第314回:「ヴィニャーレ」復活。懐かしのモデルを探せ!

2013.09.20 マッキナ あらモーダ!

「ザ・カンパニーカー」は変われるのか?

今年のフランクフルトモーターショーは、主要メーカーによってさまざまなコンセプトカーや新型車が公開され、会場を巡るのは、目が回るような忙しさであった。

そうしたなか、ボクが気になったのはフォードのブースである。プレミアム仕様「ヴィニャーレ」を、2015年初頭から展開することを発表したのだ。
その先駆けとして今回、「モンデオ」をベースとした「ヴィニャーレコンセプト」を展示した。オリジナルのグリル&フロントバンパーや、「VIGNALE」バッジ、クロムパーツ、20インチホイールなどに加え、内装もグレードアップしたものである。

欧州でモンデオといえば、企業がリース会社などを介して社員に貸し出す車種の典型として、一部で「ザ・カンパニーカー」のニックネームをもつ。そうしたイメージがどこまで変えられるかは不明だが、興味深い試みではある。

「フォード・モンデオ ヴィニャーレ コンセプト」
「フォード・モンデオ ヴィニャーレ コンセプト」 拡大
フランクフルトモーターショー2013会場に展示された「フォード・モンデオ ヴィニャーレ コンセプト」。
フランクフルトモーターショー2013会場に展示された「フォード・モンデオ ヴィニャーレ コンセプト」。 拡大
テールゲートに刻まれた新生「VIGNALE」(ヴィニャーレ)のサイン。
テールゲートに刻まれた新生「VIGNALE」(ヴィニャーレ)のサイン。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事