クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第308回:驚き! フィアットの新型5ドアワゴン「500L」は「500」より売れている!

2013.08.09 マッキナ あらモーダ!

「先輩」を抜いた

2013年7月のイタリア国内新車登録実績が発表された。その台数10万7514台は、前年同月比1.92%のマイナスである。だが、2013年4月の同比でマイナス10.83%を記録したのからすると、減少幅がかなり縮小したことになり、メディアは「販売回復の兆しか?」と明るい見通しを唱えた。

トップ3は「フィアット・パンダ」(7313台)、「フィアット・プント」(5483台)、「ランチア・イプシロン」(4078台)であった。だが今回注目すべきは、続く第4位である。フィアットの「500L」が3529台で入っているのだ。

500Lは2012年ジュネーブショーで発表された5ドアワゴンである。「500」の名が冠されているものの、ベースとなっているのは「フィアット・グランデプント」だ。
欧州仕様のエンジンは、ガソリンが0.9リッターツインエアと1.4リッター、ディーゼルが1.3リッターと1.6リッターである。またイタリアでは、先頃メタン/ガソリンの併用仕様もカタログに加わった。価格は1万5750ユーロ(イタリア価格。日本円で約206万円)から設定されている。
フロントシートのバックレストを前に倒すことができ、カタログによれば、テーブル状になっているその上で「宿題もトランプゲームもできます」と記されている。また、世界初の車載エスプレッソマシンがアクセサリーとして設定されていることでも話題を呼んだ。生産はセルビアの工場で行われている。また北米市場でも発売されることが決まっている。

ランキングに話を戻せば、今回500Lは先輩格である3ドア版の「500」を5位に抑えての4位入りだった。たしかにボクがイタリアで運転していても、この新車が売れない時代に、路上で500Lとすれ違うことが少なくない。

「フィアット500L」
「フィアット500L」 拡大
シエナのショールームに飾られた「フィアット500L」。2012年12月撮影。
シエナのショールームに飾られた「フィアット500L」。2012年12月撮影。 拡大
2013年1月のデトロイトモーターショーに展示された「500L」北米仕様。欧州仕様とバンパー形状や灯火類のデザインが違うのに注意。
2013年1月のデトロイトモーターショーに展示された「500L」北米仕様。欧州仕様とバンパー形状や灯火類のデザインが違うのに注意。 拡大
スーパーマーケットの駐車場にて。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と「ヒュンダイ・ゲッツ」に挟まれる「500L」。
スーパーマーケットの駐車場にて。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と「ヒュンダイ・ゲッツ」に挟まれる「500L」。 拡大

人気のヒミツ

先日訪れたあるフィアットディーラーでは、ちょうどある夫妻が、近日納車される自分たちの500Lを見に来ていた。夫人は筆者を見て言った。「なかなかいいデザインでしょう」

彼らの車歴を聞いてみると、フィアットの「127」「131」のあと「ローバー」に乗り換え、今回1997年以来16年にわたって使ってきた「ルノー・メガーヌ」を下取りに出しての購入という。前述のメタン仕様を、セールスマンの計らいで特別に早く手配してもらったようだ。

ボクの知人で別のフィアットディーラーに勤めるベテランセールス、アンドレアに、500L人気の秘密を聞いてみた。

アンドレアは、意外に冷静である。
「ひとつは、目新しさによるものだね」。イタリアで新車の話題性はジワジワと起きる。500Lの販売がスタートしたのは昨2012年秋だから、ここにきてようやく弾みがついてきた、というわけだ。
もうひとつは「レンタカー需要だよ」という。アンドレアによると、大手レンタカー会社が500Lを大量導入したおかげで、街で見る機会が増えたという。
さらなる分析は、商品ラインナップの統合だ。「500Lは、『ムルティプラ』(ミニSUV)と『イデア』(MPV)、さらに『クロマ』(ワゴン)の後継車だからね」と教えてくれた。3台のお客さんをすべて吸収しているというわけだ。

また、3ドア版500と販売台数が逆転したのは、それが2007年の発表で、もはや6年が経過し、需要が一段落してきたことがあるという。
いっぽう、これは筆者の見解だが、2011年のベルルスコーニ内閣退陣以降イタリアで強化されている、高級車ユーザーに対する税務調査の影響もあろう。もちろんすべてのユーザーがそうとは言わないし、また500Lが輸入車より決定的に安いわけではないが、「こういう時代は国産ブランドで」とつつましく振る舞うイタリア人に、500Lあたりは格好のモデルなのであろう。

車高を4cm高くして、オフロードカー風に仕立てた「500Lトレッキング」。セールスのアンドレア(写真)によれば、顧客は40歳代以下が中心という。
車高を4cm高くして、オフロードカー風に仕立てた「500Lトレッキング」。セールスのアンドレア(写真)によれば、顧客は40歳代以下が中心という。 拡大
先日ショールームに展示されていた「フィアット500L リビング」。「ルノー・セニック」などがライバルとなる。
エンジンは、ガソリンが0.9リッターツインエア、ディーゼルが1.3および1.6リッター。他に0.9ツインエアのガソリン/メタン併用車(5人乗りのみ)が用意される。
先日ショールームに展示されていた「フィアット500L リビング」。「ルノー・セニック」などがライバルとなる。
	エンジンは、ガソリンが0.9リッターツインエア、ディーゼルが1.3および1.6リッター。他に0.9ツインエアのガソリン/メタン併用車(5人乗りのみ)が用意される。 拡大
「500L リビング」のテールゲートに貼られたバッジ。「Living」の文字は付加されていない。
「500L リビング」のテールゲートに貼られたバッジ。「Living」の文字は付加されていない。 拡大
「500L リビング」のダッシュボードは、基本的に「500L」と同じ。3代目「パンダ」に始まった新世代フィアットの意匠を継承している。
「500L リビング」のダッシュボードは、基本的に「500L」と同じ。3代目「パンダ」に始まった新世代フィアットの意匠を継承している。 拡大

ショールームにあるけど売ってない!?

実はアンドレアが働くディーラーのショールームには、2013年6月に発表された「500L リビング」も展示されていた。500Lのリアオーバーハングを長くして室内を拡大し、3列シート7人乗りを実現した仕様である。500Lより210mm長く、「全長4350mmに7人」が売りだ。

「全長4メートル未満に6人」を売りに登場したムルティプラの初期型(1998年)とどっちがエラいか? というと、ボク自身は答えに困るし、500L リビングの実車を見ると、3列目シートは子ども向けと割り切るのが正解だ。

ただし、かつてオペル製のミ二バン「ザフィーラ」の初代がこの国で成功を収めたことを考えると、それなりの市場を開拓できるかもしれない。そう思って「これはまた売れますねえ」とボクがヨイショすると、アンドレアは「まだ売ることができない」と言うではないか。えッ?
なぜかと聞けば、7人乗り仕様は、イタリアでは現在のところ「型式認証待ちだから」と説明してくれた。

同じ「リビング」の5人乗り仕様はすでに販売できるらしいが、看板モデルの7人乗りがまだ「見るだけ」とは。ショールームにしっかり飾ってあるのに。
日本の常識をもってすれば不思議というか笑い話であるが、コンセプトカーが近所のディーラーにあると好意的に解釈すれば、よい話ではないか。

それにしても「500」「500L」そして「500L リビング」と、すでに500のトリオができあがった。さらに、2014年には、より大きいクロスオーバー「500X」も登場する。このままだとやがて、社名まで「フィアット・グループ・オートモビルズ」改め「フィアット500オートモビルズ」になってしまうのではないかと、内心ひそかに心配している近頃の筆者である。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=Akio Lorenzo OYA/FIAT)
 

エンボス文字模様が施されたシート。
エンボス文字模様が施されたシート。 拡大
前席シートは、「500L」が前に倒すとテーブルになるのに対し、「500L リビングでは後ろ側に折り畳み式テーブルが装備される。
前席シートは、「500L」が前に倒すとテーブルになるのに対し、「500L リビングでは後ろ側に折り畳み式テーブルが装備される。 拡大
サードシート。「5+2」とメーカーがうたうように、短距離もしくは子供用と割り切るのがよかろう。
サードシート。「5+2」とメーカーがうたうように、短距離もしくは子供用と割り切るのがよかろう。 拡大
写真ではわかりづらいが、サードシートの操作用ベルトにも、「500」の文字が織り込まれている。なお、それを倒した場合のラゲッジルーム容量は638リッターとなる。
写真ではわかりづらいが、サードシートの操作用ベルトにも、「500」の文字が織り込まれている。なお、それを倒した場合のラゲッジルーム容量は638リッターとなる。 拡大
DIYセンターの駐車場で。初代「パンダ 4×4」と並ぶ「500L リビング」。こうして見ると、同じフィアットでもかなり“成長”しました。
DIYセンターの駐車場で。初代「パンダ 4×4」と並ぶ「500L リビング」。こうして見ると、同じフィアットでもかなり“成長”しました。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フィアット 500 の中古車
関連キーワード
関連記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。