クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第367回:「フェラーリ命」なおじさんたちの地下駐車場

2014.10.03 マッキナ あらモーダ!

民間駐車場ブーム到来

イタリアでは数年前、シチリアの公立病院に「航空機恐怖症外来」が開設されて話題となった。本物の旅客機と同じモックアップのなかで実際のフライトに近い状況を体験し、搭乗に対する恐怖を徐々に取り除いてゆくものだ。健康保険も適用されるという。

イタリア人には飛行機嫌いが少なくない。例えば知り合いのおばちゃんは、サルデーニャ島とスイスに親戚がいるが、本人は一度も彼らを訪ねたことがなく、先方が訪ねてくるのを待つのみである。
またボク自身は、離着陸時になると冷や汗をタラタラと流し、祈りの姿勢に入るイタリア人をこれまで何度も目撃している。イタリア人が多く乗る飛行機では、着陸時に無事到着の拍手が湧くことも少なくない。実際、最新調査でも、夏のバカンスに飛行機を使うイタリア人は、2割ちょっとにすぎない。

しかし格安航空会社(LCC)の台頭は、人々の飛行機に対する意識を変えつつある。折からの燃料価格高騰でクルマの旅のコストが上がったこともあり、人々の間に「我慢して飛行機に乗れば安く旅ができる」という意識が芽生えてきたのだ。
同時に、イタリアでも核家族化が進んで共稼ぎ家庭が増えた結果、今までのように送迎を頼れる人が少なくなった。そこで活況を呈してきたのが、ずばり空港周辺の民間駐車場である。日本では成田空港が開港した頃からあった、あれである。
本欄の第363回で紹介したような空港内の公共駐車場より格安に設定してあることから、ボクも近年は積極的に使うようになった。大抵空港からちょっと離れたところにあるが、「フォード・トランジット」といった欧州式ミニバンに客と荷物を載せて、ターミナルとの間を送迎してくれる。

だがこうした民間駐車場、イタリアでは業者によってクオリティーに差があるのも事実である。
まずは送迎車の車内が汚かったり、シートベルトがはるか昔から使われていなかったと思われる状態だったりする。ドアが中から開かないこともあった。
次に、夏はアルバイトが多く、応対がずさんなことが多い。彼らと接するのは、出発時と到着時だけに、旅の印象を左右する。あるときは、帰ってきたら自分のクルマのバンパーにかすり傷をつけられていたこともある。それはまだしも、飛行機到着後に呼び出してから「どこを寄り道してきたんだよ」と思うくらい、やたら時間がかかる業者もいる。ネットオークションでいうところの「神経質な方はご遠慮ください」のムードが漂っているのだ。

アルドさんが経営する、フィレンツェの空港駐車場「ガレージアルド」は地下式である。
アルドさんが経営する、フィレンツェの空港駐車場「ガレージアルド」は地下式である。 拡大

あるフィレンツェのガレージ

そうしたなかで、ボクがフィレンツェ空港を利用する際、ひいきにしている空港駐車場がある。アルドさんというおじさんと、2人のスタッフが切り盛りしているガレージだ。
空港パーキングといっても住宅街の中、アパートの地下にある。聞けば、もともと地元住民の月極用だったが、前述の空港民間駐車場ブームに乗って、検索サイトに登録し、シャトルサービスを始めたのだという。
加えて最近は、フィレンツェ旧市街の駐車料金が高騰しているうえ、車両進入禁止ゾーンが増えたので、アルドさんたちの駐車場に止めてバスで向かう旅行者も少なくないらしい。

価格は1日8ユーロ(約1100円)前後と、競合他社と同じか、ちょっと高めだ。しかし地下駐車場ゆえ屋根付き。かつ対応するのはバイトではなく、いつも感じの良い、気心の知れたおじさんたちなのが安心だ。タイヤの空気圧チェックといった細かいことも、頼めば到着までにきちんとやっておいてくれる。

送迎車も、いつもよく清掃されている。少し前まではスタッフのひとりで、長年テレビ販売店で働いていたフランチェスコさんの自家用車「ダッジ・キャリバー」が用いられていた。最近は「より燃費がいいから」との理由でシトロエンの「C3」が導入された。最初はディーラーから試しに借りていたが、燃費と中型スーツケース3個をのみ込む積載能力が買われて本採用となったようだ。
彼らの仕事ぶりが買われているのだろう、「地元でインポーターやクラブのイベントがあるとき、フェラーリやランボルギーニといった超高級車も預かるよ」という。

しかしながらボクがシビれるのは、同じく地下にある彼らの事務所である。歴代フェラーリのモデルカーや写真がずらりと並んでいるのだ。加えて、ダイヤル式電話や伝説のブリオンヴェガ製テレビといった懐かしアイテムもちりばめられている。
彼らの仕事は、交代制とはいえ深夜まで長時間にわたる。居心地の良い部屋づくりを進めた結果、いつの間にかこうなってしまったようだ。ちなみに、ガレージのオリジナルカレンダーにも、フェラーリの写真が載っている。

屋外式よりも高いセキュリティーと、熟練スタッフによる対応のためだろう。心なしかいわゆるプレミアムカーが多い。
屋外式よりも高いセキュリティーと、熟練スタッフによる対応のためだろう。心なしかいわゆるプレミアムカーが多い。
事務スペースの入り口。イメージカラーは赤で統一。脇には歴代フェラーリグランプリカーのポスターが。
事務スペースの入り口。イメージカラーは赤で統一。脇には歴代フェラーリグランプリカーのポスターが。 拡大
一角に並んだフェラーリのモデルカーたち。
一角に並んだフェラーリのモデルカーたち。
    拡大

クルマ好きの鋭い質問

前述のフランチェスコさんもクルマに熱い。空港まで運転している間も、「いやー、最近のスクーデリア・フェラーリは、今イチだ」とか「この間、この道路をいきなりブガッティ(新ブガッティと思われる)が爆走してきて、そりゃあたまげたぜ!」などと、クルマトークがよどみなく続く。

さらにボクが欧州各地のモーターショーや、ヒストリックカーイベントを取材するのを覚えていて、「今日は、どこのショーに行くんだ?」などと質問してくる。
それはよいのだが、困ったこともある。フランチェスコさんはボクが帰ってくるやいなや「今回のショーは、ひと言でどうだったよ?」と、いつも興味津々と聞いてくるのだ。こちらとしては仕事柄、あまりいい加減な答えもできない。そのため、空港の預け手荷物受け取りブースで、スーツケースがグルグル回るターンテーブルをぼんやり眺めながらも、頭のなかではショーの総括を一生懸命考えなければならないのである。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

ダイヤル式電話機とブリオンヴェガ製テレビは、いずれも実動可能だという。
ダイヤル式電話機とブリオンヴェガ製テレビは、いずれも実動可能だという。 拡大
顧客からの電話に応対するフランチェスコさん。
顧客からの電話に応対するフランチェスコさん。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。