クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第320回:フェルッチョ・ランボルギーニが愛したパン

2013.11.01 マッキナ あらモーダ!

世界一うまいパン

多くの読者がご存じのように、今年(2013年)はランボルギーニの創立50周年だ。家族によるフェルッチョ・ランボルギーニの一代記『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(トニーノ・ランボルギーニ著・拙訳。光人社刊)にこんなシーンがある。

サンタアガタ・ボロニェーゼに新築した本社工場と、最初のクルマ「350GTV プロトタイプ」のベアシャシーを、報道関係者に公開した1963年10月26日のことである。イタリアの著名なジャーナリスト、ジーノ・ランカーティが「なぜ高性能グラントゥーリズモは、みんな(イタリア)エミリア地方の製品なんでしょうか?」と質問した。
するとフェルッチョは豪快に、こう言い放った。
「世界一うまいパンは、ここフェラーラのパンでしょうが。生えてる草だって、ここのが一番ですよ」

フェルッチョは、フェラーラ県の小さな村チェントの出身である。彼がそんなに「うまい!」と太鼓判を押すフェラーラのパンとは、どんなものか?
「それなら、食べてみればいいじゃないか」と言うなかれ。日本なら、デパートやスーパーで、ひっきりなしに諸国名産品展の類いが開かれていて、「峠の釜めし」から「鱒ずし」まで、日本全国のものが年中食べられる。だが、イタリアではそうはいかない。地元食品をこよなく愛し、他地域のものには目もくれない人が多いため、店の品ぞろえも、地元産品中心になる。
だからボクなどは、東京のデパートのイタリア特集で、「へえー、こんなワインがあるのか」などと、他の地方のイタリア産品を知ることがある。わが家のあるシエナから230km近く離れたフェラーラのパンなど、手に入る代物ではないのだ。

フェラーラ県ドッソ。フェルッチョ・ランボルギーニの子息で実業家のトニーノが創設した、父親の足跡を回顧する博物館。隣にはランボルギーニ暖房機の工場がある。
フェラーラ県ドッソ。フェルッチョ・ランボルギーニの子息で実業家のトニーノが創設した、父親の足跡を回顧する博物館。隣にはランボルギーニ暖房機の工場がある。 拡大
博物館内にあるフェルッチョ(写真下)と、妻アンニータの肖像画。
博物館内にあるフェルッチョ(写真下)と、妻アンニータの肖像画。 拡大
チェント村にて。フェルッチョ・ランボルギーニの生家。
チェント村にて。フェルッチョ・ランボルギーニの生家。 拡大
フェラーラはユネスコの文化遺産に指定されている。これは14世紀にその歴史をさかのぼるエステンセ城。
フェラーラはユネスコの文化遺産に指定されている。これは14世紀にその歴史をさかのぼるエステンセ城。 拡大

その名は「コッピア」

2年ほど前のことだ。あるイベントで、フェラーラから来たパーツ屋さんのおじさんと出会った。すかさずボクは、「フェラーラのパンって、どんなものですか?」と聞いてみた。すると、おじさんは写真のような図をすらすらと描いてくれた。
小学生の頃に写真で見た「米兵に捕らえられた宇宙人」を思わせる不思議な形状である。彼はそれが「コッピア(カップル)」と呼ばれていることを教えてくれた。地元方言では「チュペータ」というらしい。

歴史を調べると、13世紀の文献にすでに似た形状のものが登場する。だが今日、コッピアの起源といわれているものは、1536年の謝肉祭のとき、エステ家の公爵が食べたツイストしたパンだという。「Coppia」とは英語の「Couple」である。たしかに男女が仲良く腕を組む姿に似ている。家族平和や繁栄の願いをパンのフォルムに託したことは、容易に想像できる。

ボローニャ出身の20世紀の作家リッカルド・バッケッティは長編小説『ポー河の水車小屋』のなかで、コッピアを「世界一うまいパン」と記している。フェルッチョ・ランボルギーニは、このフレーズを引用したとも考えられる。

こうして概要を知ったフェラーラのパンだが、あいにくボクの場合、フェラーラ周辺を通過するときは、いつも日曜日だった。だからそのたび「どうせベーカリーは閉まっているだろう」と諦めていた。
先日、パドヴァのヒストリックカー見本市「アウトモト・デポカ」に赴いた際も、フェラーラに立ち寄れるのが日曜日にあたってしまった。だが会場で出会った現地在住の自動車愛好家ジャンカルロ&チンツィア夫妻は、「日曜でも開いてる店があるよ。行ってごらん」と教えてくれた。そこで帰りにフェラーラに立ち寄ってみることにした。

さて、ボクが訪れたのは、1952年創業の「ラ・ボッテーガ・デル・パーネ」という店である。店内をのぞくと、若い女性店員が一人で番をしていた。聞くまでもなく、彼女の背後には、おびただしい数のコッピアが並んでいた。
その女性店員アリーチェさんによると、「ノーマル」と「オリーブオイル含有量が多いもの」の2タイプあるという。そこで両方を購入。量ってもらうと、2つで1.7ユーロ(約230円)だった。

さっそく市内の公園で食べることにした。特殊な形状をしているだけに、早くも一部が袋のなかで折れてしまっていた。それはともかく、食べた感じはというと、しっとり感とサクサク感が絶妙なバランスを保っている。ちょっと柔らかいグリッシーニのような、と書けば、わかっていただけるだろうか。イタリアの他地方にあるロゼッタという、亀の甲羅のようなかたちのパンとも、感触が似ている。

生地に含まれたラードやオリーブオイルのおかげだろう。購入から2日たった本稿執筆時点でも、まだ硬くならず食べられる。食べ忘れて放置しておくと、たちまち凶器のように硬くなってしまうトスカーナのパンとは違うところだ。

2年前、あるパーツ屋さんが描いてくれた「フェラーラのパン」の図。「Coppie」とは「Coppia」の複数形。
2年前、あるパーツ屋さんが描いてくれた「フェラーラのパン」の図。「Coppie」とは「Coppia」の複数形。 拡大
先日会ったフェラーラ在住のジャンカルロ&チンツィア夫妻。愛車「アルファ・ロメオ ジュリア」をボディーカバーのデモに貸し出していた。
先日会ったフェラーラ在住のジャンカルロ&チンツィア夫妻。愛車「アルファ・ロメオ ジュリア」をボディーカバーのデモに貸し出していた。 拡大
筆者が訪れたベーカリー「ラ・ボッテーガ・デル・パーネ」。
筆者が訪れたベーカリー「ラ・ボッテーガ・デル・パーネ」。 拡大
フェラーラのご当地パン「コッピア」の入ったバスケットを抱える店員のアリーチェさん。
フェラーラのご当地パン「コッピア」の入ったバスケットを抱える店員のアリーチェさん。 拡大
店頭には「1952年創業」の文字。往年の写真には、1955年に発売された「フィアット600 ムルティプラ」の姿も。
店頭には「1952年創業」の文字。往年の写真には、1955年に発売された「フィアット600 ムルティプラ」の姿も。 拡大

イタリアンドリームの原点

しかしながら、日本のしっとりしたパンからすると、やはりパサパサしている。東京のベーカリーが、そのまま作っても人気を獲得するのは難しそうだ。
ただし、考えてみてほしい。フェルッチョ・ランボルギーニが生まれたのは1916年、日本でいう大正5年だ。今でこそ一帯は「モトーレ(エンジン)の大地」と呼ばれるイタリア屈指の工業地帯だが、かつては夏暑く、冬は濃霧の日がえんえんと続き、道には砂ぼこりが舞う農村地帯だった。

実際、ボクがフェラーラを訪れた日も、郊外には視界80m弱の濃霧が取り巻いていた。そうした地域の農家に生まれたフェルッチョである。何日おいても硬くならないパンは、質素な生活に適していたに違いない。

前述のジャンカルロさんは、後日電話で「コッピアは、Scarpetta(スカルペッタ)にも向いているぞ」と教えてくれた。スカルペッタとは、皿に残ったスープやソースを丁寧にパンですくって食べることである。たしかに、もともと味が薄いコッピアは、そうやって食べると、ちょうどうまくなる。けしてモノを残さなかった時代の、素朴なパンなのである。

ボク自身は、これまでランボルギーニなど所有したことはないし、これからも所有できないであろう。しかし、フェルッチョ・ランボルギーニ原点の地で、彼が育ったときと同じ霧に包まれながら、後に彼がイタリアンドリームを実現したエネルギー源ともなったパンを味わうことができた。
個人的には、ランボルギーニの最新高性能モデル「ガヤルドLP570-4スクアドラ コルセ」を運転させてもらえるより、何十倍もシアワセだったのである。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

※お知らせ
2013年11月18日(月)渋谷・日伊学院にて大矢アキオの文化講座「イタリアの伝統工房・イタリアのプロダクト」が開催されます。 詳しくはこちらをご覧ください。

フェラーラの人口は約13万人。他のイタリア地方都市同様、歴史的旧市街は自動車の進入が規制されているので、人々はゆったりと散歩を楽しんでいる。
フェラーラの人口は約13万人。他のイタリア地方都市同様、歴史的旧市街は自動車の進入が規制されているので、人々はゆったりと散歩を楽しんでいる。 拡大
平野が大半を占めるエミリア地方では自転車がポピュラーな交通手段。特にフェラーラは「自転車の街」として、その普及を街のキャラクターとしている。
平野が大半を占めるエミリア地方では自転車がポピュラーな交通手段。特にフェラーラは「自転車の街」として、その普及を街のキャラクターとしている。 拡大
フェラーラのバイクシェアリング用自転車。
フェラーラのバイクシェアリング用自転車。 拡大
これがコッピア。すぐ食べても数日たっても、ほどよくクロッカンテ(カリカリしている)なのがうれしい。
これがコッピア。すぐ食べても数日たっても、ほどよくクロッカンテ(カリカリしている)なのがうれしい。 拡大
エステンセ城とともにフェラーラの象徴であるサンジョルジョ大聖堂をバックに。念願の“ランボが愛したパン”を食べる筆者。
エステンセ城とともにフェラーラの象徴であるサンジョルジョ大聖堂をバックに。念願の“ランボが愛したパン”を食べる筆者。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。