クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第362回:お気に入りのラジオ局が突然「消滅」! イタリア地方局の悩み

2014.08.29 マッキナ あらモーダ!

民放がなかった国

今回はドライブに欠かせないラジオ局にまつわるお話。
イタリア公営放送「RAI」は、テレビ同様ラジオも放送している。NHKに第1・第2があるように、RAIのラジオ放送もいくつかある。第1・第2は全国、第3は各州に的を絞った内容だ。参考までに公共放送といっても、他の欧州諸国のものと同様に、CMが入る。
RAIは別の周波数で「イソラジオ」という名前の交通情報専門放送も行っている。完全な路側放送である日本のハイウェイラジオと違って全国放送だから、高速道路から離れていても聴ける。民間放送に目を移してみよう。

同名の経済新聞社が運営している「イル・ソーレ24」は、ニュース専門局だ。カトリック系放送の「ラジオ・マリア」も有名である。説教のほか、時間によってはひたすら「お祈り」を流している。実は、これを聴きながらもアグレッシヴな運転をしているイタリア人ドライバーがいるかと思うと、ちょっと笑えてくる。

イタリアのラジオはFMが主流で、前述の局もすべてFMで聴ける。背景にはイタリアにおける放送局の歴史を知る必要がある。
この国では、テレビもラジオも公営放送RAIによって長年独占されてきた。つまり、民間のラジオ局を開設することはできなかったのである。そのため1960年代半ばには、「ラジオ・モンテカルロ」がモナコからイタリアのリスナー向けにイタリア語放送を行い、RAIが電波差し止めの訴えを起こすといった事件さえ起きた。そうした状態は1976年、憲法裁判所がRAIの電波独占に対して違憲判決を出すまで続いた。

民間にラジオが解禁された後、雨後のたけのこのように誕生したのは、無数の地方FM局だった。放送設備を比較的安価に整備することができたためである。今日でもラジオのスイッチをオンにすれば、無数ともいってよいFM放送が飛び込んでくる。そうした流れを受けて、FMが主流になったのである。

ちなみに放送電波の民間解禁後、テレビに関していえば、前身の建設業で得た資金をもとに、イタリア初の全国放送民間テレビ局を開設して大成功を収めたのは、あのベルルスコーニ元首相であった。

以前紹介したシエナのリサイクル店に埋もれていた、古い家庭用ラジオ。選局表示窓の部分には「Tokyo」の文字も。自国の放送局数が限られている頃、ラジオに夢の翼を託した人々の気持ちがうかがえる。
以前紹介したシエナのリサイクル店に埋もれていた、古い家庭用ラジオ。選局表示窓の部分には「Tokyo」の文字も。自国の放送局数が限られている頃、ラジオに夢の翼を託した人々の気持ちがうかがえる。 拡大
1963年型「フォルクスワーゲン・ビートル」のブラウプンクト製ラジオ。4バンドが受信できる。
1963年型「フォルクスワーゲン・ビートル」のブラウプンクト製ラジオ。4バンドが受信できる。 拡大

朝、起きたら突然

芸術の国イタリア。さぞクラシック専門FM局が充実しているとお思いだろう。ところがどっこい、住んでみてわかったのだが、各州とも驚くほど少ない。
ボクが住む中部トスカーナ州も「レーテ・トスカーナ・クラシカ(以下、RTCと略す)」という放送局があるのみだ。同じ内容を、6つの送信所を介して別々の周波数で放送することにより、州内をカバーしてきた。24時間放送だが、送信出力が弱い。クルマで走っていると、場所によっては似たような周波数で出力の強い局と頻繁に混信する。
東京での少年時代、周波数が隣接し高出力のモスクワ放送にかき消されがちなニッポン放送を、ヘビーリスナーたちが、五輪協賛企業の共通キャッチフレーズになぞらえて「がんばれ日本! モスクワは近い」とやゆしてたのを思い出した。

それでもRTCは、日によって選曲が上手で、クルマで家の近くまで来てから終楽章になったりすると、到着後もしばらく車内で聴いていたこともあった。

2014年8月初めのことだ。ある朝起きてRTCを聴こうすると、別のラジオ局が、アップビートのポップミュージックをがなり立てている。掃除か何かしたときにダイヤルがずれたのかと思ったが、そうではなさそうだ。アンテナやラジオ本体の向きを変えても、いっこうに受信できない。クルマのところまで行ってラジオをつけても、家のラジオと同様、近い周波数のラジオ局を勝手に受信してしまう。

そういえば数年前にも、同じことがあった。そのときは、しばらくしたら何事もなかったかのように、聴こえるようになった。しかしながらRTCは、国外アーティストのにぎやかなポップスと、機関銃のように勢いのあるイタリア語DJトークが支配するラジオで、RTCは唯一大人向けの放送だった。加えていえば、こころ穏やかにクルマを運転するのに、唯一ふさわしい放送局だった。

8月初旬のある日、カーオーディオにプリセットしておいたなじみのクラシック専門局を選択すると、「RADIO STOP」という知らない局が飛び込んできた。
8月初旬のある日、カーオーディオにプリセットしておいたなじみのクラシック専門局を選択すると、「RADIO STOP」という知らない局が飛び込んできた。 拡大

意外な返答

思いあまったボクは先日、ウェブサイトに載っていたRTCの番号に電話をかけてみることにした。自分が出演する以外の放送局に電話をするなんて、東京で小学生時代夢中になっていた電リク(電話リクエスト)以来である。局の所在地は、フィレンツェの北西にある町プラトだ。

先方が出たので開口一番、「シエナに住んでるリスナーですが、放送が聴こえないんです。前もこういうこと、ありましたね」と訴える。
すると、電話の向こうのおじさんは、「以前は、送信設備に落雷したのが原因だったんです」と教えてくれた。
「で、今回はいつ復旧するんですか?」。ボクはたたみかける。
しかし、それに対する返答は意外なものだった。

「実は、シエナの送信所用周波数を譲渡してしまったんですよ」。
別地域の送信所用周波数も、いくつか一緒に手放したという。

「だから、シエナで放送が復活することは、もうありません」

その声は、映画『アメリカン・グラフィティ』の劇中で、若いリスナーの声に応える伝説のDJ、ウルフマン・ジャックのように哀愁に満ちていた。
ああ、ついにわが県から、クラシック専門FM局が消滅した。

その昔、家庭オーディオ普及のあおりを受けて、行きつけの名曲喫茶が閉店してしまったおじさんの心境は、こういうものだったに違いない。

イタリアに来て間もない頃、「NHKワールド」を受信するため手に入れた短波ラジオ。好みの局が受信できる位置に、修正液を垂らしてマークしていた。
イタリアに来て間もない頃、「NHKワールド」を受信するため手に入れた短波ラジオ。好みの局が受信できる位置に、修正液を垂らしてマークしていた。 拡大

 

前から、厳しそうだった

思えば、このRTC、トスカーナ州の後援を受けて2002年にスタートし、十数名で運営されてきたが、財政的には常に苦しかったようだ。
CM収入が見込めないのを補うため、会員制度が設けられていた。日本円換算で年間約4700円から約1万5000円まで、いくつかのコースがあって、会員カードを演奏会に持参すると割引が受けられるといった特典が付いている。

さらに、慈善活動に対する寄付システムに乗ずるかたちで、所得税申告の際、簡単な記入をするだけで、課税額の0.5%がRTCに寄付される仕組みも用意されていた。
いずれの方法も、「クラシック音楽が好きなら、(ラジオを)支えてください」といった具合に、放送の中でしきりに告知を繰り返していた。
ウェブサイトには、そうした寄付をした人や企業・団体の名前が、ちょうど神社の境内における「ご芳名」のごとく並んでいるが、その数は、およそ100件にとどまっていた。

ボクが電話してから数日後、RTCの公式ウェブサイトには財政上の理由により、従来6つあった周波数のうち、2つを残して手放さなければいけなくなった旨が告知された。
イタリアのクラシック演奏会における聴衆の年齢層の高さをみると、新たなリスナー層発掘の難しさがうかがえる。同時に「コロッセオ」など有名な場所の大規模修復は、良き企業市民であることをアピールしたい大企業によって資金を提供されるが、RTCのような草の根カルチャーが無視されがちなのは、なんとも皮肉である。

RTC(レーテ・トスカーナ・クラシカ)は、フィレンツェ地域では周波数が引き続き確保されているので聴くことができる。レンタカーで旅行する方のために記しておくと、周波数は93.3MHz。
RTC(レーテ・トスカーナ・クラシカ)は、フィレンツェ地域では周波数が引き続き確保されているので聴くことができる。レンタカーで旅行する方のために記しておくと、周波数は93.3MHz。 拡大

どうかその日まで

さきほどのRTCの電話に出たおじさんに話を戻せば、「これからはぜひ、FMと同時放送しているインターネットや地上波デジタルテレビのラジオチャンネルでお聴きください」という。

実は家でRTCをインターネットでも聴いていた時期がある。いうまでもなく音量はFMより格段にクリアだった。だが、やはりラジオのスイッチを入れるのからすると操作が数ステップ多いため、いつの間にかやめてしまった。何より困るのがカーラジオである。
「海外には車載インターネットラジオとか、あるだろう?」などというなかれ。イタリアにはネットラジオこそあれど、まだ車載対応機器は一般的ではない。AUX端子の付いたカーオーディオにインターネットラジオの付いたモバイルデバイスを接続する方法も考えた。

しかし、イタリアで携帯電波は3G回線でさえ不安定な地域がたくさんある。LTEのサービス提供地域など、大都市のごく限られた一部だ。そもそも、ちょっと外れた海岸に遊びに行くと、携帯電波が届いていなかったりする。そんなとき、吉幾三による伝説のヒップポップ「俺ら東京さ行ぐだ」の歌いだし「テレビもねェ、ラジオもねェ」を思い出してしまうのは、ボクだけか。

イタリアの携帯電波環境が整備され、わが家のクルマに晴れてネットラジオが装着できる日まで、どうかその小さなクラシック専門局が存命でいてほしいと願うのである。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>>)

経営上、多くの周波数を手放したことを知らせるオフィシャル・ウェブサイト。なお、ここからもオンラインで放送を聴ける。
http://www.retetoscanaclassica.it拡大
経営上、多くの周波数を手放したことを知らせるオフィシャル・ウェブサイト。なお、ここからもオンラインで放送を聴ける。
    http://www.retetoscanaclassica.it
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。