採用し、機能を強化した。「ハイウェイスター」シリーズの安全装備の拡充や、ボディーカラーへの新色追加もトピックとなっている。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.9 試乗記 フルモデルチェンジで「デイズ ルークス」から名前が変わった、日産の新型軽「ルークス」。200万円級のプライスタグを付けるそのトップグレードは、家庭のさまざまなニーズに応えてくれるであろう、驚くべき実用車だった。
ホームへ戻る