第29回「MINIジョンクーパーワークス クーペ」

2013.12.20 水野和敏的視点
 

第29回「MINIジョンクーパーワークス クーペ」の画像 拡大

第29回「MINIジョンクーパーワークス クーペ」の画像 拡大

第29回「MINIジョンクーパーワークス クーペ」の画像 拡大

第29回「MINIジョンクーパーワークス クーペ」の画像 拡大
MINIジョンクーパーワークス クーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3745×1685×1380mm/ホイールベース:2465mm/車重:1230kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:211ps/6000rpm/最大トルク(オーバーブースト時):26.5(28.6)kgm/1750-5500rpm/タイヤ:(前)205/45R17/(後)205/45R17/価格:426万円
MINIジョンクーパーワークス クーペ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3745×1685×1380mm/ホイールベース:2465mm/車重:1230kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:211ps/6000rpm/最大トルク(オーバーブースト時):26.5(28.6)kgm/1750-5500rpm/タイヤ:(前)205/45R17/(後)205/45R17/価格:426万円 拡大

サービス精神に満ちた高性能MINI

日独伊に加え、今回の「水野和敏的視点」では、英国生まれ・ドイツ育ちのスポーツモデルを取り上げます。試乗車は、「MINIジョンクーパーワークス クーペ」(6MT:426万円)。ベースとなるハッチバックより車高を落とし、Aピラーを寝かせ、ヘルメットのようなルーフを載せた2シーターMINI。ひどくコンパクトになったキャビンの影響で、シルエットの奇抜さが際立ちます。

JCWことジョンクーパーワークス! 言わずと知れた、MINIのチューンドバージョンです。1.6リッターの直噴ターボは、最高出力211ps/6000rpmを発生、最大トルクは、通常時には26.5kgm/1750-5500rpm、オーバーブースト時には28.6kgmまで増大します。ノーマルの「MINIクーパー クーペ」が122psと16.3kgmだから、JCWのチューン度合いが知れようというもの。ちなみに、「クーパーS」とは最大トルクは同じですが、ピークパワーの発生回転数を5500rpmから6000rpmに引き上げることで、184psから211psへのアップを果たしています。

エンターテインメントの面でも、手抜かりはないですね。スポーツボタンを押すことで、ステアリングはより俊敏になり、エンジンレスポンスは向上し、エキゾーストノートまで音量が増します。「アバルト・プント スーパースポーツ」同様、MINIジョンクーパーワークス クーペも、「ドライバーを楽しませよう!」という気、満々です!!

関連キーワード:
MINIクーペ, MINI

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る