新型「ジープ・チェロキー」2014年春に販売開始

2014.01.27 自動車ニュース
「ジープ・チェロキー」(写真は北米仕様車)
「ジープ・チェロキー」(写真は北米仕様車)
    拡大

新型「ジープ・チェロキー」2014年春に販売開始

フィアット クライスラー ジャパンは2014年1月27日、SUV「ジープ・チェロキー」の最新型を、同年の春に日本国内で発売すると発表した。

チェロキーは、ジープブランドを代表するSUVモデル。今回導入が予定されている最新型は5世代目にあたるもので、2013年3月のニューヨークモーターショーで世界初公開されるや、“これまでのジープになかった未来的なデザイン”で話題となった。

メカニズムにおける見どころは、ジープとして初めて採用された、9段オートマチックトランスミッション。また、ジープならではのオフロード走破性や、オンロードでの優れた乗り心地とハンドリング、先進的な安全装備/セキュリティー装備なども、セリングポイントとされている。

アメリカ本国では2013年10月から販売されているが、日本における正式な発売日や価格などについては、現段階では公表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
チェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ チェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • 第193回:夜の首都高で怖いよ怖いよ 2020.11.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、最高出力650PSを誇る最新の「ポルシェ911ターボSカブリオレ」を駆り、首都高・辰巳PAを訪れてみた。いまやそこは、オトナの走り屋たちの社交場と化しているようだった。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
ホームへ戻る