第210回:560psのパワーを4輪で駆る!
「アウディRS 6アバント」をサーキットで試す

2013.11.02 エディターから一言
「アウディRS 6アバント」
「アウディRS 6アバント」
    拡大

「RS」シリーズといえば、メルセデス・ベンツの「AMG」、BMWの「M」に比肩するアウディ自慢のハイパフォーマンスモデルだ。その最新モデル「アウディRS 6アバント」に、富士スピードウェイのショートコースで試乗する機会を得た。今回は3名のリポーターによるショートインプレッションをお届けしよう。

ピットレーンのわきに並べられたグレー、レッド、ブルーの「RS 6アバント」その前の「S5 クーペ」は、アウディ主催のドライビング講習「アウディドライビングエクスぺリエンス」のインストラクターが運転する先導車だ。
ピットレーンのわきに並べられたグレー、レッド、ブルーの「RS 6アバント」その前の「S5 クーペ」は、アウディ主催のドライビング講習「アウディドライビングエクスぺリエンス」のインストラクターが運転する先導車だ。 拡大
最高出力560psを発生する4リッターV8ツインターボエンジン。560ps/5700-6700rpmの最高出力と、71.4kgm/1750-5500rpmの最大トルクを発生する。
最高出力560psを発生する4リッターV8ツインターボエンジン。560ps/5700-6700rpmの最高出力と、71.4kgm/1750-5500rpmの最大トルクを発生する。 拡大

第210回:560psのパワーを4輪で駆る!「アウディRS 6アバント」をサーキットで試すの画像 拡大

究極のクワトロスポーツ

「Audi史上最速のアバント」の称号を持つハイパフォーマンスステーションワゴンの「アウディRS 6アバント」。ダウンサイジングの流れに聖域はなく、エンジンは旧型の5.2リッターV10から4リッターV8に縮小されてしまったが、果たしてその走りは……ということで、訪れたのが富士スピードウェイのショートサーキット。「スケジュールの都合で、全開走行は2周だけよ!」と言われたものの、そもそもショートサーキットは最高速を試すには短すぎる。しかし、そこはモータージャーナリストの性(さが)で、取りあえずストレートでアクセルペダルをベタ踏みにしたら、ド迫力のエキゾーストノートとともに、あっという間に2速が吹けきり、ストレートエンドのブレーキングポイントが目の前に。2トン強のステーションワゴンの加速とは到底思えない。

でも、その加速以上に驚いたのがRS 6アバントのハンドリング。なんだコレは……というくらいに俊敏な動きを見せるのだ。コーナーではターンインが鋭いうえに、アンダーステアが出やすい登りのタイトコーナーでも、アクセルペダルを踏んでいれば狙ったラインをトレースできるし、右から左へ切り返すポイントでもスパッと向きを変えてみせる。クワトロ、リアスポーツディファレンシャル、そして、DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)付きのスポーツサスペンションといったデバイスが、うまく機能している証しだ。究極のクワトロスポーツ、ここにあり!

(生方 聡)

アウディ RS 6アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.28 試乗記 フルモデルチェンジ並みの改良が施された「メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ」に試乗。最新デジタル技術によって進化したインフォテインメントや日本初となるARカーナビの実用性に加え、48Vマイルドハイブリッドの走りをチェックした。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • アウディが「A4/A4アバント」に2種類のクリーンディーゼルエンジン搭載車を設定 2021.1.7 自動車ニュース アウディ ジャパンが「A4/A4アバント」のクリーンディーゼルモデルを発売。出力の異なる2種類の2リッターディーゼルターボエンジンを用意しており、FF車には最高出力163PSの「35 TDI」を、4WD車には最高出力190PSの「40 TDI」を採用している。
  • BMW M440i xDriveクーペ(前編) 2021.1.7 谷口信輝の新車試乗 国内でデリバリーが始まった「BMW M440i xDriveクーペ」に、谷口信輝が試乗。「駆けぬける歓び」をスローガンに掲げるブランドの、新型スポーツクーペに対する評価やいかに?
ホームへ戻る