クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第190回:コンチネンタル「TechShow 2013」を取材
クルマの自動運転技術はここまで進化している!

2013.06.19 エディターから一言

近未来のテクノロジーを体験

いま僕は怪しげな「フォルクスワーゲン・パサート」の後席に乗せられている。直線を進んでいくと、突然、歩行者(実際は歩行者に見立てた人形)がクルマの前を横切る。次の瞬間、クルマはフルブレーキで止まり、事なきを得た。まあ、ここまでは最近よく体験する「自動緊急ブレーキ」とほぼ同じ。スタート地点にクルマを戻しながら、運転席のスタッフが言う。「次はもう少しスピードを上げてみましょう」。そのあと、信じられないようなことが……。

北ドイツの都市ハノーバー(ハノーファー)。その北部に「コンチドローム」と呼ばれるテストコースがある。名前から想像がつくように、ここはコンチネンタル社の自前のプルービンググラウンド。最大傾斜58度のバンクを持つオーバルコースをはじめ、スキッドパッドやハンドリング路といったさまざまなコースが用意され、タイヤ開発などに使われている。愛車に「コンチスポーツコンタクト5」を装着してるから……というわけではないが、一度は訪れてみたい場所だった。

しかし、今回の訪問はタイヤのテストが目的ではない。「TechShow 2013」と呼ばれる技術プレゼンテーションを取材するためだ。コンチネンタルといえば、世界第4位のタイヤメーカーであり、ヨーロッパの新車装着率ナンバーワンを誇る信頼のブランド。ヨーロッパ車のオーナーにはおなじみだが、同社の売り上げに占めるタイヤの割合は3割ほどで、実はパワートレイン、シャシー、セーフティー、インテリアなどの自動車パーツの比率がタイヤを上回っている。

そんな自動車部品サプライヤーのコンチネンタルが、近未来のテクノロジーを披露するイベントがTechShow 2013である。

ドイツ・ハノーバーにあるテストコース「コンチドローム」で3日間にわたり開催されたコンチネンタルの「TechShow 2013」。ヨーロッパだけでなく、アメリカ、アジアなどから大勢のジャーナリストが詰めかけた。
ドイツ・ハノーバーにあるテストコース「コンチドローム」で3日間にわたり開催されたコンチネンタルの「TechShow 2013」。ヨーロッパだけでなく、アメリカ、アジアなどから大勢のジャーナリストが詰めかけた。 拡大
コンチネンタルといえばタイヤ。ハイパフォーマンスタイヤの「コンチスポーツコンタクト5P」の説明などが行われているブース。
コンチネンタルといえばタイヤ。ハイパフォーマンスタイヤの「コンチスポーツコンタクト5P」の説明などが行われているブース。 拡大
大径が特徴の「コンチeコンタクト」。EVやハイブリッドカー用に低転がり抵抗を実現。
大径が特徴の「コンチeコンタクト」。EVやハイブリッドカー用に低転がり抵抗を実現。
    拡大
スマートフォンやタブレットでポジションやヒーター、マッサージ機能などがコントロールできるシート。個人のセッティングがスマホに記憶されるので、携帯していればいちいちシートを調節する必要がない。
スマートフォンやタブレットでポジションやヒーター、マッサージ機能などがコントロールできるシート。個人のセッティングがスマホに記憶されるので、携帯していればいちいちシートを調節する必要がない。
    拡大
FF車をベースに、リアにモーターを装着してプラグインハイブリッド化した「アウディA3スポーツバック」。満充電で50kmのEV走行が可能だ。
FF車をベースに、リアにモーターを装着してプラグインハイブリッド化した「アウディA3スポーツバック」。満充電で50kmのEV走行が可能だ。
    拡大

ハイライトは自動運転技術

“怪しげなパサート”は、コンチネンタルが開発した自動運転のテスト車両だ。交通事故を減らし、スムーズなクルマの流れをつくるには自動運転が不可欠と考えるコンチネンタルは、その関連技術の開発に積極的だ。

このパサートには、フロントガラスのステレオカメラをはじめ、レーダーや小型カメラなどがいくつも装着されている。これらを使って常に周囲の状況をモニターしているのだ。センタークラスターのモニターを見ると、車両のまわりが緑と青で色分けされている。緑の部分は、自動運転システムが走行可能と認識した部分だ。

早速スタッフがクルマをスタートさせた。大きな通りに出たところでドライバーがステアリングホイールから手を離すと、道路のカーブにあわせてステアリングホイールが勝手に動き、あらかじめ設定されたスピードでズンズンと進んでいく。もちろん、ドライバーがステアリングを操作すればいつでも手動運転に戻ることができる。なるほどね……。その自然な動きに感心はしたものの、最新のクルーズコントロール技術などを見てきた僕は、“感激”するにはいたらなかった。しかし、同乗試乗が進むにつれて、認識は変わっていく。

フロントガラス越しに、工事で道路を規制するサインが見える。手前にある30km/hの標識にしたがい自動的に減速したパサートが、サインのあいだに突っ込んでいく。えっ、速すぎないか? きっと自分がステアリングを握っていたら、もう少しスピードを落とすよなぁ……というペースだ。しかも、ドライバーはステアリングから手を離したままだ。サインにぶつかるかも……という不安をよそに、無難にあいだをすり抜けていくパサート。なかなかの腕前だ。

自動運転システムを搭載した車両のモニター。右がカメラにより撮影された画像で、左が画像処理後の様子。グリーンの部分が走行可能エリア。
自動運転システムを搭載した車両のモニター。右がカメラにより撮影された画像で、左が画像処理後の様子。グリーンの部分が走行可能エリア。 拡大
工事中のサインを認識して、狭いルートをすり抜ける。巧みなハンドルさばきに感心。
工事中のサインを認識して、狭いルートをすり抜ける。巧みなハンドルさばきに感心。 拡大
後方の「フォルクスワーゲン・パサート」に自動運転システムが搭載されている。前方の車両に追従してストップ&ゴーを行うデモンストレーション。
後方の「フォルクスワーゲン・パサート」に自動運転システムが搭載されている。前方の車両に追従してストップ&ゴーを行うデモンストレーション。 拡大
自動運転のブースでは担当エンジニアがその段階的な実現について説明。それには各国の法整備が不可欠だ。
自動運転のブースでは担当エンジニアがその段階的な実現について説明。それには各国の法整備が不可欠だ。 拡大

驚きのダブルレーンチェンジ!?

でも、この程度で驚いてはいけなかった。冒頭の話の続き。実はこのテストも自動運転のプログラムのひとつで、緊急ブレーキの瞬間はドライバーは手も足も出していない。次はさらにスピードを上げてのトライだ。目標に向けて再び走りだすパサート。スピードが乗ってきたところで、運転席のスタッフが両手を挙げて、自動運転をアピールする。そして、予定どおり人形が飛び出すと、キャビンに警告音が鳴り響いた。急ブレーキに備えて身構える僕……。

ところが、次の瞬間、僕を襲ったのは強烈な減速Gではなかった。ステアリングホイールが素早く左に、そして次に右に動いて、人形を巧みに避けたのである。いわゆる“ダブルレーンチェンジ”だ。その華麗なハンドルさばきに度肝を抜かれた。

もちろん、これはテストコースという特殊な状況下での話。まわりをクルマや人が行き交うリアルな道路状況に持ち込んだところで、いますぐに安全性が確保できるとは限らない。それでも、今後研究を重ねれば、将来大いに役に立つ技術に発展すること間違いなし!

コンチネンタルは、法環境が整うことを前提に、2016年以降に30km/h以下のストップ&ゴーをサポートする部分的な自動運転が、また、2020年以降には30km/h以上の高速での自動運転が可能になると見ている。さらに、2025年には完全な自動運転が可能になり、ドライバーが道路状況を気にすることなく、高速道路を130km/hの速度で移動できるようしたいと考えている。それでも、ドライバーが自由に運転できる余地は残されており、自動運転のメリットとファン・トゥ・ドライブが両立できると知り、ひと安心。

TechShow 2013では、今後ますます期待が高まるパワートレインの電動化技術や通信技術を利用したクルマの情報化、環境保護の取り組み、そして、タイヤ技術などが紹介されている。進化が止まらない自動車技術に、興奮しっぱなしの一日だった。

(文=生方 聡/写真=コンチネンタル)

自動運転中の車両の前を歩行者が横切る。速度が低いときには緊急ブレーキが作動して事故を回避。
自動運転中の車両の前を歩行者が横切る。速度が低いときには緊急ブレーキが作動して事故を回避。 拡大
スピードが高いとブレーキでは事故の回避ができないと判断し、まわりの状況を確認しながら自動的に“ダブルレーンチェンジ”を行う。もちろん、ドライバーは手も足も出していない。
スピードが高いとブレーキでは事故の回避ができないと判断し、まわりの状況を確認しながら自動的に“ダブルレーンチェンジ”を行う。もちろん、ドライバーは手も足も出していない。 拡大
自動運転とともに、低燃費への取り組みもコンチネンタルの重要な課題。エンジンパーツの高性能化や電動化技術などにより、さらに高効率なパワートレインを目指す。
自動運転とともに、低燃費への取り組みもコンチネンタルの重要な課題。エンジンパーツの高性能化や電動化技術などにより、さらに高効率なパワートレインを目指す。 拡大
「コンチスポーツコンタクト5」でウエット路のハンドリングをチェック。優れた耐ハイドロプレーニング性と安定したグリップにより、ウエットでもスポーツドライビングが楽しめる。
「コンチスポーツコンタクト5」でウエット路のハンドリングをチェック。優れた耐ハイドロプレーニング性と安定したグリップにより、ウエットでもスポーツドライビングが楽しめる。 拡大
通常のガソリン車に48Vバッテリーとそれに対応するスターター/ジェネレーターなどを搭載することで、現在の“マイルドハイブリッド”以上の燃費向上が期待できる。
通常のガソリン車に48Vバッテリーとそれに対応するスターター/ジェネレーターなどを搭載することで、現在の“マイルドハイブリッド”以上の燃費向上が期待できる。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。