クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第305回:「ウニモグ」には縫いぐるみがよく似合う!? 
外国人さん、いらっしゃ~い! 

2013.07.19 マッキナ あらモーダ!

ウロウロするクルマが増える季節

イタリアは、初夏の天候不順という長いトンネルから抜けて、ようやく夏らしい天気になってきた。そうした好天のもと、旧市街が世界遺産に指定されているわが街シエナでにわかに増えているのは、外国のナンバープレート(以下ナンバー)を掲げたクルマたちである。
ワインで有名なキャンティ・クラシコ地方にも外国人がたくさん訪れる。こちらは昼間対向車線をすれ違うクルマの2台に1台が外国ナンバーであるといってよいくらいだ。

そうしたクルマが増えると、ちょっと危なっかしいのも事実である。ロータリーの中でウロウロする外国人観光客のクルマが増えるからだ。
しかし、考えてみれば、イタリア名物の難解な交通標識が原因である。それを忘れて怒るのは、「初心者ドライバーは、うっとうしい」と、自分もそうであった時代を忘れて文句を言うのと同じ短絡的思考の人間であろう。ボクだってイタリアの他の町に行けば、ウロウロしてみんなに迷惑をかけている。したがって、さまよえる外国ナンバーのクルマは温かい目で見守ることにしている。

イタリア屈指のワイン名産地キャンティ・クラシコ地方にて。展望台にはハンガリー、オランダの「フォード・フォーカス」、そしてスペインのオペルが。面白いのは、どのクルマもお父さんだけは車内に残っていることだ。
イタリア屈指のワイン名産地キャンティ・クラシコ地方にて。展望台にはハンガリー、オランダの「フォード・フォーカス」、そしてスペインのオペルが。面白いのは、どのクルマもお父さんだけは車内に残っていることだ。 拡大
シエナの公共駐車場で。ベルギーナンバーの「BMW 3シリーズツーリング」。欧州の旅行者は混雑が少なく、低料金もしくは無料の郊外駐車場をよく知っている。
シエナの公共駐車場で。ベルギーナンバーの「BMW 3シリーズツーリング」。欧州の旅行者は混雑が少なく、低料金もしくは無料の郊外駐車場をよく知っている。 拡大

片道2300キロの夏休み旅行

以下は、先日シエナの、ある公共駐車場2カ所で、昼間パークしていたクルマたちをボクがウォッチングした結果である。100台調べたので、台数すなわちパーセントと考えていただいてよいことになる。

結果として3台に1台以上が、外国から来たクルマということになった。以下はその詳細である。

・ベルギー:12台(BMW、オペル等)
・オランダ:11台(BMW、アウディ、ルノー、シトロエン、セアト等)
・ドイツ:3台(BMW、アウディ等)
・オーストリア:3台(BMW、シトロエン、シュコダ)
・ポーランド:2台(フォルクスワーゲン、マツダ)
・スイス:1台(ポルシェ)
・デンマーク:1台(トヨタ)

以前はもっとさまざまなブランドを見ることができたが、今やBMWやアウディのシェアが高い。筆者のスイスの知人も、この夏「アウディA3」を買った。やはり国境越えの長距離ツアラーとしては、このあたりに落ち着くようである。
もうひとつ観察していてわかるのは、年によって、多くやってくる国に違いがあるということだ。数年前はデンマークのクルマが多かったのに対して、今年はベルギーが多い、といった具合である。観光業界に携わるイタリア人に聞いてみると、「どこの国で観光振興プロモーションが強化されたかによるところが大きい」と、その背景を教えてくれた。

国籍といえば、近年は東欧諸国ナンバーが増えている。中でも最も見かけるようになったのはポーランドのナンバーだ。2004年に欧州連合(EU)入りしたポーランドは、もはやナンバーにもしっかりEUの星マークが入っている。
ボクがイタリアにやってきた17年前、イタリアでポーランドの人といえば、家族を本国に残してやってきて、高齢者家庭でヘルパーとして一生懸命働く出稼ぎ女性のイメージが強かった。
それが今日、ポーランドナンバーのクルマの多くは、バカンス用品が満載だ。時代は刻々と変わっている。

先日はノルウェーナンバーの「アウディA6オールロードクワトロ」を見た。ナンバープレート枠に記されたディーラーの所在地は、オスロ近郊である。グーグルのルート案内で検索すると、デンマーク、ドイツ、スイスを経由して片道2300km以上ある。ぶっ続けで走っても22時間33分かかる。

飛行機もあるのに、なぜそこまでしてクルマで来るのか? その背景にはまず「飛行機そのものが嫌いだから」「飛行機旅行に慣れていない」という人が欧州にはいまだ少なくないことがある。
また、大家族で移動すると、クルマのほうが安上がりな場合も多い。前述のオスロ-シエナも、別のルート検索サイトで調べてみると、通行料+燃料代で日本円にして片道約4万5000円で済む計算だ。

シエナ県ピエンツァで。写真右はノルウェーナンバーの「アウディA6オールロードクワトロ」。隣の「シトロエンC4」はフランス、そのまた隣の「トヨタ・プリウス」はオランダのナンバーだ。
シエナ県ピエンツァで。写真右はノルウェーナンバーの「アウディA6オールロードクワトロ」。隣の「シトロエンC4」はフランス、そのまた隣の「トヨタ・プリウス」はオランダのナンバーだ。 拡大
「フォルクスワーゲン・シャラン」の姉妹車「セアト・アルハンブラ」は、オランダナンバー。
「フォルクスワーゲン・シャラン」の姉妹車「セアト・アルハンブラ」は、オランダナンバー。 拡大
ヨーロッパでは東欧圏を中心に販売されていたトルコ工場製の2代目「ルノー・メガーヌセダン」。
ヨーロッパでは東欧圏を中心に販売されていたトルコ工場製の2代目「ルノー・メガーヌセダン」。 拡大
キャンティ・クラシコのワイン屋さんを訪れていた「トヨタ・アベンシス」は、ポーランドから。その後にいるのは、ドイツから来た「フォルクスワーゲン・ゴルフプラス」である。
キャンティ・クラシコのワイン屋さんを訪れていた「トヨタ・アベンシス」は、ポーランドから。その後にいるのは、ドイツから来た「フォルクスワーゲン・ゴルフプラス」である。 拡大
ポーランドナンバーの「アウディA6」。後方からはフランスナンバーのルノーが。
ポーランドナンバーの「アウディA6」。後方からはフランスナンバーのルノーが。 拡大

「ウニモグ」で旅する親子

しかしボクが知る欧州人で、クルマ旅をする家族は、大抵その理由を「旅の途中も面白いから」と答える。休暇がたくさんとれる彼らならではだなぁ、と、うらやましがるのは簡単だが、「目的地に到達することではなく、道筋そのものを楽しむこと」という、いにしえの人々がたびたび語ってきた“旅の本質”を心得ているといえまいか。

ついでにいうと、外国からクルマで来た旅行者の多くは、混雑が少なく、かつ低料金もしくは無料の郊外駐車場をよく知っている。そこから公共交通機関を使ったり、ひたすら歩く歩く。特に山歩きに慣れたスイスやドイツの人は、1キロくらい平気で歩いたりする。これも、旅の途中を楽しむことのできる彼らならではだろう。1センチでも、街中の目的地に近いところに止めたがるイタリア人と対照的である。

このように旅のプロセスを楽しむ知人の例を紹介しよう。ドイツの大学都市ミュンスターに住むフランクさんである。 
本業は祖父の代から続く石油小売業だが、もうひとつの顔はメルセデス・ベンツの多目的商用車「ウニモグ」の大ファンである。常に実動状態にある歴代ウニモグ3台のほか、ガレージには数台がレストアを待っている。加えて、以前両親が住んでいた家は、ウニモグのクラブの集会所に提供している。熱い人である。

昨夏のことだ。6歳半のひとり息子ルイス君と、ドイツからコレクションの一台、1970年代の「ウニモグ406」でシエナまでやってくる、という便りを受け取った。いくら強固なウニモグとて、エアコンもない車両で、まさかドイツから1300キロもかけてやって来ないだろうと思っていた。

約束の日、半信半疑で待っていると、街外れの駐車場に、本当にその姿を現した。聞けばアウトバーン/アウトストラーダを使わず、いわゆる下道だけを使ってきたという。宿泊はテント、それもキャンプ場ではなく、適当な野原を見つけては泊まってきたと明かしてくれた。
こう記すと読者諸兄は「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」という往年のハムのCMに出てくるモミアゲをたくわえた脂ぎった父親と、歯をくいしばる子どもを思い起こすだろう。しかし、実際のフランクさんは、3代目経営者らしい穏やかな人である。ルイス君も、完璧にマスターしたほろの上げ下ろしを、あどけない顔でうれしそうに披露してくれた。

彼が乗ってきたウニモグの助手席側の足元には、バスケットに入った無数の縫いぐるみが置かれていた。世界屈指の硬派四駆ウニモグと縫いぐるみ。よく見ればダッシュボードにも、縫いぐるみが並んでいた。

こうして気負わぬからこそ、親子ともども長旅が楽しいのに違いない。
おっと、実はボクにも、子ども時代に遊んでいて、イタリアまで持ってきてしまったカバの縫いぐるみがある。次の国境越え自動車旅行には、枕がわりにヤツも連れて行こうか。国境の抜き打ち検問で説明を求められた場合は、ちと困るが。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

バカンス用グッズを満載してポーランドから来た「フォルクスワーゲン・パサート」(写真右)と、オランダナンバーの「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」。
バカンス用グッズを満載してポーランドから来た「フォルクスワーゲン・パサート」(写真右)と、オランダナンバーの「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」。 拡大
ドイツからはるばるやってきた「ウニモグ406」。フランク&ルイス親子。
ドイツからはるばるやってきた「ウニモグ406」。フランク&ルイス親子。 拡大
ルイス君の旅のお供は縫いぐるみ。お父さんの気配りであるイヤーマフも見える。
ルイス君の旅のお供は縫いぐるみ。お父さんの気配りであるイヤーマフも見える。 拡大
力走する「ウニモグ406」。ルートの途中には、スイス-イタリア国境をまたぐ標高2328メートルの峠越えも含まれていた。
力走する「ウニモグ406」。ルートの途中には、スイス-イタリア国境をまたぐ標高2328メートルの峠越えも含まれていた。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。