「ルノー・トゥインゴ」3代目はリアエンジンに【ジュネーブショー2014】

2014.02.14 自動車ニュース
3代目となる新型「ルノー・トゥインゴ」
3代目となる新型「ルノー・トゥインゴ」
    拡大

【ジュネーブショー2014】新型「ルノー・トゥインゴ」はリアエンジンで登場

仏ルノーは2014年2月14日、コンパクトカー「ルノー・トゥインゴ」の新型について、概要を明らかにした。

1992年の誕生から20年あまり。その初代の革新的なスピリットを呼び覚ますべく、さらに快適で俊敏なシティーカーを目指したとされる3代目「ルノー・トゥインゴ」がデビューする。

ルノーは新型を開発するにあたって、同時期に次期型スマートを検討していた独ダイムラーと協力。2010年には両社間で共同開発の合意がなされ、以後、生産に向けて計画を進めてきた。

このような経緯で、新型トゥインゴは歴代初のリアエンジン搭載車となり、それゆえ実現できたとされる室内空間の広さと小回り性の高さが、セリングポイントとなっている。

外観上は、往年の「ルノー5(サンク)」から着想を得たというリアウィンドウやショルダー部のデザイン処理、上級モデル「ルーテシア」のように、ドアハンドルを目立たなくしたリアドアなどが特徴。水色や黄色、赤、白といったポップなボディーカラーも、“トゥインゴらしさ”のひとつとしてアピールされている。

一方のインテリアは、現時点では非公開。2014年3月4日に開幕するジュネーブモーターショーにおいて、お披露目される予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, ジュネーブモーターショー2014, イベント, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
ホームへ戻る