クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第335回:ほこりまみれ&傷だらけの「未再生車」が人気のヒミツ

2014.02.21 マッキナ あらモーダ!

昔くず鉄、今8600万円

先日、カースコープ「ちょっと古いフェラーリのお値段は?」でお伝えしたとおり、2014年2月パリでは、ヒストリックカー見本市「レトロモビル」にあわせて、著名オークションハウスによるセールが相次いで開催された。その数は、昨年の2社2セールから3社4セールに増えた。
それら4オークションで目立ったのは未再生車の活況だ。そのほとんどは、カーヴの中に長年置かれたワインのごとく、ほこりをかぶった状態で誇らしげにディスプレイされていた。

まずはイギリスを本拠地とするオークションハウス「ボナムス」がグランパレで行ったセールから。
【写真1・2】は戦後フランスの超高級車「ファセル・ヴェガ・ファセルII」(1962年)である。新車時に大西洋を越えて米国にわたったこのクルマは、2代目オーナーのもとで40年にわたりガレージに納められたまま過ごしていた。

2900台生産されたファセル車を丹念に追う専門家も、これまでこの個体は消滅してしまったと考えていたという。レストアを施せば十分にコンクール・デレガンス出場車になりうるとの事前評価が功を奏したか、想定価格をわずかに上回る15万5250ユーロ(約2173万円)で落札された。

次は、フランスの著名なカロシエ、フィゴニ・エ・ファラシによるボディーをまとった1951年「シムカ8 1200スポール」だ【写真3】。6台が製作されたといわれるこのクルマは、当時ブリュッセルの、ある夫人が購入した。やがて1970年に孫娘夫婦に譲ったが、1973年に最後の車検記録を残したまま、こちらも今日まで40年以上車庫にしまわれたままだった。こちらも想定価格を上回る4万3700ユーロ(約612万円)でハンマープライスとなった。

パリのオークションハウス「アールキュリアル」が出品したアンリ・シャプロン製ボディーの1937年「ドライエ135クーペ デザルプ ロードスター」【写真4】の物語も面白い。初代オーナーは、フランス南東部オートサヴォワの青年実業家だった。彼はのちに第2次世界大戦中、抗独レジスタンスに参加したことから、1944年のアヌシー解放では、パレードにこのクルマが使われた。

やがて1951年に2代目オーナーに売却された。だが、彼は修理工場にこのクルマを残したままこの世を去ってしまった。工場は預かり代金が支払われなくなると、さっさとクルマを売ってしまう。売却価格170フランは、くず鉄代金相当だったという。しかしそのとき購入したオーナーは整備とその記録を丹念に行ったばかりか、1960年代を通じてレースにも参加。今日まで保存し続けた。このクルマは想定価格内の61万9840ユーロ(約8676万円)にまで競り上がった。

【写真1】「ボナムス」が出品した1962年「ファセル・ヴェガ・ファセルII」。
【写真1】「ボナムス」が出品した1962年「ファセル・ヴェガ・ファセルII」。 拡大
【写真2】「ファセル・ヴェガ・ファセルII」のリアビュー。40年間、ガレージで惰眠をむさぼっていた。ボディーカラーはピーコックブルー。
【写真2】「ファセル・ヴェガ・ファセルII」のリアビュー。40年間、ガレージで惰眠をむさぼっていた。ボディーカラーはピーコックブルー。 拡大
【写真3】フィゴニ・エ・ファラシのコーチワークによる1951年「シムカ8 1200スポール」。こちらも約40年間、しまわれたままだった。
【写真3】フィゴニ・エ・ファラシのコーチワークによる1951年「シムカ8 1200スポール」。こちらも約40年間、しまわれたままだった。 拡大
【写真4】「アールキュリアル」のオークションで。数奇な運命をたどった1937年「ドライエ135クーペ デザルプ ロードスター」。
【写真4】「アールキュリアル」のオークションで。数奇な運命をたどった1937年「ドライエ135クーペ デザルプ ロードスター」。 拡大

ボロボロの「600プルマン」も7500万円

アールキュリアルは珍車もカタログに載せていた。1941年「ピエール・フォール」【写真5・6】だ。
第2次世界大戦中の石油欠乏期に造られた2座の電気自動車である。車名と同名の製作者は、かのルイ・ブレゲ(有名なブレゲ航空機の創立者)と働いた人物であったが、クルマは20台前後が造られるにとどまった。現オーナーはシャテルローの博物館にあったものを見つけて購入したという。不動状態ではあるものの、1万5000~2万5000ユーロの想定価格に対して、5万1250ユーロ(約717万円)をつけた。

現存するブランドの未再生車も出品された。
同じアールキュリアルがアルファ・ロメオ専門オークションの“とり”、つまり最後に据えたのは、1972年「アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー」の「ファミリアーレ」(ワゴン)【写真7】だ。カロッツェリア・ジョルジェッティによって改装され、ローマの高速道路(アウトストラーダ)公団に納入されたものである。今やウインドシールドガラスさえない状態だ。にもかかわらず、5000~8000ユーロの想定価格に対して、1万5496ユーロ(約217万円)で競り落とされた。

いっぽう「RMオークションズ」は1971年「メルセデス・ベンツ600プルマン」【写真8・9】を用意していた。個体の詳しいヒストリーは明らかにされていないが、パレードの機会もある国家元首の行事などのために、わずか26台しか造られなかった6ドアのランドーレット仕様(後部がオープンになるボディー)で、かつ30年も眠っていたという車両だけに、ミステリー小説的イマジネーションが膨らむ。

車内をのぞくと、当時最先端だったソニー製カーテレビが装着されていたという仕切りこそ認められるものの、かなり痛々しい状態だ。にもかかわらず、こちらも想定価格の8万~12万ユーロをはるかに上回る53万7600ユーロ(約7525万円)でハンマープライスとなった。メルセデス・ベンツは、たとえ満身創痍(そうい)になってもメルセデス・ベンツである。

結果として未再生車は、コンディションに関係なく想定価格内、もしくはそれを大幅に上回ったものが大半で、その人気を示す結果となった。

【写真5】第2次世界大戦中の1941年に製造された電気自動車「ピエール・フォール」。電池のためだろう、小柄でも車両重量は550kgある。
【写真5】第2次世界大戦中の1941年に製造された電気自動車「ピエール・フォール」。電池のためだろう、小柄でも車両重量は550kgある。 拡大
【写真6】「ピエール・フォール」の室内。カタログ上の最高速度は45km/h。航続距離は75kmだった。
【写真6】「ピエール・フォール」の室内。カタログ上の最高速度は45km/h。航続距離は75kmだった。 拡大
【写真7】「アールキュリアル」のアルファ・ロメオ専門オークションで最後を飾った1972年「アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー」の「ファミリアーレ」。当時、高速道路公団に納入されたもの。
【写真7】「アールキュリアル」のアルファ・ロメオ専門オークションで最後を飾った1972年「アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー」の「ファミリアーレ」。当時、高速道路公団に納入されたもの。 拡大

古いクルマ特有の"アレ"が好き

おのおのの未再生車にまつわるヒストリーを読みながら鑑賞するのは、なかなか楽しいものだ。同時に、レストアを施したあとコンクールで賞を獲得し、車両価値の向上をもくろむ人の存在も当然のことながらイメージできる。

しかし、この世には、こうしたフランス人がいうところの「dans son jus(孤立無援状態)」、もしくは「sortie de grange(納屋から発掘された状態)」を、そのまま楽しむ人がいることもたしかだ。

夏にイタリアのコモ湖畔で開催されるコンクール「コンコルソ・ヴィラ・デステ」に、たびたびこうした状態のまま車を持ち込む愛好家ダニエル・マラシン氏は、筆者にこう語る。
「私はオーバー・レストレーションが嫌いだ。内装も、古いクルマにしかない、においがいいんです」
わかるわかる。イタリア人も、カンティーナといわれる物置の、ちょっと湿っぽい、カビくさい香りが好きで、休みの日はその中で一日中、古い家具の修理をしていたりする。

マラシン氏の言葉を裏づけるのは、ボクの周囲の人たちの行動だ。パリの知人は毎週末、クリニャンクールの“のみの市”を散策するのが大好きである。おかげで最近は、まだ小学生の彼の息子まで、退色した大西洋外洋客船の荷物タグとかを買ってくるようになった。

シエナに住むボクの知り合いのおじさんたちもしかりである。一緒に散歩していると、古い銀食器が並ぶ骨董(こっとう)店で足を止め、飽きることなく「あれは、良家の食卓で使っていたスタイルだ」などと議論している。彼らのなかには、好きが高じて、ついには骨董店の臨時の店番をするようになってしまったおじさんまでいる。

要は、彼らのマインドとして、完璧な修復を施したものと同じくらい「ヒストリーを匂わせる、風合いのあるもの」が好きなのである。投資目的とは別に、未再生車の展示にギャラリーが熱い目を注ぐ理由がうなずける。

そんなことを書いていたら、ボクの書棚からほこりをかぶった古い大きな包みが出てきた。「おおっ、中身は何かお値打ちモノの古文書か何かか?」と、助平心がむくむくと頭をもたげた。
開封してあぜんとした。高校から大学時代に描いた自画像であった。思い起こせば当時、祖母を喜ばせようと彼女の家に貼っておいたものの、没後に家の処分を担当した伯母から「これ、困るから」といって他の物とまとめて渡され、仕方ないのでイタリアまで持ってきたものだった。

当時は得意になって描いたものだが、今みると、どう見ても未解決事件の犯人の似顔絵である。わが家に価値のあるものなど皆無であることを悟り、原稿書きに戻った筆者であった。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

【写真8】1971年「メルセデス・ベンツ600プルマン」。6ドアのランドーレット仕様は、わずか26台しか造られなかった。
【写真8】1971年「メルセデス・ベンツ600プルマン」。6ドアのランドーレット仕様は、わずか26台しか造られなかった。 拡大
【写真9】「メルセデス・ベンツ600プルマン」のインテリア。かつてソニー製カーテレビ、ベッカー・グランプリ8スピーカー・ステレオ、電話などが備えられていたという。
【写真9】「メルセデス・ベンツ600プルマン」のインテリア。かつてソニー製カーテレビ、ベッカー・グランプリ8スピーカー・ステレオ、電話などが備えられていたという。 拡大
【写真10】大きな包みを開けてみたら、稚拙な自画像だった。自分で見てもキモい。
【写真10】大きな包みを開けてみたら、稚拙な自画像だった。自分で見てもキモい。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。