第27回「スバルBRZ tS GTパッケージ」

2013.12.06 水野和敏的視点

黒い内装のまとめ方がうまい

今回から「スポーツ」をキーワードに、日本、ドイツ、イタリアのクルマを見ていきます。具体的には、以下の5台をピックアップしました。

・「スバルBRZ tS GTパッケージ」(6MT:429万4500円)
・「アバルト・プント スーパースポーツ」(6MT:309万円)
・「MINIジョンクーパーワークス クーペ」(6MT:426万円)
・「スズキ・スイフト スポーツ」(6MT:168万円)
・「アウディA3スポーツバック 1.8TFSI クワトロ」(7AT:393万円)

最初に試乗したのは、スバルのモータースポーツディビジョン、スバルテクニカインターナショナル(STI)が手がけたチューンドコンプリートカー「BRZ tS」。「PURITY of HANDLING」というコンセプトのもと、主に足まわりに手が入れられたモデルです。テスト車は、tSのうちの上級版「GTパッケージ」。ブラック塗装の18インチホイール、バケットタイプのフロントシート(レカロ製)、そしてトランクから派手に生えたドライカーボンのリアウイングが特徴です。

ドアを開けてドライバーズシートに座ると、黒を基調にした常識的な室内が広がります。ステアリングホイールやパーキングブレーキの赤いステッチが目をひきますが、感心したのは、むしろ黒の調子が全体的によく統一されていることです。インストゥルメントパネルの樹脂類、メーターナセル上面のアルカンターラ、シートに使われる革など、黒基調といっても、ともすると部位によって色調が異なったり、外光を反射したりして、ガチャガチャした印象になるものですが、BRZのそれは、よくまとめられています。
ただ、ちょっと単調な気もします。例えばシートのグレー部分に、シルバーがかった素材を使って変化をつけたら、黒に対してコントラストが付いて、より“スペシャル感”が出たんじゃないでしょうか。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
ホームへ戻る