第27回「スバルBRZ tS GTパッケージ」

2013.12.06 水野和敏的視点

黒い内装のまとめ方がうまい

今回から「スポーツ」をキーワードに、日本、ドイツ、イタリアのクルマを見ていきます。具体的には、以下の5台をピックアップしました。

・「スバルBRZ tS GTパッケージ」(6MT:429万4500円)
・「アバルト・プント スーパースポーツ」(6MT:309万円)
・「MINIジョンクーパーワークス クーペ」(6MT:426万円)
・「スズキ・スイフト スポーツ」(6MT:168万円)
・「アウディA3スポーツバック 1.8TFSI クワトロ」(7AT:393万円)

最初に試乗したのは、スバルのモータースポーツディビジョン、スバルテクニカインターナショナル(STI)が手がけたチューンドコンプリートカー「BRZ tS」。「PURITY of HANDLING」というコンセプトのもと、主に足まわりに手が入れられたモデルです。テスト車は、tSのうちの上級版「GTパッケージ」。ブラック塗装の18インチホイール、バケットタイプのフロントシート(レカロ製)、そしてトランクから派手に生えたドライカーボンのリアウイングが特徴です。

ドアを開けてドライバーズシートに座ると、黒を基調にした常識的な室内が広がります。ステアリングホイールやパーキングブレーキの赤いステッチが目をひきますが、感心したのは、むしろ黒の調子が全体的によく統一されていることです。インストゥルメントパネルの樹脂類、メーターナセル上面のアルカンターラ、シートに使われる革など、黒基調といっても、ともすると部位によって色調が異なったり、外光を反射したりして、ガチャガチャした印象になるものですが、BRZのそれは、よくまとめられています。
ただ、ちょっと単調な気もします。例えばシートのグレー部分に、シルバーがかった素材を使って変化をつけたら、黒に対してコントラストが付いて、より“スペシャル感”が出たんじゃないでしょうか。

関連記事
  • スバルSTIパフォーマンス コンセプト 2015.4.2 画像・写真 STIのノウハウがてんこ盛り。「スバルSTIパフォーマンス コンセプト」を紹介。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • スバルBRZ tS(FR/6MT)【試乗記】 2015.6.30 試乗記 およそ2年ぶりに発売された、台数限定のチューンドカー「スバルBRZ tS」に試乗。「大人の感性にうったえたい」「同乗者にも楽しんでもらいたい」と開発陣も意気込む、その実力やいかに?
  • 高級SUV市場を創出した立役者 「ランドローバー・レンジローバー」が別格である理由 2022.1.26 デイリーコラム 世の中に高級SUV市場を創設した「ランドローバー・レンジローバー」は、世の高級車ブランドがこぞってSUVをリリースした現在でも、やはり別格ともいうべき風格をまとっている。果たしてその源泉はどこにあるのだろうか。
  • 愛されて50年! 名車中の名車「カワサキZ1」の魅力をオーナーが語る 2022.1.21 デイリーコラム 先般、カワサキが「Z650RS」など3機種に「Zシリーズ」の50周年記念モデルを設定。懐かしのカラーリングでファンを沸かせた。誕生から半世紀を経てなお、ライダーの胸を熱くする“カワサキのZ”とはどんなバイクだったのか? 「Z1」を所有し続けるオーナーが語った。
ホームへ戻る