クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第238回:愛されて50年!
「フォード・マスタング」の熱い人気に触れる

2014.04.24 エディターから一言

その歴史、実に半世紀

「フォード・マスタング」がこの世に誕生したのは、今からちょうど50年前の1964年4月17日、ニューヨーク・ワールドフェア(万国博覧会)でのことだった。考えてみれば、半世紀の歴史を誇るクルマなどそうざらにあるわけではない。今回のマスタングを除けば、アメリカ車で50周年を祝ったのは恐らく「シボレー・コルベット」だけだろう。2年後には「シボレー・カマロ」も50周年を迎えるが、果たして彼らはそれを祝えるのか……。なぜならカマロには、7年にわたり生産が止まっていた、いわゆる欠落期間があるからである。

そんなマスタングの50周年記念イベントが、“誕生日”である2014年4月17日にアメリカで開催された。場所はニューヨーク、ラスベガス、そしてシャーロットの3カ所。ニューヨークでは1964年にワールドフェアが開催されたクイーンズ地区のフラッシング・メドウズ・コロナ・パークが、ラスベガスとシャーロットは、ともにNASCARのレースが開催されるスピードウェイが舞台となった。

これに先立ち、ちょうどモーターショーが開幕したニューヨークでは、プレスデイの2014年4月16日にフォードがマスタングの50周年を祝うアニバーサリーモデルを発表。また、エンパイアステートビルの86階に新型のマスタングを展示して注目を集めた。実は50年前にも、フォードはエンパイアステートビルの同じ場所にマスタングを展示。一体どうやってそれを運んだのかが話題になったという。

フォードは今回、その答えを新たなモデルを使って公開してくれた。当時も、そして今回も、車両をいくつかのパートに分解し、一般用のエレベーターに載せて86階まで運搬。そこで再び組み立てるという方法を使ったのだ。もちろん1964年当時、エンパイアステートビルの展望台に自動車が展示されるというのは前例のない出来事であり、過去最大、かつ最も重い展示物だったという。

ニューヨーク・ワールドフェアにて行われた、「フォード・マスタング」の発表会の様子。
ニューヨーク・ワールドフェアにて行われた、「フォード・マスタング」の発表会の様子。 拡大
エンパイアステートビルに展示された「フォード・マスタング」。
エンパイアステートビルに展示された「フォード・マスタング」。 拡大
展示用の車両は、写真のように分解して一般用のエレベーターで展望台まで運ばれた。
展示用の車両は、写真のように分解して一般用のエレベーターで展望台まで運ばれた。 拡大
50年前と同じ方法でエンパイアステートビルに展示された、新型の「フォード・マスタング」。ともに写っているのはフォードのビル・フォード会長(手前)と、エンパイアステート・リアルティー・トラストのアンソニー・マルキンCEO(奥)。
50年前と同じ方法でエンパイアステートビルに展示された、新型の「フォード・マスタング」。ともに写っているのはフォードのビル・フォード会長(手前)と、エンパイアステート・リアルティー・トラストのアンソニー・マルキンCEO(奥)。 拡大
フォード の中古車

ケタ違いの記念イベントに脱帽

ニューヨークでの取材を終えると、次はシャーロット・モーター・スピードウェイに向かった。先述した3つの会場のうち、ここが最大の規模を誇ったからである。ちなみに「MCA(マスタング・クラブ・オブ・アメリカ)」の会長であるスティーブ・プレウィット氏によれば、16日から20日までの5日間で一日最大5000台の参加を見積もっていたという。内訳はレジストリー(登録申請)してあるクルマがおよそ3800台。これに、パブリックスペースに独自に集まる人々を加えてだいたい5000台というわけである。入場者数は一日2万~2万5000人を想定していた。
ちなみに、ニューヨークのフラッシング・メドウズ・コロナ・パークで催されたイベントに集まったマスタングは合計94台とのこと。シャーロットのイベントの、ケタ違いの規模がわかるというものだ。

イベントの内容は、歴代のマスタングを並べたり、レアなモデルを特別展示したり、あるいは当時もののテレビCMなどをビデオ上映したりといった具合。コース上では、レーシングスピードで自らのマスタングを走らせる走り屋さんたちの姿も見られたが、基本的にはオーナーたちが思い思いに週末を過ごす、おだやかな雰囲気が漂っていた。

4月18日の夕方からは「イブニングクルーズ」と称するパレード走行が行われた。オーガナイザーに聞いても「どこからどこに走るかは不明」ということで、仕方なくスタート地点で集まってくるクルマを写真に収めた。
それにしても、雨に向かいつつある天候にも関わらず、すさまじい数のマスタングがこのクルーズに参加していく。その車列の長さに、あらためてこのイベントの巨大さを実感。アメリカでのマスタングファンの多さと、人気の根強さを思い知らされた。

(文=中村孝仁/写真=中村孝仁、フォード モーター カンパニー)

→50周年記念イベントのより詳しい写真はこちら
 

シャーロット・モーター・スピードウェイのインフィールドには、芝を覆わんばかりの「マスタング」が。
シャーロット・モーター・スピードウェイのインフィールドには、芝を覆わんばかりの「マスタング」が。 拡大
シャーロットの会場には、ニューヨークショーで発表された「マスタング」の50周年記念車も姿を現した。
シャーロットの会場には、ニューヨークショーで発表された「マスタング」の50周年記念車も姿を現した。 拡大
 
第238回:愛されて50年!「フォード・マスタング」の熱い人気に触れるの画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォード の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。