クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第325回:世界にまだない「全バーチャルコンパニオン」で競え?
大矢アキオ流 東京ショー2013追想

2013.12.06 マッキナ あらモーダ!

お楽しみあり、学びあり

第43回東京モーターショーが2013年12月1日に閉幕した。すでに報道されているとおり、前回ショーを7%上回る90万2800人の来場者を記録した。

ボクの関心はプレスデイではなく、一般公開日であった。プロではなく、普通の人々がどんなものに注目しているのか興味があったからである。
そこでボクは、「ゆりかもめ」で東京モーターショー会場の駅からひとつ隣の駅にある、お台場メガウェブで11月28日から29日の2日間開催された「イタリアンカートークショー」に出演させていただいたついでに、一般公開日のショー会場へと足を向けてみた。

エンターテインメント性で抜群だったのは、「ダイハツ・コペン」のパネル取り換えパフォーマンスである。タイムレスというか「Oh、モーレツ!」風なコスチュームのコンパニオン2人がアシスタントたちの手を借りながら、ボディーパネルを次々と張り替えてゆくものであった。
もちろんステージ用なので、難しい接合メカニズムはなく、マグネットである。だが、そのシンプルな視覚的リズムと楽しさは、一般公開日の来場者をおおいに引きつけたようで、毎回ショータイムになると黒山の人だかりができた。その熱気は、かつてGMが米国各地で巡回・展開した新車ショー「モトラマ」をイメージさせた。

いっぽうで、主要乗用車メーカー以外のブースもめぐった。
まず、訪ねたのはシートメーカーである。ここでのボクの素朴な疑問は、「なぜ、欧州車は、日本のように一発でバタンとバックレストが倒れるシートを採用しないのか?」である。
この疑問に対して、対応してくれた担当者の方は「ヨーロッパでは、ダイヤルによって無段階に角度が微妙に調節できるタイプのほうが好まれるのです」と教えてくれた。イタリアでサービスエリアに入ると途端に眠くなるボクとしては、欧州車にも日本式を導入してほしいと、切に願うのだが、そうはいかないらしい。ただし、日本車でもパワーシートは、「簡単に説明すると、欧州車のようなダイヤル式にモーターを付けたものです」とも教えてもらった。

シートといえば、毎回気になるのは、日本製路線バスの内装である。今回見せてもらったのは、「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」だ。
残念ながらその内装デザインは、前回と比べて格段にリファインされたとは言い難かった。しかし、説明員の方の話を聞くと、そう簡単なものではないことも判明した。
「バリアフリー法」「ノンステップ認定制度」のふたつをクリアするバスを造るためには、視覚障害をもつ方々を考慮したシート色および出入り口とわかるフロアの色を採用する必要があるという。その解決策として、座席色はシートメーカー主導によるブルー、出入り口付近は鮮やかなイエローが用いられるというのだ。これまで、「欧州の洗練されたバス内装デザインを、日本も見習って」と重ね重ね記してきたボクだが、これは困った。願わくば、欧州メーカーと日本メーカーが競いあい、こうした視覚障害をもつ人々にも優しいデザインを、よりリファインできたらと思ったのであった。

一般公開日、三菱自動車のショータイム。
一般公開日、三菱自動車のショータイム。 拡大
「ダイハツ・コペン」のパネル取り換えパフォーマンス。スタート前には「着せ替えショーが始まります!」というスタッフの呼び込みボイスが響いていた。
「ダイハツ・コペン」のパネル取り換えパフォーマンス。スタート前には「着せ替えショーが始まります!」というスタッフの呼び込みボイスが響いていた。 拡大
「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」
「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」 拡大
「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」のシート。
「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」のシート。 拡大
「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」の優先席。
「いすゞ・エルガ ハイブリッド ノンステップバス」の優先席。 拡大
自動化への過信に対する無言の警鐘? プレスセンターの洗面台で見た光景。
自動化への過信に対する無言の警鐘? プレスセンターの洗面台で見た光景。 拡大

デンソーのHanaちゃん

大矢アキオ流ブース巡りはさらに続く。
次に見学したのは、「LIGHBOT」と名付けられた障害物回避先導ヒューマンアシストロボットだった。高度なセンシング技術や駆動技術を統合した誘導システムにより、病院等で目が不自由な人の歩行をサポートするのが主目的だ。ボクもしばらく試させてもらったが、目をつぶっても安心して誘導に身を任せられる。
説明によれば「将来の自動運転や自動車の安全性・快適性の向上につながる可能性を秘めた技術」という。実はこれを実演していたのは、軸受けで知られる日本精工(NSK)であった。オートメーテッドドライブは、あるゆる分野のサプライヤーが可能性を探る分野である。

デンソーが参考出品していたコミュニケーションロボット「Hana」でも遊ばせてもらった。プレスリリースを引用すれば、「人とクルマをつなぐ未来のインターフェースコミュニケーションロボット」とのことだ。ドライバーの個性や好みに合わせた情報を、会話するように提供する装置だ。
例えば「最近はずいぶん寒くなってきたね」といったように、Hanaちゃんは話しかけてくる。そこでドライバーがエアコンの希望温度を告げると、彼女は「了解」と答えて設定してくれる、といった具合である。映画『ロリータ』で、少女を相手にドライブを続ける主人公のごとく、愛知県出身のHanaちゃんを話し相手にイタリアを連れ回す自分を想像したが、彼女の場合「走行中は安全のため会話の相手をしてくれない設定がなされている」という。教育的である。

教育的といえば、デンソーの説明員さんが「『バカ!』とおっしゃってみてください」とボクに言う。エンジニアが必死で開発した作品に、とても罵声など浴びせられないとちゅうちょしたが、実際に試してみると、正確な言葉は失念したがHanaちゃんは沈痛な声で反省の弁を述べていた。
米軍が無人攻撃兵器を続々開発している時代である。Hanaちゃんのデータベースから、ボクの「バカ」が消去されていることを願っている。そうでないと、どこかのモーターショーで再会したとき、なんらかの逆襲をされるのが怖い。

日本精工の「LIGHBOT」。目が不自由な人を誘導するのが目的だが、その先に見据えるのは、自動運転技術。
日本精工の「LIGHBOT」。目が不自由な人を誘導するのが目的だが、その先に見据えるのは、自動運転技術。 拡大
デンソーのコミュニケーションロボット「Hana」と対話を試みる筆者。
デンソーのコミュニケーションロボット「Hana」と対話を試みる筆者。 拡大
歴史車としては、「ホンダS360」ばかりが脚光を浴びていたが、三菱ふそうだって負けていない。「キャンター」誕生半世紀を記念して展示した2代目(1968年)。脇には、当時のカタログも閲覧できるようになっていた。
歴史車としては、「ホンダS360」ばかりが脚光を浴びていたが、三菱ふそうだって負けていない。「キャンター」誕生半世紀を記念して展示した2代目(1968年)。脇には、当時のカタログも閲覧できるようになっていた。 拡大
スズキの「キャリイ」の説明員・山室亜有美さん。ブランドの底辺を支える車種の担当でありながらも、真摯(しんし)な解説姿勢に感激せざるを得なかった。
スズキの「キャリイ」の説明員・山室亜有美さん。ブランドの底辺を支える車種の担当でありながらも、真摯(しんし)な解説姿勢に感激せざるを得なかった。 拡大

全AR化に挑戦せよ

惜しむらくは、Hanaちゃんや、それに匹敵するさまざまな興味深い研究や参考出品があっても、海外プレスや一般客にとっては、華やかなコンセプトカーのほうが優先されてしまったことである。

今回デンソーの説明員やコンパニオンは、「蛍の光」が場内放送で流れる時間になっても熱心に解説を続けてくれただけに、さらに悔しい。かつて、イタリアの有名バイクメーカーを訪問したとき、「ASIMO」について「なぜホンダがロボットをやるんだ?」と真顔で質問されたことがある。今回、イタリアからプレスデイ当日に成田に到着し、その足で東京ショー会場に滑り込んだという業界団体のメンバーは、開口一番「失望した」と述べた。Hanaちゃんを知っていれば、そんな言葉は出なかったはずである。

日本を一歩出ると、基礎研究の大切さが、なかなか理解されない。今日、自動運転が実用化されつつあるのも、日本の地道な基礎研究があったからである。そうした取り組みをアピールできる格好の機会に、小さなHanaちゃんを片隅に置いておくだけでは、もったいない。
「世界にまだない未来」があるのに、そのアピールがおとなしすぎる。もっとダイナミックな方法を探ったほうがいい。そう感じた今回の東京ショーであった。

ちなみに三菱自動車は、アニメ『ガールズ&パンツァー』とのコラボレーションで、ブース内にあるARマーカーポスターにスマートフォンをかざすと、ARコンパニオンによる車の説明が始まるという仕掛けで臨んだ。三菱のショータイムは前述のダイハツに匹敵するくらい楽しいものであっただけに、こう書くのは心苦しい。しかし次回は「生コンパニオン全廃・全バーチャルコンパニオン」くらいやってしまったほうが、世界の自動車界に衝撃を与えられると確信している。

これは筆者の持論に過ぎぬが、軽自動車メーカーやパーツサプライヤーに、フレンドリーなコンパニオン多し。これはダイハツ。
これは筆者の持論に過ぎぬが、軽自動車メーカーやパーツサプライヤーに、フレンドリーなコンパニオン多し。これはダイハツ。 拡大
豊田合成のコンパニオン。
豊田合成のコンパニオン。 拡大
ブリヂストンのコンパニオン。
ブリヂストンのコンパニオン。 拡大
三菱ブースではARマーカーポスターにスマートフォンやタブレットをかざすと、アニメ『ガールズ&パンツァー』の主人公が車両説明をした。
三菱ブースではARマーカーポスターにスマートフォンやタブレットをかざすと、アニメ『ガールズ&パンツァー』の主人公が車両説明をした。 拡大

少年時代のボクを見た!

おっと、少々説教くさくなってしまったが、一般公開日のボクは、もっと他の光景にも心を向けていた。
トヨタのブースでは広大なフィールドを設け、パーソナルモビリティーのコンセプトモデル「i-ROAD」を走らせていた。世界の主要モーターショーと違う企画だ。見れば、リーンしながら疾走する姿を少年たちが飽きることなく眺めていた。日産のブースでも、ほのぼのするシーンに遭遇した。同社が80年の歩みをミニカー&パネルで展開していたスロープでのことだ。ある女性が、往年のスカイラインのミニカーを指さした。「この車、ママ乗ってたのよ!」。脇には、彼女の息子と思われる男の子がいた。

両親とも働いていたボクの家にとって、東京モーターショーは年一回(当時は毎年開催だった)の唯一といっていい家族レジャーだった。竹芝桟橋から水上バスに揺られて当時の開催地であった晴海国際見本市会場まで行った。昼は併設の「日東紅茶」レストランで食べるのがおきまりだった。わが家のカメラ キャノネットはあまり調子が良くなかったが、一生懸命出展車を収めた。帰りの中央線車内では、会場で集めた山ほどのカタログを、家まで待ちきれずに次々と開いては眺めた。
そんな経験のあるボクである。会場の少年たちに自分の子供時代を重ね合わせずにはいられなかった。今、後ろにいるのは、キミたちの40年後の姿だ。40年後も、東京にモーターショーがあるといいな--そう心の中で少年たちに言い残し、ビッグサイトを去ったボクだった。 

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

プレスデイでの注目度はそこそこでも、一般公開日には大人気だったものの好例。日産ブースに設けられた80周年を記念したミニカー展示。来場者によって、さまざまな思い出話が交わされていた。
プレスデイでの注目度はそこそこでも、一般公開日には大人気だったものの好例。日産ブースに設けられた80周年を記念したミニカー展示。来場者によって、さまざまな思い出話が交わされていた。 拡大
これも一般公開日に意外に注目を浴びていた「世界のナンバープレート」。ある女子2人は「日本のが一番カッコ悪い」と、なかなか厳しいご意見を述べていた。
これも一般公開日に意外に注目を浴びていた「世界のナンバープレート」。ある女子2人は「日本のが一番カッコ悪い」と、なかなか厳しいご意見を述べていた。 拡大
トヨタブースにて。
トヨタブースにて。 拡大
■これも「世界にまだない」展示のひとつ? トミカのコーナーで。
■これも「世界にまだない」展示のひとつ? トミカのコーナーで。 拡大
1973年東京モーターショーにて。筆者7歳。
1973年東京モーターショーにて。筆者7歳。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。