本格クロカン「ランクル70」が10年ぶりに復活

2014.08.25 自動車ニュース
「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4ドアバン)」
「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4ドアバン)」
    拡大

本格クロカン「トヨタ・ランドクルーザー70」が10年ぶりに復活

トヨタ自動車は2014年8月25日、クロスカントリービークル「ランドクルーザー“70”シリーズ(以下、ランクル70)」の誕生30周年を記念して、日本において同車を期間限定で発売した。

「ランドクルーザー“70”シリーズ(ピックアップトラック)」
「ランドクルーザー“70”シリーズ(ピックアップトラック)」 拡大
4ドアバン、ピックアップトラックともに1ナンバーの商用車登録となる。
4ドアバン、ピックアップトラックともに1ナンバーの商用車登録となる。
    拡大

■誕生30周年を記念して復活

ランクル70は、それまでの「ランドクルーザー40系」に代わるモデルとして1984年11月に登場。高い悪路走破性と耐久性により世界各地で高評価を得ており、今日でも基本設計を変えることなく生産が続けられている。

現在の主要市場は中近東、アフリカ、東アジア/オセアニアなどで、2013年にはこれまでの記録を更新する7万6287台の年間販売台数(世界)を達成。日本では2004年8月に販売が終了しているが、およそ10年ぶりに再販されることとなった。

今回、販売されるのはセミロングボディーの4ドアバンと、スーパーロングボディーのダブルキャブ ピックアップトラックの2種類。ともに商用の1ナンバー登録となる。

4ドアバンのフロントタイヤ。ホイールの中央にロッキングハブを備えている。
4ドアバンのフロントタイヤ。ホイールの中央にロッキングハブを備えている。
    拡大
エンジンには4リッターV6 DOHCの「1GR-FE」を採用。
エンジンには4リッターV6 DOHCの「1GR-FE」を採用。
    拡大
トランスミッションは5段MTのみ。シフトノブの右隣にあるのは、駆動方式を切り替えるトランスファーレバー。
トランスミッションは5段MTのみ。シフトノブの右隣にあるのは、駆動方式を切り替えるトランスファーレバー。
    拡大

■エンジンはV6ガソリン、変速機は5段MTのみ

上記の通り、ランクル70のドライブトレインや車体の基本構造は、この30年間、大きな変更なしに受け継がれている。

車体構造については、ラダーフレームにボディーを載せたボディー・オン・フレーム式を採用。この構造は悪路走破に耐えられる剛性を確保しやすいだけでなく、事故などで上屋に大きな損傷を受けても、駆動系やフレームが無事ならそのまま走り続けられるという利点を備えている。また、足まわりも悪路走破性能を重視したもので、前後ともにリジッド式サスペンションを採用。バネはフロントがコイルスプリング、リアがリーフスプリングとなっている。

これらに対し、以前と大きく異なるのがパワートレイン関係で、エンジンは最高出力231ps/5200rpm、最大トルク36.7kgm/ 3800rpmを発生するハイオク指定の4リッターV6 DOHCのみ、トランスミッションは5段MTのみの設定となっている。このほかの仕様に関しては、ディーゼルエンジンについては、ランクル70の4WDシステムに組み合わせられるユニットのなかに、日本の法規をクリアしているものがないため、ATについては、現在のランクル70にはそもそもAT仕様の設定がないことから、採用が見送られた。

駆動方式は副変速機付きのパートタイム4WDで、ドライバーはトランスファーレバーを操作することで「H2」「H4」「L4」の3種類の走行モードを使い分けることが可能。フロントのホイールハブには、前輪とドライブシャフトを自動で直結にするオートロック機構と、直結状態を常に保つマニュアルロック機構の両方を備えた、デュアルモードオートマチックロッキングハブを標準装備している。また片輪が空転するような状況を考慮して、オプションで前軸用と後軸用の電動デフロックを採用。さらに、車両の力だけでは脱出できない場合に備え、電動ウインチも用意している。

4ドアバン
4ドアバン
    拡大
ピックアップトラック
ピックアップトラック
    拡大
4ドアバンより最大積載重量が100kg大きいピックアップトラック。耐荷重を重視して、リアサスペンションのリーフの枚数を4ドアバンより増やしている。
4ドアバンより最大積載重量が100kg大きいピックアップトラック。耐荷重を重視して、リアサスペンションのリーフの枚数を4ドアバンより増やしている。
    拡大

両モデルのディメンションは以下の通り。

■バン
・ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4810×1870×1920mm
・ホイールベース:2730mm、
・最低地上高:200mm
・対地障害角
アプローチアングル=33度
ディパーチャーアングル=23度
ランプブレークオーバーアングル=26度

■ピックアップトラック
・ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5270×1770×1950mm
・ホイールベース:3180mm。
・最低地上高:225mm
・対地障害角
アプローチアングル=35度
ディパーチャーアングル=25度
ランプブレークオーバーアングル=27度

燃費は両モデルともに6.6km/リッター(JC08モード)。最大積載重量は、バンが2人乗車時で500kg、5人乗車時で350kg。ピックアップトラックが600kgとなっている。

インテリアは直線基調、水平基調のデザインを採用。エアコンはマニュアル式となる。
インテリアは直線基調、水平基調のデザインを採用。エアコンはマニュアル式となる。
    拡大
ファブリック表皮のシート。後席には4ドアバン、ピックアップトラックともに、一体可倒式の格納機構が備わる。
ファブリック表皮のシート。後席には4ドアバン、ピックアップトラックともに、一体可倒式の格納機構が備わる。
    拡大
30周年記念アイテムの本革製キーボックス。
30周年記念アイテムの本革製キーボックス。
    拡大
ボディーカラーは「ダークレッドマイカメタリック」「ブルー」「グレーメタリック」「シルバーメタリック」「ホワイト」「ベージュ」「ベージュマイカメタリック」の全7色。(写真をクリックすると、カラーバリエーションが見られます)
ボディーカラーは「ダークレッドマイカメタリック」「ブルー」「グレーメタリック」「シルバーメタリック」「ホワイト」「ベージュ」「ベージュマイカメタリック」の全7色。(写真をクリックすると、カラーバリエーションが見られます)
    拡大

■専用アイテムも多数用意

ランクル70は2007年に内外装の意匠を変更するマイナーチェンジを受けており、かつて日本で販売されていたものとは異なるデザインとなっている。具体的には、エクステリアでは直線基調のスクエアなスタイリングはそのままに、フロントマスクやフォルムの一部を変更。ヘッドランプは「ランドクルーザー」シリーズの他のモデルに通じる異形タイプとなった。

一方インテリアでは、車体の傾きなどを把握しやすい水平基調、直線基調の設計は受け継ぎつつ、インパネまわりを中心にデザインを一新。ステアリングホイールは4スポークタイプで、チルトおよびテレスコピック調整機構を備えている。

シート表皮は前後ともファブリックで、前席にはホールド性に配慮してバケットタイプのものを、リアには3人掛けの一体型ベンチタイプのものを採用。後席の格納はダブルフォールディング式で、ヘッドレストをつけたままでもたたむことが可能だ。

また、今回の日本仕様モデルには、ランクル70の誕生30周年を記念した専用アイテムが多数用意されている。フロントのフェンダーパネルには30周年の記念エンブレムが装着され、オーナーには本革製の専用キーボックスや、車検証入れなどが進呈される。

生産は2015年6月30日までの期間限定。価格はバンが360万円、ピックアップトラックが350万円。

(webCG)

→「トヨタ・ランドクルーザー70」を写真で紹介(前編)
→「トヨタ・ランドクルーザー70」を写真で紹介(後編)


 

関連キーワード:
ランドクルーザー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • ホンダ・シビックEX(FF/CVT)/シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.9.24 試乗記 世界的な人気を誇るホンダのグローバルモデル「シビック」がフルモデルチェンジ。約半世紀にわたり歴史を重ねてきた伝統の一台は、この新型でいかなる進化を遂げたのか? ホンダがもてる力の限りを尽くして世に問う、11代目シビックの実力をリポートする。
  • BMW M440i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.20 試乗記 BMWの「4シリーズ カブリオレ」が2代目に進化。“Mパフォーマンス仕上げ”の最上級モデル「M440i xDriveカブリオレ」を郊外に連れ出し、伝統のストレート6と4WDのシャシー、そしてオープンスタイルが織りなす走りを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2021.9.29 試乗記 フォルクスワーゲンの5ドアクーペ「アルテオン」から派生した、スタイリッシュなワゴン「アルテオン シューティングブレーク」。そのステアリングを握った筆者は、従来のブランドイメージからは想像できなかった仕上がりに衝撃を受けたのだった。
ホームへ戻る