クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第2回:突撃! ソウルモーターショー2013 後編 
カムリのカー・オブ・ザ・イヤー受賞に見る、韓国のお国柄

2013.04.26 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ

なぜ「カムリ」はカー・オブ・ザ・イヤーを取れたのか?

再びのコリアネタですが、みなさん知ってます? しばらく前にひそかに話題になった、「韓国カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)に『トヨタ・カムリ』!」の記事。クルマ好きたるもの、この記事、見逃しちゃいけませんがな。

相手はトコトン日本意識の韓国。ご存じサッカー、野球、スケートはもちろんモノ作りでもライバル心メラメラで、自動車界も家電界に続けと思ってること確実。中でもクルマはご存じヒュンダイグループに牛耳られており、現地報道によれば今回のCOTY授賞式をヒュンダイ首脳陣が怒ってボイコットしたとか。実際過去2回は「ヒュンダイi40」に「キアK5」といずれも韓国車の受賞だからして。
しかし、日本でも地元COTYはメーカー間のプライドをかけた戦いであり、激しいプレゼン合戦が繰り広げられる。つまり今回の出来事は、いわばその一党独裁政権の中で、妙にリベラルな○×党が政権を取ったような現象であり、果たして一体ナニが起こったのか? ソウルショーに行ったついでに関係者を直撃してみました。

まずは肝心の選考委員、チャーリー・チェさん。「グローバル・オートニュース&コンサルティング」という調査会社の社員でもある。
「実は韓国にもカー・オブ・ザ・イヤーは2つあって、一つは4年前にでき、もう一つは去年できました。カムリが取ったのは最初の方のものなんです」
日本もそうだが韓国でもこの手の賞モノは複数あり、一応権威があるのは最初ので、現在選考委員は33人。内訳は新聞関連が20人、雑誌関連が13人だという。
「ただし、メディアの状況はかなり違っていまして、日本はフリーの自動車ジャーナリストが選びますが、韓国にはフリーランスはほとんどいない。代わりに新聞記者がやるんです」
ぶっちゃけ韓国には自動車専門メディアが少ない。日本みたいに専門誌だけで100誌以上もないわけで、となると、おのずと新聞記者が代わりを務める。さらに新聞の自動車担当は2~3年で変わる場合が多く、要するに「趣味人はあまりいない」のが特徴なのだ。
一部いるフリーランスにしてもほとんどが副業で、ユンジンさんも本業は投資銀行のアナリスト。かな~り日本とは状況が違うのだ。
「そもそも他と同じようにはやろうとは思ってなくて、独自路線です。バリュー、ブランド、品質、燃費、競争力、パフォーマンスを冷静に判断したいと考えています」

どうやら韓国COTYはあまり「好き」や「情熱」には揺り動かされない。ある意味、リベラルってことのようなのだ。なんか意外ですなぁ。

2013韓国カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた「トヨタ・カムリ」。ちなみに2位は「BMW 3シリーズ」、3位は「ヒュンダイ・サンタフェ」と、欧州の高級車や地元の強敵を抑えての快挙だった。
2013韓国カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた「トヨタ・カムリ」。ちなみに2位は「BMW 3シリーズ」、3位は「ヒュンダイ・サンタフェ」と、欧州の高級車や地元の強敵を抑えての快挙だった。
    拡大
日本と同様、韓国でも市場における国産車のシェアは圧倒的。中でもヒュンダイグループ(ヒュンダイとキア)は7割を占める。
日本と同様、韓国でも市場における国産車のシェアは圧倒的。中でもヒュンダイグループ(ヒュンダイとキア)は7割を占める。
    拡大
韓国COTY選考委員のチャーリー・チェさん(右)。
韓国COTY選考委員のチャーリー・チェさん(右)。 拡大

意外にリベラルな韓国ユーザー

さらにお次、突撃したのは韓国トヨタのペ・キ・ユンさん。
「ありがとうございます。確かにカムリが評価されたのは総合力だと思います。もともとトヨタといえば『品質が高い』イメージなんですが、加えて今回の7代目カムリはメチャクチャお買い得になりました。おそらくそこが評価されたんでしょう」

実は今、韓国は空前の外車ブームだったりする。根元はご存じ韓国が欧州と北米間で新たに結んだFTA(自由貿易協定)の影響で、一時あった10%の輸入関税は段階的に下げられており、最終的には5年以内に撤廃される。
よって新型カムリは、日本からではなく、北米のケンタッキー工場から輸入され、日本から入っていた旧型6代目に比べ、価格はほぼ100ウォン下がって装備倍増。グレードによってはタイヤ空気圧センサーまで標準。具体的にはカムリのガソリン2.5リッター車が3370万ウォン(1ウォン0.09円換算で、約303万3000円)、ハイブリッド車が4170万ウォン(同じく約375万3000円)。
比べると、ライバルの「ヒュンダイ・グレンジャー」のガソリン車が約3400万ウォン。装備を含めるとトヨタの方が確実にお買い得だとか。さらに……。
「ハイブリッド車の燃費で比べると、韓国基準で『カムリ・ハイブリッド』が16.4km/リッターで、『ソナタ・ハイブリッド』が16.8km/リッター。数値的にはソナタの方が上ですが、ソナタは事実上のマイルドハイブリッドで、走らせればカムリの方が速い。同じパフォーマンスならばカムリの方が上です」(トヨタ関係者)とのこと。
そうでなくとも価格引き下げで輸入車全体が買いやすくなっており、韓国市場における輸入車比率は2012年に初めて10%を突破。トヨタも初の1万台超えで波に乗っているのだ。

さらに、意外に思ったのはペ・キ・ユンさんの最後の一言。
「それから例の竹島問題ですが、トヨタは全然販売の影響を受けなかったんです。実際、9月、10月で販売が落ちたなんて報道出てないですよね?」

実際にそうなのだ。中国が例の尖閣騒ぎで9月以降、最悪マイナス40%以上も落ちているのに対し、韓国はほぼ影響を受けてない。結構、過激にも思える韓国人感情だが、こと購買に関しては冷静なのだ。
「韓国人は政治的な話と、実利的な話を分けて考えられるんです(笑)」

なにかと感情論が話題になる海外自動車ビジネスだが、こういうパターンもあるのだ。

(文と写真=小沢コージ)  

韓国で販売される「カムリ」は北米から輸入されるもの。米韓FTAの締結により、米国からの輸入関税は現在の8%から4%程度に引き下げられ、5年目にはゼロになる。日本からの輸入関税は8%のままなので、北米から運んでくる方がコストがかからないのだ。
韓国で販売される「カムリ」は北米から輸入されるもの。米韓FTAの締結により、米国からの輸入関税は現在の8%から4%程度に引き下げられ、5年目にはゼロになる。日本からの輸入関税は8%のままなので、北米から運んでくる方がコストがかからないのだ。 拡大
■韓国市場での「カムリ」のライバルといえば、ヒュンダイの「ソナタ」や「グレンジャー」など。ソナタにはハイブリッド車もラインナップされている。
■韓国市場での「カムリ」のライバルといえば、ヒュンダイの「ソナタ」や「グレンジャー」など。ソナタにはハイブリッド車もラインナップされている。 拡大
ソウルショーの会場で、韓国トヨタの中林尚夫社長を発見。直撃したところ、「いつでもどこでもトヨタ。謙虚に努力しなければいけません」とのコメントをいただきました。
ソウルショーの会場で、韓国トヨタの中林尚夫社長を発見。直撃したところ、「いつでもどこでもトヨタ。謙虚に努力しなければいけません」とのコメントをいただきました。 拡大
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。