クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第299回:イタリアの“エルビス・プレスリー”はフェラーリクラブ発起人だった!

2013.06.07 マッキナ あらモーダ!

リトル・トニー

どの国にも「◯◯のエルビス・プレスリー」といわれる歌謡スターがいる。先週の月曜日、2013年5月27日に肺がんでこの世を去った「リトル・トニー」は、イタリアのエルビス・プレスリーと呼ばれた歌手だった。72歳だった。

リトル・トニーの本名は、アントニオ・チャッチ。1941年ローマ郊外の生まれだが、国籍は先祖のそれを継承してサンマリノ共和国であった。幼い頃から旅回り歌手だった父親について、各地のレストランや祭りの会場で歌を披露していた。青年時代は、当時流行していたアメリカのロックンローラーを、いち早く自分のキャラクターとして取り入れた。

そして1961年、彼が18歳のとき、同じくのちに有名となるカンツォーネ歌手のアドリアーノ・チェレンターノと組んで「2万4000回のキス」を歌い、サンレモ音楽祭で2位に入る。その後、サンレモで1位となることはなかったが、ソロシンガーとして1960年代を通じてヒット曲を続出した。
時代を超越したリーゼント風ヘア&もみあげをたくわえた風貌と、一般的ロック歌手よりも親しみやすいキャラクターで、晩年まで人気を博した。
ちなみに、彼のオフィシャルサイト(http://littletony2013.wix.com/official)を開くと、今でも歌声が自動的に流れる。

「リトル・トニーのコンサートツアー付き米国旅行が当たる」というダノン・イタリア法人製のヨーグルト。(2009年撮影)
「リトル・トニーのコンサートツアー付き米国旅行が当たる」というダノン・イタリア法人製のヨーグルト。(2009年撮影) 拡大

ついてないボクと、ついてる君

このリトル・トニーに関して、ボクは思い出がある。イタリアにやってきて間もない1990年代末、わが家の週末における娯楽は、地元スーパーでなけなしのお金をはたいて買ったテレビだった。
アパルタメントの部屋にアンテナ線も引かれていたが、実際つないでみると、形だけでまったく役にたたないことがわかった。そこで、テレビに同梱(どうこん)されていたロッドアンテナを使った。狭い部屋ゆえ、ロッドを最も長く延ばすと、ボクと女房の居場所がなくなった。

そうしてブラウン管に映った番組を見て、これまた驚いた。6月から9月の中旬まで週末のバラエティー番組が放映されなくなってしまうのだ。出演者が夏休みをとるためである。その間、代わりに放映されるものといえば「どこから掘り起こしてきたんだヨ!」と声をあげたくなるような、古い映画であった。そのなかに、リトル・トニーの主演映画があった。

そのひとつをざっと紹介しよう。
リトル・トニー扮(ふん)するトニーは、欧州線旅客機の副操縦士である。彼にはマリーザというガールフレンドがいたが、旅先で会う女性に次から次へと声をかけるトニーに、愛想を尽かしてしまう。
上司である機長も、そのように浮ついたトニーを快く思っていなかった。だが、ある日機長がフライト中に突然意識を失うと、トニーは見事に一人で着陸をこなし、旅客機は事故を逃れる。

今や欧州圏内の旅客機などは、路線バスに乗るような感覚であるが、この映画が製作されたのは、46年前の1967年である。ベルギーをはじめとする各国ロケは、それなりにゴージャスな話題であったのだろう。

ついでに明かしてしまうと、ストーリーはそこからもっとブーストする。ある日トニーは、マリーザに許しを請うため、彼女がいるデパートに飛び込み、(そんなものが実際あったのか知らないが)店内テレビの放送室から、自分が歌う姿を店中に映し出す。

当時リトル・トニーを知らなかったボクだが、往年のアイドルであることは、そのアイドル映画的な内容からすぐに察しがついた。
さらに作品タイトルでもある、店内テレビで歌った曲「Peggio per me…meglio per te(ついてないボクと、ついてる君)」は、彼の持ち歌のひとつであることも判明した。
この映画、その後もたびたびテレビ放映されたので、ボクは面白がって何度も見たものだ。リトル・トニーは、ボクのイタリア語の先生だったといってよい。

“イタリアのプレスリー”リトル・トニー逝去のニュースは、イタリアのテレビで大きく伝えられ、多くの女性週刊誌で追悼特集が組まれた。新聞雑誌スタンドの外に貼られた広告にも彼の姿が。2013年6月4日撮影。
“イタリアのプレスリー”リトル・トニー逝去のニュースは、イタリアのテレビで大きく伝えられ、多くの女性週刊誌で追悼特集が組まれた。新聞雑誌スタンドの外に貼られた広告にも彼の姿が。2013年6月4日撮影。 拡大
1959年キャデラックは、リトル・トニーの脇役としてたびたび登場した(写真は、同年の「エルドラード」)。
1959年キャデラックは、リトル・トニーの脇役としてたびたび登場した(写真は、同年の「エルドラード」)。 拡大

クルマ好きスターとして最高の最後

考えればボクがその映画を知った当時、実際のリトル・トニーはすでに50歳代半ばだったことになる。それでも彼は、雑誌のグラビアをたびたび飾っていた。それもピンクの1959年「キャデラック・フリートウッド」のフロントフード上で、ギターを抱えてポーズを作っていたりした。まさにイタリア製プレスリーである。

最初クルマは撮影用の演出かと思っていたが、やがて歯医者さんや美容院の待ち時間に読む女性週刊誌から、リトル・トニーがかなりのクルマ好きであることが判明した。さらにフェラーリクラブの地方支部長も務めていることもわかってきた。

今回の逝去を機会にイタリアの自動車専門サイト『オムニアウト』が記したところによると、リトル・トニーは1960年代初期に「アルファ・ロメオ2000スパイダー」を手に入れたのを手はじめに、「250GTスパイダー カリフォルニア」「365GTB/4デイトナ」など数々のフェラーリを手に入れている。ランボルギーニも5台乗り継ぎ、エンツォ・フェラーリやフェルッチョ・ランボルギーニと面会したことがあるという。

さらなる驚きは、前述のキャデラック・フリートウッドは彼の所有によるものだったことだ。そして例のフェラーリクラブ支部も、かつてリトル・トニー自身が発起人となって設立したものであった。

2013年5月30日、生前リトル・トニーが通っていたローマの教会では彼の葬儀が行われた。ニュースではまず、ローマ市長や彼と交流のあった芸能人たちの姿が報じられた。しかし、ボクの目をくぎ付けにしたのは、出棺の場面だった。
十数台の色とりどりのフェラーリが、ファサードの前に並んでいた。彼が設立した支部のメンバーたちが、仲間との別れにやってきていたのだった。クルマ好きだったスターとして、最高の見送られ方じゃないか!  テレビを前に、思わずそうつぶやいてしまったボクであった。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=Akio Lorenzo OYA、General Motors、Lamborghini)

1960年代の人気スターの例にもれず、彼も「ランボルギーニ・ミウラ」を所有していた。フェルッチョ・ランボルギーニと面会したこともあったという。
1960年代の人気スターの例にもれず、彼も「ランボルギーニ・ミウラ」を所有していた。フェルッチョ・ランボルギーニと面会したこともあったという。 拡大
以前ボルボオーナーとして本欄に登場したナイフショップのアントニオさん(63歳)も、リトル・トニー世代。しみじみと追悼特集の雑誌を眺めていた。
以前ボルボオーナーとして本欄に登場したナイフショップのアントニオさん(63歳)も、リトル・トニー世代。しみじみと追悼特集の雑誌を眺めていた。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。