第182回:日本市場は大きなチャレンジです
ロールス・ロイスの対日戦略を聞く

2013.05.15 エディターから一言

回復の兆しが表れた日本経済。新型2ドアクーペ「レイス」を投入したロールス・ロイスは、日本のマーケットをどのように見ているのか? 同社のアジアパシフィック担当リージョナルディレクター、ポール・ハリス氏に聞いた。

若い世代からの関心に期待

2013年3月のジュネーブショーがワールドプレミアとなった「レイス」。“史上最もパワフルなロールス・ロイス”とうたわれ、632psを発生する6.6リッターV型12気筒ツインターボを搭載。わずか4.6秒で、2360kgのボディーを100km/hまで加速させる。そもそもレイスとは、どんなクルマなのか?

――ロールス・ロイスは、レイスという名前を2度、使っていますね。1938年に出た、“小型のファントムIII”とでもいうべき初代。そして70年代には、「シルバーシャドウ」のストレッチ版として。今回のレイスは、もちろん、初代のスピリットを受け継いでいると思いますが……。

その通りです。私も、“38年に出たレイスの21世紀版”ということができるのではないかと考えています。初代のレイスは、「パワー」「スタイル」「ドラマ」、この3点において、ほかのどのクルマをも凌(しの)いでいました。新しいレイスも、同じコンセプトを踏襲しています。

――かつてのレイスは、“ヤング・サルーン”と呼ばれたこともありました。ニューレイスも、“相対的に”若者向けですね。

たしかに、デザインからして、若者を意識しているところがあります。日本市場では、実際に自分で運転する「ドライビングカー」と受け取られることでしょう。4人が乗れて、ロールス・ロイスのラインナップ中、最もパワフルなクルマ。そういった観点からも、若い人たちを引きつけると思います。
「ファントム」は、新世代ロールス・ロイスのベンチマークを築いたクルマ。「ゴースト」は、スタイリッシュかつコンテンポラリー。そして日常使いもできるということで、若い人たちからも注目を集めました。今度のレイスは、ゴースト以上に若い世代の目を引くのでは、と期待しています。

2013年4月に都内で行われた新型「レイス」プレビュー(事前発表会)で登壇するポール・ハリス氏。
2013年4月に都内で行われた新型「レイス」プレビュー(事前発表会)で登壇するポール・ハリス氏。 拡大
ハリス氏が統括するアジアパシフィック地域は、世界で最も勢いがある市場のひとつ。中国の成長に支えられ、2011年は前年比47%増の売り上げを記録した。
ハリス氏が統括するアジアパシフィック地域は、世界で最も勢いがある市場のひとつ。中国の成長に支えられ、2011年は前年比47%増の売り上げを記録した。
    拡大
スモークとともに観衆の前に姿を現した「レイス」。プレスプレビュー会場にて。
スモークとともに観衆の前に姿を現した「レイス」。プレスプレビュー会場にて。
    拡大
コーチドアを開くと、ぜいたくなインテリアが広がる。
コーチドアを開くと、ぜいたくなインテリアが広がる。
    拡大
ロールス・ロイス レイス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】 2014.12.19 試乗記 ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス」に試乗。歴史ある高級車メーカーが現代に送り出す、“ドライバーズカー”の運転感覚や乗り心地を報告する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る