第210回:560psのパワーを4輪で駆る!
「アウディRS 6アバント」をサーキットで試す

2013.11.02 エディターから一言
「アウディRS 6アバント」
「アウディRS 6アバント」
    拡大

「RS」シリーズといえば、メルセデス・ベンツの「AMG」、BMWの「M」に比肩するアウディ自慢のハイパフォーマンスモデルだ。その最新モデル「アウディRS 6アバント」に、富士スピードウェイのショートコースで試乗する機会を得た。今回は3名のリポーターによるショートインプレッションをお届けしよう。

ピットレーンのわきに並べられたグレー、レッド、ブルーの「RS 6アバント」その前の「S5 クーペ」は、アウディ主催のドライビング講習「アウディドライビングエクスぺリエンス」のインストラクターが運転する先導車だ。
ピットレーンのわきに並べられたグレー、レッド、ブルーの「RS 6アバント」その前の「S5 クーペ」は、アウディ主催のドライビング講習「アウディドライビングエクスぺリエンス」のインストラクターが運転する先導車だ。 拡大
最高出力560psを発生する4リッターV8ツインターボエンジン。560ps/5700-6700rpmの最高出力と、71.4kgm/1750-5500rpmの最大トルクを発生する。
最高出力560psを発生する4リッターV8ツインターボエンジン。560ps/5700-6700rpmの最高出力と、71.4kgm/1750-5500rpmの最大トルクを発生する。 拡大

第210回:560psのパワーを4輪で駆る!「アウディRS 6アバント」をサーキットで試すの画像 拡大

究極のクワトロスポーツ

「Audi史上最速のアバント」の称号を持つハイパフォーマンスステーションワゴンの「アウディRS 6アバント」。ダウンサイジングの流れに聖域はなく、エンジンは旧型の5.2リッターV10から4リッターV8に縮小されてしまったが、果たしてその走りは……ということで、訪れたのが富士スピードウェイのショートサーキット。「スケジュールの都合で、全開走行は2周だけよ!」と言われたものの、そもそもショートサーキットは最高速を試すには短すぎる。しかし、そこはモータージャーナリストの性(さが)で、取りあえずストレートでアクセルペダルをベタ踏みにしたら、ド迫力のエキゾーストノートとともに、あっという間に2速が吹けきり、ストレートエンドのブレーキングポイントが目の前に。2トン強のステーションワゴンの加速とは到底思えない。

でも、その加速以上に驚いたのがRS 6アバントのハンドリング。なんだコレは……というくらいに俊敏な動きを見せるのだ。コーナーではターンインが鋭いうえに、アンダーステアが出やすい登りのタイトコーナーでも、アクセルペダルを踏んでいれば狙ったラインをトレースできるし、右から左へ切り返すポイントでもスパッと向きを変えてみせる。クワトロ、リアスポーツディファレンシャル、そして、DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)付きのスポーツサスペンションといったデバイスが、うまく機能している証しだ。究極のクワトロスポーツ、ここにあり!

(生方 聡)

アウディ RS 6アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス(4WD/6AT)【試乗記】 2020.7.16 試乗記 フォルクスワーゲンのクロスオーバーモデル「パサート オールトラックTDI 4MOTION」に試乗。ディーゼルエンジン+4WDのパワートレイン、そしてベース車よりも最低地上高30mmアップのシャシーが織りなす、その走りの魅力とは?
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • 第183回:ドイツ車はアタリが付く 2020.7.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第183回は「ドイツ車はアタリが付く」。「アウディA6」のエントリーモデル「40 TDIクワトロ」に試乗。“感動的”と称賛した「55 TFSIクワトロ」との比較を交えながら、ドイツ車ならではの味わいを再確認する。
ホームへ戻る