クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第3回:「ボルボV60」試乗インプレッション

意志を感じるクルマ 2014.09.16 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボV60ラグジュアリー エディション

高速道路からワインディングロードまで、600kmを超えるドライブルートで「ボルボV60ラグジュアリー エディション」に試乗。その安全性能を支える運転支援システムを含めた、実力をテストした。

リーズナブルな基幹モデル

ボルボV60ラグジュアリー エディションに乗るのは、これが2度目だ。ただし前回は、東京都内の試乗会で1時間程度接しただけなので、その走りを体感し尽くしたとは言えない。だから今回、八ケ岳周辺を1泊2日でドライブするというプランは、このクルマの神髄を知る意味で、願ってもない機会だった。

ラグジュアリー エディションについていま一度紹介しておくと、1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジンに6段ATを組み合わせた、前輪駆動の「V60 T4 SE」に、レザー・パッケージとセーフティ・パッケージ、パーソナル・カー・コミュニケーター(PCC)、キーレスドライブを組み込んだ特別仕様車だ。
追加装備を価格に換算すれば約50万円分にもなるのに、車両価格は419万円で、T4 SEより20万円以上安い。でもラグジュアリー エディションは、安さだけが取りえなのではない。それを往復600km以上の道のりで思い知らされた。

八ヶ岳へは、東京からも名古屋からも、中央自動車道を使うのが一般的だ。今回もそのルートを選んだ。100km以上もの間、高速道路を走り続けることになるので、標準装備される全車速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)に頼ることにした。

同種の装備は国産、輸入車を問わず普及が進んでおり、いまや珍しい装備ではない。しかし中央自動車道を巡航しながら、ボルボのそれは完成度の点でトップレベルにあると感じた。人間の感覚に限りなく近い作動感だったからだ。

「ボルボV60ラグジュアリー エディション」は、装備充実の1.6リッターモデル「V60 T4 SE」をベースに、本革シートや安全装備が与えられた特別仕様車。2014年5月に発売された。


    「ボルボV60ラグジュアリー エディション」は、装備充実の1.6リッターモデル「V60 T4 SE」をベースに、本革シートや安全装備が与えられた特別仕様車。2014年5月に発売された。
    拡大
特別装備のひとつである、本革仕立てのシート。車体色に合わせて、ソフトベージュ(写真)またはオフブラックのカラーが組み合わされる。
特別装備のひとつである、本革仕立てのシート。車体色に合わせて、ソフトベージュ(写真)またはオフブラックのカラーが組み合わされる。
    拡大
「フリーフローティング・センタースタック」と呼ばれる、板状のセンターコンソールを持つインテリア。本革巻きのステアリングホイールが与えられる。
「フリーフローティング・センタースタック」と呼ばれる、板状のセンターコンソールを持つインテリア。本革巻きのステアリングホイールが与えられる。
    拡大

第3回:「ボルボV60」試乗インプレッションの画像 拡大

熟成された運転支援システム

多くの追従機能付きクルーズコントロールは、前が空いたときや逆に詰まったときの反応が遅れ気味だったり、加減速が唐突だったりして、まるで初期の自動音声放送のように、ぎごちなく感じられることが多い。V60はそうではない。反応は速いのに加減速は穏やか。一般的なドライバーがごく普通にスピードを上げ下げするような感覚なのである。

このACCを操るステアリングスイッチのアイコンも印象的だった。大きくシンプルなので、ひと目で識別できる。考え抜かれたアイコンであることを実感する。その奥に位置する+と-を打ち抜いたシフトパドルがブラインドタッチできる点を含めて、スカンジナビアンデザインもまた、安全に寄与していることを教えられる。

速度計内に表示されるロード・サイン・インフォメーション(RSI)もありがたかった。たまにしか現れない道路標識を探し回らなくても、今走っている道路の制限速度や追い越し禁止などの情報をアイコンで伝えてくれる。スピードオーバーすると点滅する仕掛けも親切だ。これもまた安全性に寄与するアイテムと言える。

そしてもうひとつ、両脇の車線の状況を知らせるブラインドスポット・インフォメーション・システム(BLIS)にも触れておく必要があるだろう。この種のシステムの中では、相手がかなり後方にいる頃から通過するまで、かなり長い間、他車の存在を教え続けてくれるからだ。
過剰と思う人がいるかもしれない。でも考えてみてほしい。100km/hで走る車両は、1秒間に30m近くも進んでしまうのだ。そんな事実を思い起こせば、念には念を入れたほうがいいという結論に行き着くのではないか。オレンジ色のインジケーターが、ドライバーから見やすい場所に、見やすい形状で埋め込まれていることも特筆に値する。

ちなみに100km/hは、Dレンジで約2000rpm。多少の登り坂であれば、1.6リッターとは思えぬ豊富なトルクを生かし、トップギアのまま速度をキープできる。体を優しく包み込むシート、硬すぎないサスペンション、安定した直進性が、ドライバーをリラックスさせる。疲労軽減もまた安全につながることを、ボルボは熟知しているようだ。

全車速追従機能付きのクルーズコントロール機能を使って、高速道路を走る。車間距離や車速は、ステアリングホイールの左側スポークにあるスイッチで調節できる。
全車速追従機能付きのクルーズコントロール機能を使って、高速道路を走る。車間距離や車速は、ステアリングホイールの左側スポークにあるスイッチで調節できる。
    拡大
クルーズコントロールのスイッチを入れると、メーターの下方には作動状況が表示される(写真は停車状態)。計器盤が赤いのはPerformanceの表示テーマを選んだことによるもの。色違いのEleganceやEcoも用意される。
クルーズコントロールのスイッチを入れると、メーターの下方には作動状況が表示される(写真は停車状態)。計器盤が赤いのはPerformanceの表示テーマを選んだことによるもの。色違いのEleganceやEcoも用意される。
    拡大
「ブラインドスポット・インフォメーション・システム」作動時の様子。Aピラー下端付近のランプを点灯することで、死角から迫る他車両の存在をドライバーに知らせる。
「ブラインドスポット・インフォメーション・システム」作動時の様子。Aピラー下端付近のランプを点灯することで、死角から迫る他車両の存在をドライバーに知らせる。
    拡大
ラゲッジスペースのフロアボードには折りたたみ式のディバイダー(仕切り板)が備わっており、荷物の拡散を抑えることができる。
ラゲッジスペースのフロアボードには折りたたみ式のディバイダー(仕切り板)が備わっており、荷物の拡散を抑えることができる。
    拡大
後席の様子。左右席のヘッドレストは、ドライバーの視界確保のために、前屈させることができる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
後席の様子。左右席のヘッドレストは、ドライバーの視界確保のために、前屈させることができる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
    拡大

楽しさにつながる安心感

先に紹介したACCは、“全車速追従機能付き”とあるとおり、0km/hまで対応する。その点を、高速道路を降りてから、すいた一般道で試した。ここでも遅れや唐突感はない。以前他のボルボで試したときは、ドライバーである僕がペダルを踏んで走っていると勘違いしていたほどだ。シティ・セーフティと呼ばれる低速用衝突回避・軽減オートブレーキシステムを世界で初めて標準装備した経験の成せる業と言えるかもしれない。

仮にACCをカットした場合にも、V60は車間警告機能でドライビングをサポートしてくれる。前車に接近すると、ダッシュボードの奥に埋め込まれた赤いインジケーターが、運転に支障のない光度で点灯し、注意を促す。それでも接近を続け、衝突の危険があると判断したときには、一転して強烈な光の点滅と大音量の警告音で危険を知らせる。もちろん、なんら回避行動がとられなければ、自動ブレーキが作動することになる。
このあたりの光と音のメリハリのつけ方は、国産車をはるかに超えたレベルにある。ほとんどのドライバーが危機的状況なのだと認識し、その後の運転に気をつけることだろう。なんとしても事故を減らしたいというボルボの強い意志が、直前での明確な警告に表れているように思えた。
あらゆる状況で、あらゆる角度から、乗員を守ってくれる。だからこそ八ヶ岳山ろくの雄大なワインディングロードを、思う存分満喫できる。

エンジンは基本はフラットトルク型だけれど、アクセルペダルを踏み込めばクォーンという快音を響かせつつ吹け上がる。つまり回す楽しみもある。しかもボディーサイズの割には1.6リッターという小排気量を選んだおかげで、山道ではノーズの重さを感じない。切った方向に素直に向きを変えてくれて、とにかく爽快。
初期のV60と比べてしなやかさが増したサスペンションは、快適な乗り心地をもたらすだけでなく、ハンドリングでも優位性を見せる。4本のタイヤが着実に路面に接地し続けてくれるから、荒れた路面でもステアリングに軽く手を触れているだけで矢のように走り、コーナーでは信頼のグリップで高揚感をサポートする。
安全というベースがあるからこそ、走りが楽しめる。ボルボで長距離を走ると、いつも大切なことを思い出すのである。

(文=森口将之/写真=郡大二郎)

→「V60」によるドライブ旅のリポートはこちら
→八ヶ岳周辺のドライブシーン(写真)はこちら

ワインディングロードを駆け上がる「V60ラグジュアリー エディション」。
ワインディングロードを駆け上がる「V60ラグジュアリー エディション」。
    拡大

第3回:「ボルボV60」試乗インプレッションの画像 拡大
「V60ラグジュアリー エディション」には、レーダーやカメラを使った安全装備のセットオプション「セーフティ・パッケージ」が与えられる。写真は、その一部機能の作動スイッチ。
「V60ラグジュアリー エディション」には、レーダーやカメラを使った安全装備のセットオプション「セーフティ・パッケージ」が与えられる。写真は、その一部機能の作動スイッチ。
    拡大
ラゲッジスペースは、3分割式の後席や助手席を前方に倒すことで、容量を拡大できる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
ラゲッジスペースは、3分割式の後席や助手席を前方に倒すことで、容量を拡大できる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
    拡大
ボディーカラーは、テスト車の「クリスタルホワイトパール」を含め、全6色が用意される。
ボディーカラーは、テスト車の「クリスタルホワイトパール」を含め、全6色が用意される。
    拡大

テスト車のデータ

ボルボV60ラグジュアリー エディション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4635×1865×1480mm
ホイールベース:2775mm
車重:1590kg
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:180ps(132kW)/5700rpm
最大トルク:24.5kgm(240Nm)/1600-5000rpm
タイヤ:(前)215/50R17 95W/(後)215/50R17 95W(ミシュラン・プライマシー)
燃費:13.6km/リッター(JC08モード)
価格:419万円/テスト車=434万9429円
オプション装備:クリスタルホワイトパールペイント(10万2858円)/レザー・パッケージ+セーフティ・パッケージ+PCCキーレスドライブ(特別装備)/※以下、販売店装着オプション パークアシストカメラ<リア>(3万857円)/ETC車載機<音声ガイダンス機能付き>(2万5714円)

テスト車の年式:2014年型
テスト開始時の走行距離:2464km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(6)/山岳路(3)
テスト距離:643.5km
使用燃料:54.4リッター
参考燃費:11.8km/リッター(満タン法)/11.4km/リッター(車載燃費計計測値)

→「ボルボV60」のオフィシャルサイトはこちら

ボルボV60ラグジュアリー エディション
ボルボV60ラグジュアリー エディション
    拡大
豊かなアウトプットと低燃費の両立がうたわれる1.6リッター直4ターボエンジン。
豊かなアウトプットと低燃費の両立がうたわれる1.6リッター直4ターボエンジン。
    拡大
アルミホイールのサイズは17インチ。テスト車にはミシュランのプライマシーが組み合わされていた。
アルミホイールのサイズは17インチ。テスト車にはミシュランのプライマシーが組み合わされていた。
    拡大

第3回:「ボルボV60」試乗インプレッションの画像 拡大
注目の記事PR
  • いよいよ日本に導入された新型「レンジローバー イヴォーク」。その魅力を余すところなく紹介する。
    いよいよ日本に導入された新型「レンジローバー イヴォーク」。その魅力を余すところなく紹介する。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ V60 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。