第207回:テーマはモダンラグジュアリー
メルセデス・ベンツのチーフデザイナーが語る新型「Sクラス」の見どころ

2013.10.09 エディターから一言
新型「Sクラス」の発表会は東京・晴海に停泊する豪華客船「日本丸」の船内で行われた。
新型「Sクラス」の発表会は東京・晴海に停泊する豪華客船「日本丸」の船内で行われた。 拡大

「メルセデス・ベンツSクラス」の日本での販売が開始されるにあたり、メルセデス・ベンツのチーフデザイナー、ゴードン・ワグナー氏が来日した。ニューモデル発表会の後に行われたグループインタビューでは、新型Sクラスのデザインだけでなく、メルセデス・ベンツ全体のデザインにまで話が広がった。

チーフデザイナーのゴードン・ワグナー氏。
チーフデザイナーのゴードン・ワグナー氏。 拡大
 
第207回:テーマはモダンラグジュアリーメルセデス・ベンツのチーフデザイナーが語る新型「Sクラス」の見どころの画像 拡大

いかに削(そ)ぎ落とすかが重要

――新しいメルセデス・ベンツSクラスのデザインでは、全体として何を表現したかったのですか? どのようなコンセプトを持ってデザインしたのですか?

「デザインするにあたっては『モダンラグジュアリー』というものを明確に再定義しようと考えました。キーワードは『センシュアル・ピュアリティー』(官能的な純粋さ)です。Sクラスほどのボディーサイズがある場合、いかに削(そ)ぎ落としていってピュアにするか、が大事です。これが『Aクラス』のようなコンパクトなモデルになると、進歩的な側面を強調する必要が出てきます。ただし、具体的な手法は異なりますが、メルセデス・ベンツのクルマとして、同じ言語でデザインしています」

――あなたは以前、「過去と未来をつなぐ。それが狙いだ」といった主旨の発言をされました。「過去と未来」は何を指しますか?

「メルセデス・ベンツは特別なブランドです。長い伝統があります。私の役割としては、良い部分をしっかり維持すること。より大きな役割として、前の世代、父親の世代の良いものをそのまま継承するのではなく、未来の世代、子供の世代へとつなげる必要があります。そこで、モダンラグジュアリーという考え方が大事なのです。デザインするにあたって『モダンであること』を重視し、『現代的であれ』と強く言っています。
新型Sクラスは、ラグジュアリーなクルマですが、実車を見ていただければ、エモーショナルな部分に引きつけられるはずです。そのうえ『本当にモダンだ!』という感想を抱いていただけるでしょう。『今までなかったものが入っている』『しかもハイテクだ!』と感じていただけることでしょう」

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.6.2 試乗記 キャデラックの新作セダン「CT5」がいよいよ日本に導入された。世界的にSUVが伸長するなかで、アメリカを代表するプレミアムブランドが世に問うたセダンの姿とは? “いまどきのキャデラック”のキャラクターを体現した、ニューモデルの実力を試す。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
ホームへ戻る