クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第207回:テーマはモダンラグジュアリー
メルセデス・ベンツのチーフデザイナーが語る新型「Sクラス」の見どころ

2013.10.09 エディターから一言
新型「Sクラス」の発表会は東京・晴海に停泊する豪華客船「日本丸」の船内で行われた。
新型「Sクラス」の発表会は東京・晴海に停泊する豪華客船「日本丸」の船内で行われた。 拡大

「メルセデス・ベンツSクラス」の日本での販売が開始されるにあたり、メルセデス・ベンツのチーフデザイナー、ゴードン・ワグナー氏が来日した。ニューモデル発表会の後に行われたグループインタビューでは、新型Sクラスのデザインだけでなく、メルセデス・ベンツ全体のデザインにまで話が広がった。

チーフデザイナーのゴードン・ワグナー氏。
チーフデザイナーのゴードン・ワグナー氏。 拡大
 
第207回:テーマはモダンラグジュアリーメルセデス・ベンツのチーフデザイナーが語る新型「Sクラス」の見どころの画像 拡大

いかに削(そ)ぎ落とすかが重要

――新しいメルセデス・ベンツSクラスのデザインでは、全体として何を表現したかったのですか? どのようなコンセプトを持ってデザインしたのですか?

「デザインするにあたっては『モダンラグジュアリー』というものを明確に再定義しようと考えました。キーワードは『センシュアル・ピュアリティー』(官能的な純粋さ)です。Sクラスほどのボディーサイズがある場合、いかに削(そ)ぎ落としていってピュアにするか、が大事です。これが『Aクラス』のようなコンパクトなモデルになると、進歩的な側面を強調する必要が出てきます。ただし、具体的な手法は異なりますが、メルセデス・ベンツのクルマとして、同じ言語でデザインしています」

――あなたは以前、「過去と未来をつなぐ。それが狙いだ」といった主旨の発言をされました。「過去と未来」は何を指しますか?

「メルセデス・ベンツは特別なブランドです。長い伝統があります。私の役割としては、良い部分をしっかり維持すること。より大きな役割として、前の世代、父親の世代の良いものをそのまま継承するのではなく、未来の世代、子供の世代へとつなげる必要があります。そこで、モダンラグジュアリーという考え方が大事なのです。デザインするにあたって『モダンであること』を重視し、『現代的であれ』と強く言っています。
新型Sクラスは、ラグジュアリーなクルマですが、実車を見ていただければ、エモーショナルな部分に引きつけられるはずです。そのうえ『本当にモダンだ!』という感想を抱いていただけるでしょう。『今までなかったものが入っている』『しかもハイテクだ!』と感じていただけることでしょう」

「パズル」が2016年に完成する

――伝統的であることは、時に古さにつながります。例えばアウディと比較して、メルセデス・ベンツのモダンさを強化しよう、と考えましたか?

「われわれが競合メーカーに引っ張られることはありません。メルセデスは、自身の道を進んでいるのです。アウディが、本当にラグジュアリーブランドと認識されたのは、いつからでしょうか? 一方、メルセデスは、ラグジュアリーブランドとして、100年の伝統があります。
人間は性(さが)として、常に新しいものを欲しがるものです。変わったものや変化、違いなどを求めるものです。そのおかげで、デザイナーは新しいものを作り出し、デザインしていけるわけですが……。
アウディやBMWと比べて、メルセデス・ベンツにはデザインの多面性があると思います。非常に立体的で、複雑。ひとつのブランドに、さまざまな要素が含まれます。大から小まで、メルセデス・ベンツのクルマとしての共通性はあるけれど、それぞれが同じではなく、違いがあり、複雑さがある。それが、まさに『ラグジュアリーブランドの証し』であると考えています」

――ゴードンさんがメルセデスの新しいチーフデザイナーになったことで、メルセデス・ベンツは新しい時代に入った。そう考えられますか?

「そうですね、前任者のペーター・ファイファー氏とは、世代が違いますからね! 私がデザインを統括するようになって最初に手がけたのは『デザインフィロソフィーを完全なものにする』ということでした。
メルセデス・ベンツというブランドを世に伝える大使は、いうまでもなく、クルマそのものです。クルマを開発し、デザインするにあたって、まずモデルラインナップ全体を見わたし、あたかもチェスボードのように考えました。ブランドとしての全体像を考える。『10年後には、こういうカタチにしよう』という大きな構図を描いたのです。
そのマスタープラン(基本計画)に沿って、個々のクルマを開発し、デザインしていきます。『Aクラスだったら、ココ』と、あたかもパズルのピースように考えます。3年後、5年後、次々と新しいモデルが世に出て、2016年にはパズル全体が完成する。そういう感じです」

次期「Cクラス」でも新たな基準を打ち立てる

――メルセデス・ベンツの将来のデザインは、どういう方向に進んでいくのですか?

「クルマのカテゴリーごとにデザインの方向性を示したサークルを紹介したことがあります。『トラディション』『エモーション』『プログレッション』と3つに分けました。Sクラスはトラディション。スポーツタイプだったら、エモーション。Aクラスならプログレッションというわけです。
そして、トラディションとエモーションの間に入るのが『CLクラス』であり、エモーションとプログレッションの間に入るのが『CLAクラス』や『CLSクラス』、そしてトラディションとプログレッションの間には『GLAクラス』が入ります。それぞれにぴったりフィットする場というものがあるわけです。
デザインするに当たって、使う言語は同じだけれど、クルマのキャラクターを『どのように表すか』で違いが出ます。AクラスやCLAクラスではラインを多用して表現を強調し、Sクラスの場合は、いわばブランドの署名にあたるキャラクターラインを引くにとどめて、ボディーをスムーズにする。表現の仕方は異なるけれど、でも『皆たしかにメルセデスだね』とわかるようにします」

――2016年にデザインストラクチャーが完成するということですが、具体的には次の「Cクラス」の登場が節目ですか?

「2016年には、全部ではありませんが、新しいデザインへの移行がほぼ完了するはずです。
新しいCクラスに関しては、今回のSクラスが成し遂げたように『クラスを再定義する存在』になるでしょう。新しいスタンダード、他社にとっては、新たなベンチマークになります。
もちろん、注目のクルマはCクラスだけではありません。今回お披露目したSクラスの次にはSクラスクーペも控えています。デザイン面での大きな構図が完成するまで、まだまだおもしろいクルマが出てきますよ!」

(インタビューとまとめ=青木禎之/写真=DA)

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。