第252回:目指したのは毎日乗れるスーパーカー
ランボルギーニの社長が語る「ウラカン」の魅力

2014.08.12 エディターから一言
ヴィンケルマン社長と「ランボルギーニ・ウラカンLP610-4」。
ヴィンケルマン社長と「ランボルギーニ・ウラカンLP610-4」。 拡大

ランボルギーニは去る7月、「ガヤルド」の後継モデルとなる新型スポーツカー「ウラカンLP610-4」を日本で発表した。発表に伴い来日した同社のステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOに、ウラカンの見どころや同社のビジョンなどを聞いた。

“日常性能”の高さが「ウラカン」の強みと語るヴィンケルマン社長。
“日常性能”の高さが「ウラカン」の強みと語るヴィンケルマン社長。
    拡大
「ウラカン」という車名は、19世紀に無敵を誇ったスペイン産の闘牛に由来する。
「ウラカン」という車名は、19世紀に無敵を誇ったスペイン産の闘牛に由来する。 拡大
ボディーサイズは全長4459×全幅1924×全高1165mm。「ガヤルドLP560-4」と比べて114mm長く、24mm幅広くなった。
ボディーサイズは全長4459×全幅1924×全高1165mm。「ガヤルドLP560-4」と比べて114mm長く、24mm幅広くなった。 拡大

すでに全世界で2500台の受注

「ウラカンは全世界で高い評価をいただいています」 ランボルギーニのヴィンケルマン社長はインタビューの冒頭でそう言い放った。

「それは日本でもまったく同じで、すでにたくさんのご予約をいただきました。ただ、ご注文いただいたお客さまの多くはウラカンをまだ試乗しておらず、ご覧になっただけです。私たちは以前、ウラカンに魅力的なデザインを与えると申し上げましたが、現在の好調ぶりは私たちの約束が果たされたことを示すものといえます」

もっとも、ヴィンケルマン社長がランボルギーニファンとかわした約束はデザインだけではなかった。

「皆さんとお約束したことの2点目は運転のしやすさです。新しいウラカンは運転しやすく、日常使いにも適しています。それでいてサーキットで走らせても非常に速い。これらについては今後お客さまに試乗していただいて、ぜひともご体感いただきたいと思います。そうすれば、(ウラカンの注文が増える)第2の波がやってくるでしょう。私自身は、これらの点がウラカンの強みであり、(メディアなどで)高い評価を得ている理由だと考えています」

では、ウラカンにはこれまでに、いったいどのくらいの受注が入ったのだろうか? 「全世界で2500台です」とヴィンケルマン社長。ちなみにランボルギーニの2013年の販売台数は2121台。これを超える数の受注がサンターガタのランボルギーニ本社に舞い込んできたとは驚くしかない。ウラカンの生産が軌道に乗ると思われる2015年以降、毎年どの程度のウラカンが販売されると見込んでいるのだろうか?

「2015年の販売台数は2000台を超すと予想しています。なお、ガヤルドは最盛期の2008年に年間1850台を売り上げました。したがってウラカンはこの記録を凌(しの)ぐことになります」

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
  • 2022年にデビュー!? ランボルギーニの次期フラッグシップはきっとこうなる! 2020.9.18 デイリーコラム 年明け2021年にはデビュー10周年を迎える、ランボルギーニのスーパーカー「アヴェンタドール」。生産1万台を達成した成功作の後継はどんなモデルになるのだろうか? “猛牛マニア”の西川 淳はこう予想する。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
ホームへ戻る