第238回:愛されて50年!
「フォード・マスタング」の熱い人気に触れる

2014.04.24 エディターから一言

その歴史、実に半世紀

「フォード・マスタング」がこの世に誕生したのは、今からちょうど50年前の1964年4月17日、ニューヨーク・ワールドフェア(万国博覧会)でのことだった。考えてみれば、半世紀の歴史を誇るクルマなどそうざらにあるわけではない。今回のマスタングを除けば、アメリカ車で50周年を祝ったのは恐らく「シボレー・コルベット」だけだろう。2年後には「シボレー・カマロ」も50周年を迎えるが、果たして彼らはそれを祝えるのか……。なぜならカマロには、7年にわたり生産が止まっていた、いわゆる欠落期間があるからである。

そんなマスタングの50周年記念イベントが、“誕生日”である2014年4月17日にアメリカで開催された。場所はニューヨーク、ラスベガス、そしてシャーロットの3カ所。ニューヨークでは1964年にワールドフェアが開催されたクイーンズ地区のフラッシング・メドウズ・コロナ・パークが、ラスベガスとシャーロットは、ともにNASCARのレースが開催されるスピードウェイが舞台となった。

これに先立ち、ちょうどモーターショーが開幕したニューヨークでは、プレスデイの2014年4月16日にフォードがマスタングの50周年を祝うアニバーサリーモデルを発表。また、エンパイアステートビルの86階に新型のマスタングを展示して注目を集めた。実は50年前にも、フォードはエンパイアステートビルの同じ場所にマスタングを展示。一体どうやってそれを運んだのかが話題になったという。

フォードは今回、その答えを新たなモデルを使って公開してくれた。当時も、そして今回も、車両をいくつかのパートに分解し、一般用のエレベーターに載せて86階まで運搬。そこで再び組み立てるという方法を使ったのだ。もちろん1964年当時、エンパイアステートビルの展望台に自動車が展示されるというのは前例のない出来事であり、過去最大、かつ最も重い展示物だったという。

ニューヨーク・ワールドフェアにて行われた、「フォード・マスタング」の発表会の様子。
ニューヨーク・ワールドフェアにて行われた、「フォード・マスタング」の発表会の様子。 拡大
エンパイアステートビルに展示された「フォード・マスタング」。
エンパイアステートビルに展示された「フォード・マスタング」。 拡大
展示用の車両は、写真のように分解して一般用のエレベーターで展望台まで運ばれた。
展示用の車両は、写真のように分解して一般用のエレベーターで展望台まで運ばれた。 拡大
50年前と同じ方法でエンパイアステートビルに展示された、新型の「フォード・マスタング」。ともに写っているのはフォードのビル・フォード会長(手前)と、エンパイアステート・リアルティー・トラストのアンソニー・マルキンCEO(奥)。
50年前と同じ方法でエンパイアステートビルに展示された、新型の「フォード・マスタング」。ともに写っているのはフォードのビル・フォード会長(手前)と、エンパイアステート・リアルティー・トラストのアンソニー・マルキンCEO(奥)。 拡大
フォード マスタング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マックイーンのあのマスタングが復活!
    50年目の「マスタング ブリット」にアメリカ車の輝きを見た
    2018.2.5 デイリーコラム 気分はスティーブ・マックイーン! 映画史に残るカーチェイスを繰り広げた、世界一有名な「フォード・マスタング」の雄姿と、“劇中車”の50周年を記念した特別仕様車の登場に、長年にわたり銀幕を彩ってきたアメリカ車の輝きを見た。
  • 第63回:時代を駆けるフォード・マスタング
    トレンド商品からブランドを代表するアイコンへ
    2019.11.28 自動車ヒストリー 若者向けのポニーカーとして、あるいはパワフルなハイパフォーマンスカーとして、1964年の誕生以来、ファンに愛され続けている「フォード・マスタング」。アメリカを代表するスペシャリティーカーはどのようにして誕生し、今日まで受け継がれてきたのか?
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • モーガン・プラスフォー(FR/6MT)【試乗記】 2021.4.26 試乗記 “木とアルミのスポーツカー”ことモーガンから、ニューモデル「プラスフォー」が登場。新世代シャシーにモダンな2リッターターボを搭載したこのクルマは、モーガン伝統のドライブフィールと硬派なスポーツカーの魅力を併せ持つ、希有(けう)な一台に仕上がっていた。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【レビュー】 2021.4.17 試乗記 キャデラックの新型ミッドサイズセダン「CT5」が日本上陸。早速そのステアリングを握った筆者は、ドイツ御三家の高級サルーンにも引けを取らない、洗練された走りに驚かされたのだった。
ホームへ戻る