クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第182回:日本市場は大きなチャレンジです
ロールス・ロイスの対日戦略を聞く

2013.05.15 エディターから一言

回復の兆しが表れた日本経済。新型2ドアクーペ「レイス」を投入したロールス・ロイスは、日本のマーケットをどのように見ているのか? 同社のアジアパシフィック担当リージョナルディレクター、ポール・ハリス氏に聞いた。

若い世代からの関心に期待

2013年3月のジュネーブショーがワールドプレミアとなった「レイス」。“史上最もパワフルなロールス・ロイス”とうたわれ、632psを発生する6.6リッターV型12気筒ツインターボを搭載。わずか4.6秒で、2360kgのボディーを100km/hまで加速させる。そもそもレイスとは、どんなクルマなのか?

――ロールス・ロイスは、レイスという名前を2度、使っていますね。1938年に出た、“小型のファントムIII”とでもいうべき初代。そして70年代には、「シルバーシャドウ」のストレッチ版として。今回のレイスは、もちろん、初代のスピリットを受け継いでいると思いますが……。

その通りです。私も、“38年に出たレイスの21世紀版”ということができるのではないかと考えています。初代のレイスは、「パワー」「スタイル」「ドラマ」、この3点において、ほかのどのクルマをも凌(しの)いでいました。新しいレイスも、同じコンセプトを踏襲しています。

――かつてのレイスは、“ヤング・サルーン”と呼ばれたこともありました。ニューレイスも、“相対的に”若者向けですね。

たしかに、デザインからして、若者を意識しているところがあります。日本市場では、実際に自分で運転する「ドライビングカー」と受け取られることでしょう。4人が乗れて、ロールス・ロイスのラインナップ中、最もパワフルなクルマ。そういった観点からも、若い人たちを引きつけると思います。
「ファントム」は、新世代ロールス・ロイスのベンチマークを築いたクルマ。「ゴースト」は、スタイリッシュかつコンテンポラリー。そして日常使いもできるということで、若い人たちからも注目を集めました。今度のレイスは、ゴースト以上に若い世代の目を引くのでは、と期待しています。

2013年4月に都内で行われた新型「レイス」プレビュー(事前発表会)で登壇するポール・ハリス氏。
2013年4月に都内で行われた新型「レイス」プレビュー(事前発表会)で登壇するポール・ハリス氏。 拡大
ハリス氏が統括するアジアパシフィック地域は、世界で最も勢いがある市場のひとつ。中国の成長に支えられ、2011年は前年比47%増の売り上げを記録した。
ハリス氏が統括するアジアパシフィック地域は、世界で最も勢いがある市場のひとつ。中国の成長に支えられ、2011年は前年比47%増の売り上げを記録した。
    拡大
スモークとともに観衆の前に姿を現した「レイス」。プレスプレビュー会場にて。
スモークとともに観衆の前に姿を現した「レイス」。プレスプレビュー会場にて。
    拡大
コーチドアを開くと、ぜいたくなインテリアが広がる。
コーチドアを開くと、ぜいたくなインテリアが広がる。
    拡大
 
「中期的なスパンでは、ドライブトレインの変更もありうる」とハリス氏。
「中期的なスパンでは、ドライブトレインの変更もありうる」とハリス氏。
    拡大
現代的な2ドアデザインをまとう「レイス」。
現代的な2ドアデザインをまとう「レイス」。
    拡大
デザインは1950~1960年代のグランドツアラーからインスピレーションを得ているという。
デザインは1950~1960年代のグランドツアラーからインスピレーションを得ているという。
    拡大
強く傾斜したリアウィンドウが印象的なリアビュー。
強く傾斜したリアウィンドウが印象的なリアビュー。
    拡大

環境性能にも気を配る

12気筒エンジンに8段ATを組み合わせるロールス・ロイス レイス。欧州基準での燃費は、7.4km/リッターとされる。“超”高級車を手がけるメーカーとして、ロールス・ロイスが考える環境対策とは?

――レイスは、3000万円を超えるクルマです。具体的には、何歳くらいの方が購入すると予想しますか?

そうですね。具体的な情報を出すのは難しいですが、ロールス・ロイス全体の購入者平均年齢は、昨今、かなり若くなりました。“若い”をどのように定義するかという問題はありますが、日本市場で私たちが「若い」という場合は、40~50代を意味します。ほかのマーケットでは、20代を指すこともありますが、日本ではそういったケースは見られません。

――そうした“若い人”たちの価値観は変化していて、高級車といえども、いわゆる環境性能は避けて通れなくなっていると思います。どのように対応していますか?

たしかに、こういったクルマにはいくつかの問題が残るかもしれません。ただ、ロールス・ロイスの昨年の販売台数は、グローバルで見ても3500台を少し超えるくらい。大海の中の一滴に過ぎません。そのことを、まずご理解いただきたいのです。
CO2の排出量に関してセグメントの中で比較すると、類似する他車よりかなり少ないと思います。16カ月前には、日本に電気自動車の「ロールス・ロイス102EX(ファントムEE)」を持って来てテストしました。将来的には……、近い将来ではなく、中期的なスパンですが、ドライブトレインの変更もありえます。
一方で、製造工程における“環境性能”は、非常に優れています。われわれのグッドウッド工場は、このセグメントで最も環境に配慮されており、排出される物質の量も大変低く抑えられています。
モデルライフを通して、CO2の排出量をはじめとする環境に関しては、常に注意を払っています。個々のクルマに関しては、ドライブトレインの変更を含め、今後、段階的に減らしていくことになると思います。

日本市場の90%以上がビスポーク仕様

アベノミクス効果で、上り調子の経済が期待される日本市場。絶好のタイミングでレイスを投入したロールス・ロイスは、日本のマーケットをどのように見ているのか?

――アジアパシフィック地域において、ロールス・ロイスのナンバーワンマーケットは中国です。一方、数字に表れない、日本市場の特徴は何でしょう?

ロールス・ロイスのグローバル全体のナンバーワン市場、それはアメリカです。もちろん、中国でのニーズも高まっています。人口が非常に多いので、伸び率も高い。大きなポテンシャルを持っていることは間違いありません。
日本の市場には、「富裕層の数がアジアで最も多い」という特徴があります。日中を比較した場合、クルマの好みも異なります。例えば中国の場合、「黒いクルマにしたい」という希望が多く、またベージュより赤の方が人気がある。お客さまの嗜好(しこう)という点では、わりとわかりやすいのです。
日本では、もっとお客さまの好みが分かれていて、私どもにとって、大きなチャレンジになっています。それぞれの方が独自でユニークなモノを求め、差別化したいと思っている。ビスポーク仕様を選ぶ方が90%を超える。非常にいい市場ですね。
実際に私の所に来て、「こんなインテリアカラーにしたい」「自分の会社の色に合うものを」「妻が『こういう色が欲しい』と言っているんだけどね」と、お伝えいただける。うれしいことです。日本は、人口の密集度が高く、購入層が都市部に偏っているので、ご意見を聞きやすいという側面があるのかもしれませんが。

――レイスの販売において、「ベントレー・コンチネンタルGT」はライバルとなりますか? おそらく「まったく気にしていない」とおっしゃると思いますが……。

そうですね、ロールス・ロイスは超高級車セグメントなので、そもそも違います。レイスは、4人乗り。パワフルでドラマチック。本当のファストバックスタイル。ほかのクルマとは、全く違う要素を持っています。後席のヘッドクリアランス? 実際に座っていただける機会が訪れればわかるはずですが、いま考えられているクルマより、ずっと余裕があると思いますよ。

(インタビューとまとめ=青木禎之/写真=DA、ロールス・ロイス)

瀟洒(しょうしゃ)なウッドパネルは英グッドウッド工場のクラフツマンが仕上げたもの。
瀟洒(しょうしゃ)なウッドパネルは英グッドウッド工場のクラフツマンが仕上げたもの。
    拡大
左右独立式のリアシート。
左右独立式のリアシート。
    拡大
ビスポークオプションの「スターライト・ヘッドライナー」。天井に1340本の光ファイバーが編み込まれている。
ビスポークオプションの「スターライト・ヘッドライナー」。天井に1340本の光ファイバーが編み込まれている。
    拡大
「レイスは他のクルマとは、全く違う要素を持っている。ライバルはいません」とハリス氏。
「レイスは他のクルマとは、全く違う要素を持っている。ライバルはいません」とハリス氏。
    拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ロールス・ロイス レイス の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。