クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第252回:目指したのは毎日乗れるスーパーカー
ランボルギーニの社長が語る「ウラカン」の魅力

2014.08.12 エディターから一言
ヴィンケルマン社長と「ランボルギーニ・ウラカンLP610-4」。
ヴィンケルマン社長と「ランボルギーニ・ウラカンLP610-4」。 拡大

ランボルギーニは去る7月、「ガヤルド」の後継モデルとなる新型スポーツカー「ウラカンLP610-4」を日本で発表した。発表に伴い来日した同社のステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOに、ウラカンの見どころや同社のビジョンなどを聞いた。

“日常性能”の高さが「ウラカン」の強みと語るヴィンケルマン社長。
“日常性能”の高さが「ウラカン」の強みと語るヴィンケルマン社長。
    拡大
「ウラカン」という車名は、19世紀に無敵を誇ったスペイン産の闘牛に由来する。
「ウラカン」という車名は、19世紀に無敵を誇ったスペイン産の闘牛に由来する。 拡大
ボディーサイズは全長4459×全幅1924×全高1165mm。「ガヤルドLP560-4」と比べて114mm長く、24mm幅広くなった。
ボディーサイズは全長4459×全幅1924×全高1165mm。「ガヤルドLP560-4」と比べて114mm長く、24mm幅広くなった。 拡大

すでに全世界で2500台の受注

「ウラカンは全世界で高い評価をいただいています」 ランボルギーニのヴィンケルマン社長はインタビューの冒頭でそう言い放った。

「それは日本でもまったく同じで、すでにたくさんのご予約をいただきました。ただ、ご注文いただいたお客さまの多くはウラカンをまだ試乗しておらず、ご覧になっただけです。私たちは以前、ウラカンに魅力的なデザインを与えると申し上げましたが、現在の好調ぶりは私たちの約束が果たされたことを示すものといえます」

もっとも、ヴィンケルマン社長がランボルギーニファンとかわした約束はデザインだけではなかった。

「皆さんとお約束したことの2点目は運転のしやすさです。新しいウラカンは運転しやすく、日常使いにも適しています。それでいてサーキットで走らせても非常に速い。これらについては今後お客さまに試乗していただいて、ぜひともご体感いただきたいと思います。そうすれば、(ウラカンの注文が増える)第2の波がやってくるでしょう。私自身は、これらの点がウラカンの強みであり、(メディアなどで)高い評価を得ている理由だと考えています」

では、ウラカンにはこれまでに、いったいどのくらいの受注が入ったのだろうか? 「全世界で2500台です」とヴィンケルマン社長。ちなみにランボルギーニの2013年の販売台数は2121台。これを超える数の受注がサンターガタのランボルギーニ本社に舞い込んできたとは驚くしかない。ウラカンの生産が軌道に乗ると思われる2015年以降、毎年どの程度のウラカンが販売されると見込んでいるのだろうか?

「2015年の販売台数は2000台を超すと予想しています。なお、ガヤルドは最盛期の2008年に年間1850台を売り上げました。したがってウラカンはこの記録を凌(しの)ぐことになります」

顧客は同時に快適性も望んでいる

ヴィンケルマン社長がすでに述べたように、ウラカンの特徴は運転のしやすさ、日常的な快適性などを非常に高いレベルで実現していることにある。言い換えれば、よりユーザーフレンドリーに生まれ変わったわけだが、こうした方向性を選択した理由はなんだったのか?

「ランボルギーニオーナーを対象としたリサーチなど、さまざまな市場調査を行った結果、このような結論に達しました」とヴィンケルマン社長。「スーパースポーツカーを購入するお客さまは、スーパースポーツカーが本来持っているべき性能がすべて備わっていることを期待しています。そのいっぽうで、高い快適性も期待されています。例えば、扱いやすさ、(クルマへの)アクセスのしやすさなどで落胆したくないと考えているのです」

「いうまでもなく、ランボルギーニの各モデルはライバルに比べて(外寸が)より大きく、より低くなっています。そのいっぽうでパフォーマンスは傑出して高い。つまり、このパフォーマンスの高さと扱いやすさを両立しなければいけないわけですが、これは非常に困難な課題です。そこで私たちはウラカンの開発当初から、この問題と積極的に取り組んできました。ランボルギーニに関心を抱くお客さまの数は確実に増えていますが、必要とあらば毎日運転できるクルマであることを多くの方々が望んでいらっしゃいます。私たちは、そういった期待に応えるために、ウラカンをユーザーフレンドリーなスーパースポーツカーに仕上げました」

今後、ウラカンがランボルギーニの主力モデルとなることは間違いない。ただし、その務めを果たすには、いずれバリエーションの追加が必要となることは明らか。そこでウラカンのバリエーション追加に関する計画について尋ねてみた。

「まずは(ワンメイクレース用の)スーパートロフェオ・バージョンが2014年の夏に発表されます。けれども、それ以外のモデルが登場するタイミングについては、まだお話しすることはできません。いまはクーペを登場させたばかりなので、時期尚早というべきでしょう。また、発表のタイミングは生産キャパシティーとも密接な関係があります。ただし、私たちにはたくさんのアイデアがあります。そのなかには、皆さんがあっと驚くようなモデルも含まれているはずです」

「スーパースポーツカーのお客さまは高性能であることはもちろん、高い快適性も期待しています」と説明するヴィンケルマン社長。
「スーパースポーツカーのお客さまは高性能であることはもちろん、高い快適性も期待しています」と説明するヴィンケルマン社長。 拡大
「ウラカン」のインテリア。スポーティーなだけでなく、快適性やアクセスのしやすさも考慮されている。
「ウラカン」のインテリア。スポーティーなだけでなく、快適性やアクセスのしやすさも考慮されている。
    拡大
公開まで“秒読み”段階に入った「ウラカン」のスーパートロフェオ・バージョン。2014年8月半ばに一般公開される予定。
公開まで“秒読み”段階に入った「ウラカン」のスーパートロフェオ・バージョン。2014年8月半ばに一般公開される予定。 拡大

年産5000台を視野に

2012年、ランボルギーニは北京モーターショーでSUVのコンセプトカー「ウルス」を発表し、世界的に話題を呼んだ。これに関連して、合同インタビューのある参加者は「フェラーリやポルシェはSUVを発売しているが、ランボルギーニはどのように対応するのか?」と質問した。これに対し、ヴィンケルマン社長は「フェラーリはまだSUVを発売していません」とくぎを刺すような発言を最初にした。

「いっぽう、ポルシェが『カイエン』を発売したのは10年以上も前のことです。したがって、ラグジュアリーブランドのなかでSUVがブームになっているとはいえません。私たちは、(ウルスをリリースすることが)ランボルギーニにとって正しいことだと考えて、これを決断しました。ランボルギーニはこれまでにも2ドア・スーパースポーツカー以外のセグメントに参入することを考えていました。そしてさまざまな可能性を検討するなかで、製品として最もエモーショナルで、ランボルギーニというブランドに最もフィットするのがSUVであるという結論に達しました。私たちはその開発を現在進めているところですが、何度も申し上げているとおり、まだ(フォルクスワーゲン)グループとしての最終的なゴーサインは得ていません。また、仮にゴーサインが得られたとしても、2017年末より前に発売されることはないでしょう」

2013年、ランボルギーニは1001台の「アヴェンタドール」を販売し、V12モデルの年間販売台数としては同社のこれまでの最高記録を更新した。仮にこの勢いが続くとすれば、年間2000台のセールスが期待されるウラカンとあわせ、今後ランボルギーニは3000台規模の年間生産台数を実現することになる。これにくわえてウルスが発売されれば、年産4000台はおろか、5000台も視野に入ってくるだろう。

「ランボルギーニの年間生産台数は現在2000台ほどです」とヴィンケルマン社長。「けれども、世界中の路上を走っているランボルギーニの印象としては2000台でも3000台でも変わりません。仮に第3のモデルが発売されたとしても5000台ほどでしょう。この程度の数であれば、ランボルギーニのブランドバリューは決して損なわれないと思います。私たちは、常に市場の要求より少ない台数を販売してきました。これはラグジュアリーブランドにとって非常に重要な戦略です。ランボルギーニは、今後も最もエクスクルーシブなスーパースポーツカーメーカーであり続けるでしょう」

(インタビューと文=大谷達也<Little Wing>/写真=webCG、ランボルギーニ)
 

ランボルギーニはSUVの「ウルス」を2017年に発表すると公言している。「SUVはランボルギーニブランドにフィットする」と語るヴィンケルマン社長。
ランボルギーニはSUVの「ウルス」を2017年に発表すると公言している。「SUVはランボルギーニブランドにフィットする」と語るヴィンケルマン社長。
    拡大
2012年に発表されたコンセプトカー「ランボルギーニ・ウルス」。
2012年に発表されたコンセプトカー「ランボルギーニ・ウルス」。
    拡大
ランボルギーニの2013年の販売台数は2121台。ラインナップに「ウルス」を加えることで、従来の2倍以上の販売規模を目指す。
ランボルギーニの2013年の販売台数は2121台。ラインナップに「ウルス」を加えることで、従来の2倍以上の販売規模を目指す。 拡大
「ウラカンLP610-4」の日本での価格は2970万円。
「ウラカンLP610-4」の日本での価格は2970万円。 拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ランボルギーニ ウラカン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。