クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第251回:新型「デミオ」のここが見どころ/チーフデザイナーが語るこだわりのデザイン

2014.08.01 エディターから一言
今秋の正式デビューを前に「マツダ・デミオ」のプロトタイプが公開された。
今秋の正式デビューを前に「マツダ・デミオ」のプロトタイプが公開された。 拡大

「魂動(こどう)」デザインが採用されたマツダの新世代商品の第4弾、新型「デミオ」がいよいよわれわれの目の前に現れた。そのデザインの見どころは? チーフデザイナーに語ってもらった。

マツダ株式会社
デザイン本部
チーフデザイナー
柳澤 亮(やなぎさわ りょう)さん

1991年にマツダ入社。デザイン本部で「プレマシー」などさまざまな量産車のインテリアデザインを手がけた後、2007年にデザイン戦略スタジオ チーフデザイナーに。ピックアップトラック「BT-50」を担当した。2010年にデザイン本部に帰任し、2011年に「マツダ2/デミオ」のチーフデザイナーに就任。2013年にはコンセプトカー「マツダ跳(HAZUMI)」のチーフデザイナーも務めた。1969年生まれ。
マツダ株式会社
    デザイン本部
    チーフデザイナー
    柳澤 亮(やなぎさわ りょう)さん
    
    1991年にマツダ入社。デザイン本部で「プレマシー」などさまざまな量産車のインテリアデザインを手がけた後、2007年にデザイン戦略スタジオ チーフデザイナーに。ピックアップトラック「BT-50」を担当した。2010年にデザイン本部に帰任し、2011年に「マツダ2/デミオ」のチーフデザイナーに就任。2013年にはコンセプトカー「マツダ跳(HAZUMI)」のチーフデザイナーも務めた。1969年生まれ。
    拡大
新型「デミオ」のデザインスケッチ。
新型「デミオ」のデザインスケッチ。
    拡大
「アクセラ」や「アクセラ」の全長を単純に縮めると、まるで“チョロQ”のようになってしまう。
「アクセラ」や「アクセラ」の全長を単純に縮めると、まるで“チョロQ”のようになってしまう。
    拡大
ひとことで「魂動(こどう)」デザインといっても、3台では表現している動きが異なっている。
ひとことで「魂動(こどう)」デザインといっても、3台では表現している動きが異なっている。 拡大

ボディーの“動き”を再構築する

新型「デミオ」のデザイン開発を率いたチーフデザイナーの柳澤氏。デザインを決めるにあたり、貫いた志はシンプルで力強いものだった。その志とは「妥協は一切せず、格好良さで突き抜けたい」というもの。

「われわれマツダは(販売規模の面では)スモールプレーヤーです。世の中にはいろいろなBカー(Bセグメントカー)があり、そこから突出しなくてはなりません。そのために、まず“格好良さで突き抜けたい”と考えました」

特に日本のマーケットで主流になっているBセグメントカーは、キャビンが大きい、いかにも室内が広そうなミニバン的なクルマたちだ。新型デミオはその流れは意識していないのだろうか。

「もちろん、そういう流れを意識することは非常に大事だと思います。ただ、われわれがそれをやってしまうと埋没してしまうかもしれない。だからそれとは違った“骨格”を作りたい。他のコンパクトカーとは一線を画す『走りの骨格』というものを作りたい。そういうところで勝負したいと考えました」

その「走りの骨格」とはこういうものだ。Aピラーを従来より後方に引くことによってキャビンをコンパクトに仕立てる/そのキャビンをしっかりとしたロワーボディーの後方に鎮座させる/そうすることでリアタイヤにぐっと荷重がかかったバランスを築く――こうすると見る者に走りを意識させるフォームが出来上がるのだ。この考え方は、実は新しいものではなく、すでに「CX-5」「アテンザ」「アクセラ」といった一連の魂動デザインで試みられている。

「ただアテンザやアクセラとまったく一緒のデザインなのかというと、それはちょっと違います。例えば、アテンザやアクセラのデザインをそのまま小さくするとどうなるか。まるで“チョロQ”のようになってしまう。単純にデザインを縮めるだけだと、“動き”が少し不自然になってしまうのです。そこで“動き”を再構築しなくてはなりません」

チーターの動きで表現するなら、アテンザは「トップスピードのしなやかな動き」、アクセラは「急激な加速感」、そして新型デミオでは「凝縮したエネルギーを解放する爆発的な動き」を表現したという。

リアタイヤの前方にぐっとエネルギーを凝縮させる。そのエネルギーがいまにも飛び出しそうなるがそれをこらえ、しかしある瞬間に爆発的に解放されて前に進んでいく――デミオはそんなイメージなのだそうだ。

“表情作り”にこだわった

続いてエクステリアの細部を見ていこう。新型デミオの顔つきはりりしい。その“目つき”は、アテンザやアクセラより精悍(せいかん)だ。

「表情作りにはかなりこだわりました。そのポイントは“獣の瞳”を表現したヘッドランプです。獣がぐっとにらんで獲物に飛びかかるような表情を作りたかったのです。そのために、LEDのリングを使って瞳の表情を作りました。ヘッドランプユニットの中にはまぶたもあります」「リアコンビネーションランプについても同様です。デミオがこちらに近づいてくるときだけでなく、走り去っていくときにも『あ、デミオだ』と気づいていただきたい。リアにもフロントと同じような表情付けを行いました」

マツダが「シグネチャーウイング」と呼ぶラジエーターグリル周りのクロム装飾も、アテンザやアクセラより太く、くっきりとしたものになった。

「CX-5のころは細い、ピンストライプのようなものでしたが、だんだん“進化”してきて、新型デミオでは非常に力強く、立体感の強いものとしました。(赤いボディーカラーの場合)まるで赤い皮を突き破って、骨格が飛び出してきているかのような印象になっていると思います。さらには、そこからヘッドランプを前後に貫いて、彫りの深い顔かたちを作っているのも特徴です」

凝ったデザインのホイールを履いているおかげで、足元もぐっと引き締まって見える。

「今回は“切削ホイール”を用意しました。これまでマツダのホイールというとシルバーで塗装したものが基本でしたが、金属の本物の輝きを手に入れたいという思いがあって採用しました。スペシャルな雰囲気も出ているし、いいホイールになったのではないかと自負しています」

「鍛えあげられた鋼の肉体美というものを、5ナンバー枠の中で表現するということにとても苦労しました」と柳澤チーフデザイナー。
「鍛えあげられた鋼の肉体美というものを、5ナンバー枠の中で表現するということにとても苦労しました」と柳澤チーフデザイナー。 拡大
“獣の瞳”を表現したヘッドランプ。
“獣の瞳”を表現したヘッドランプ。 拡大
テールランプでも“リング”を繰り返している。
テールランプでも“リング”を繰り返している。 拡大
切削加工が施されたアルミホイールを採用する。
切削加工が施されたアルミホイールを採用する。 拡大

世界のベンチマークを目指す

エクステリアと同じように、インテリアデザインにも高い志を掲げた。「世界中の自動車メーカーが、このデミオを目指してデザインしたいというくらいのものにしたい」という意気込みで取り組んだそうだ。実は柳澤氏はインテリアデザイン出身のチーフデザイナー。インテリアには人一倍こだわりがある。

「インテリアのテーマはふたつあります。ひとつはドライバーのためのコックピット空間をしっかり作るということ。ふたつめは助手席のための横方向に抜ける空間を作るということ。このふたつによって“前進感”と“間(ま)”というものを表現しています。運転席に座るとすぐに理解していただけると思いますが、(運転席には前後方向に)中心軸がしっかり通っており、その中心軸に対してシンメトリーになるようデザインしました」

その視覚的なポイントになっているのがエアコンの丸い吹き出し口(ルーバー)のレイアウトだ。通常、丸型ルーバーというとダッシュボードの中央にふたつ、両端にふたつの計4つを配置するケースが多い。しかしデミオでは運転席側にふたつ並べ、助手席側では左端のみに配置するというユニークなレイアウトを採っている。

「丸型ルーバーをドライバーに対してシンメトリーに置くことで、“凝縮感を高める”という意図があります。これはかなりうまくいったという自負があります」「助手席用の右側(車体中央側)は薄さ30mmのスリット状のルーバーを使っています。エンジニアのブレークスルーがあったおかげで、性能をまったく犠牲にせずに済みました。“横抜け”の気持ちいい空間ができたと思います」

インテリアでは質感の高さも自慢だ。メーター、ヒーターコントロール、シフトノブ、マツダコネクトのディスプレイとコマンダーコントロールといった部品は、若干違う部分こそあれ、基本的にアクセラと同じ部品を使っている。

「デミオよりひとクラス上のCカー(Cセグメントカー)の部品をそのまま使うことによって、Bカーとは思えないクオリティーを手に入れるというベースをまず作りました。さらに新型デミオのために新しく作った部品もいくつかあります。それらも通常のBカーのレベルを超えた、クオリティーの高いものとしました」

新型「デミオ」を示唆したショーモデル「跳(HAZUMI)」のデザインを検討する柳澤チーフデザイナー。
新型「デミオ」を示唆したショーモデル「跳(HAZUMI)」のデザインを検討する柳澤チーフデザイナー。
    拡大
インテリアデザインにもこだわった。エアコンの丸型ルーバーは運転席側2個、助手席側1個というユニークな配置となっている。
インテリアデザインにもこだわった。エアコンの丸型ルーバーは運転席側2個、助手席側1個というユニークな配置となっている。
    拡大
丸型ルーバーはインテリアの見どころのひとつ。欧州のプレミアムメーカーのパーツを購入して研究したという。
丸型ルーバーはインテリアの見どころのひとつ。欧州のプレミアムメーカーのパーツを購入して研究したという。 拡大
メーターは基本的に「アクセラ」との共用部品。
メーターは基本的に「アクセラ」との共用部品。
    拡大

服や靴を選ぶように

デザインと密接な関係にある色のコーディネートにも力を入れた。これまで日本のBセグメントカーというと、“スタイルに奥手”なクルマが多かった。しかし新型デミオでは、服や靴を選ぶときのように、購入者が自分の好みを反映できるような品ぞろえを目指したそうだ。

「インテリアのコーディネーションは黒ベースを3種、白ベースを1種の計4種を投入します。黒をベースにしたものも、ただ真っ黒というのではなく、カラーのアクセントを少しずつ変えたり、違った素材を少しずつ使ったりして、それぞれのスタイルを作っています」「ベーシックなグレード向けのインテリアでもまったく手を抜いておらず、世間の他のBカーからは考えられないぐらいのクオリティーを実現しました」「その上の、量販グレード向けのインテリアでは『シック』『モダン』『飽きのこない』をテーマとしました。少しネイビー調の色を差したり、ファブリックにはエンボスを利かせたりと、通常とは違った手法をとっています」「さらにその上に、黒をベースに赤のアクセントを入れた、スポーティーでクラシックな感じのものを用意しました」「最後はホワイトレザー。テーマは『上質な遊び心』『鮮やかなコントラスト』『エレガント』です。オフホワイトレザーはアテンザやアクセラにもありますが、赤いストライプを入れることで遊び心を表現しました」

一方、ボディーカラーは全部で11色がそろう予定だ。アクセラまでに導入してきたボディーカラーのほかに、Bカーらしいイメージの新色を2色加えるという。

「今回新たにダイナミックブルーマイカとスモーキーローズマイカを追加します。ダイナミックブルーは力強くて明るいビビッドなブルーで、スモーキーローズマイカは女性をターゲットに用意した色です。通常、ピンクからパープルの色域はちょっと甘ったるい感じになるのですが、それだとマツダらしくないと考え、引き締まった上質な色としました」

Bセグメントにおいて、圧倒的な存在感と質感の実現を掲げる新型デミオ。今秋その詳細が明らかになる。

(文=webCG/写真=小林俊樹、webCG、マツダ)

新型「デミオ」のインテリアは「服や靴のようにスタイルを重視して選んでほしい」と柳澤チーフデザイナー。
新型「デミオ」のインテリアは「服や靴のようにスタイルを重視して選んでほしい」と柳澤チーフデザイナー。 拡大
ベーシック仕様向けのインテリア。
ベーシック仕様向けのインテリア。 拡大
量販グレード向けのインテリア。
量販グレード向けのインテリア。 拡大
スポーティーさを強調した上級グレード向けのインテリア。
スポーティーさを強調した上級グレード向けのインテリア。 拡大
今回の新色のひとつ「スモーキーローズマイカ」。女性をターゲットにしている。
今回の新色のひとつ「スモーキーローズマイカ」。女性をターゲットにしている。 拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ デミオ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。